2013年3月アーカイブ

写真で楽しむ本

|

こんにちは!

今日は「写真で楽しむ本」を紹介したいと思います!

言い換えれば写真集なのですが、個性的なものを集めてみました(・v・)★

 

 

世界のポスト.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

世界のポスト』 / ベルンハルト M. シュミッド著

 

ポストだけの写真集は珍しいですよね!

それぞれ個性があって、見ているだけでワクワクします♪

 

 

 

 

僕の空.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の空、ルシエール』 / 横山正美写真・文

 

この本に掲載されている写真は、すべて東京と逗子で撮ったものです。

同じ場所で撮ったとは思えないくらい、空の色んな表情を見ることができます!

 

 

 

 

 

笑顔のどうぶつ園.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔のどうぶつ園』 / 松原卓二著

 

ただの動物の写真ではありません!

見ると自然と笑顔にさせてくれる本。

どうぶつたちがみんな笑顔で、とっても癒されます(・u・)*゜

 

 

 

いかがでしょうか?

まだまだ、写真で楽しむ本はたくさんあると思うので

見つけたらまた紹介します(・v・)!!

 

 

(名古屋の学生サポーター りっきー) 

 

 

 

 

 

|壁|●´∀`)ノ)) HELLO♪

|

まさかまさかの5回目登場!!(*´∇`*)

 

「あれ?卒業は??」とか言わないよーに(^▽^;)

白鳥学舎4階勤務の、黒い人です。

 

今日は色々あって、本の移動とかしてます(´c_` )

4月から法学部ができるからです ♪~(・ε・ )

法学関係の本は、意外とたくさんの蔵書があり、論集も分厚いので、移動が意外と大変だったりしますw

しかし、皆さんに気持ちよく図書館を利用していただくため、スタッフ一同がんばりますのでよろしくおねがいします(-ω☆)キラリ

 

さて!

 

4階のブログでは、すき放題やっている黒い人ですが、ココではおとなしく、まじめなブログに徹したいと思っていますので、本題の本の紹介をしたいと思います(´ー*`)

 

今日、紹介する本は、冷血漢で有名(?)な、東○○司さんも泣いたという小説です。

                                              
                     「永遠のゼロ

永遠のゼロ

 

放送作家 百田尚樹のデビュー作であり、今年の12月に映画の公開が予定されている本作は、文庫版で300ページ以上にもなる長編作品ですが、一度読み始めたら止まらなくなってしまうほど読みやすく、また複数の参考書籍等を基に執筆されていて、下手な教科書等を読むよりもためになると思います。

 

〈ストーリー〉

1945年8月。終戦直前に特攻で命を落とした主人公・宮部久蔵の生涯を、宮部の孫である佐伯慶子・健太郎 姉弟が、宮部の戦友や部下の断片的な記憶から解き明かす。

 

 

「卑怯者」「臆病者」と誹られてもなお、妻のため、娘のために生き残ろうとした主人公は、なぜ終戦間際に特攻で命を落としたのか。

序盤は、多分そう思えてしまうと思います。

中盤くらいで、「;;;;(;・・)ゞウーン」となるシーンや、ある登場人物(←側)に対しては、「( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン」ってな印象を持ってしまうシーンがありますが、大体そのあたりから本当に泣けてきます・゚・(つД`)・゚・

結末は、最初にあるように主人公・宮部久蔵が特攻で命を落としてしまうわけですが、「( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン」付近での話しや、それまでの話を全て考え直すともう・・・(´;ω;`)

戦争モノ、特に太平洋戦争の話となると、小中高校ではほとんど触れられませんし、大体はどっかの○○○達が頑張ってくれたおかげで色々酷い扱いにされていますが、同じく特攻を題材にした『出口のない海』『特攻の島』も、個人的にはオススメです(´・ω・`)
どちらも参考書籍を基に書かれていて、結構読みやすいのでオススメです。(ただし特攻の島はマンガなのでちょっと読みにくいかもしれません)

 

映画『永遠のゼロ』は、2013年12月東宝系で公開予定!

黒い人でした( ´_ゝ`)

 

(名古屋の学生サポーター 黒い人)

 

「決めたことは必ずやり遂げる」

「自分は自分を完璧にコントロールできる」

と言える人は、世の中にどのくらいるだろう。多くの人にとって、いや私の場合、毎日の生活は、

「やらなければならないのに、やり遂げられない」

あるいは、

「今日やらなければならないのに、明日に先延ばしにしてしまう」

そんなことのくりかえしだった。追い込まれないとやる気が起きないのは、学生時代の試験勉強から変わっていないようだ。そんな人のために、世の中には啓発本が多く出されている。そこには、こんな文字が散りばめられている――。

「朝1時間早くおきて勉強にあてる」

「1日30分のジョギングでダイエットする」

「スケジュール管理ソフトでてきぱき仕事する」

 

 ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』(大和書房、2012)は、従来の自己啓発本とは趣を異にする。彼女は、瞑想すれば自己コントロールの能力が向上すると書くだけでなく、その背景となった研究成果も紹介している。「ある研究では、瞑想の練習をたった3時間行っただけで、注意力と自制心が向上するとう結果が見られました。(中略)8週間毎日続けたところ、(中略)脳で自己認識をつかさどる部分の灰白質の量が増えているのがわかりました」とつづける。

 

 私たちの意志力、つまり著者の言うやる力(毎日ジョギングをつづけ)、やらない力(甘い物の誘惑をしりぞけ)、そして望む力(スリムな体型をとりもどそうと思い出す力)は、目に見えない。これを科学的に目に見えるようにして自分を変えていこうというのが本書が紹介する方法。頭の中には、「意志」という"水"が蓄えられている。睡眠時間が6時間未満になると、グルコースが細胞に吸収されづらくなり、自己コントロールが難しくなる。つまり、意志の水は減ってしまう。この水を絶やさないようにするために、自分自身を知ることが意志力を維持する方法であるらしい。

 

 新学期を迎えたらもう一度、生活を振り返ってみよう。意志の力を磨けば、あなたも、――もちろん私も変わる。

 

(瀬戸のスタッフ りんたろう)

『県庁おもてなし課』が映画化!

|

 

こんにちは!

今日は映画化したオススメ本を紹介します(・u・)★

 

 

オモテナシカ.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県庁おもてなし課』 / 有川浩 著

 

 

高知県に実在する「おもてなし課」が舞台となっていて、

職員の掛水とアルバイトの明神が地域活性化のために

苦しみながらも高知県をアピールする模様を描いたラブストーリー。

 

 

先日映画館へ行った時の告知ではじめて知りました!

 

映画は今年の5月に上映予定で、

錦戸くんと堀北さんが演じています(・v・)!

 

映画を見る前に是非読んでみてください♪

 

 

(名古屋の学生サポーター りっきー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中日新聞(3/5朝刊)の連載「學生之新聞」に

昨年11月に開催した本屋さんツアーについて、

参加した学生さんが書いた記事が掲載されました。

 →  學生之新聞 「本屋さんツアー展 古書の匂いも新鮮」

 

今年も参加者のみなさんの思い出になるような

本屋さんツアーを開催できるといいなと思っています。

 

 

(なごやのスタッフ 春)

3月になりました

|

 

おはようございます:)

 

春休みも折り返し地点に到達しました!

 

4年生の皆さんは

今週末「卒業式」ですね。

4月からは自由な時間は少なくなってしまいます・・・

今のうちにいっぱい遊んでくださいね<3

 

 

今日紹介するのは、この本です。

 

真夏の方程式」 東野 圭吾

 

 

真夏の方程式.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

東野圭吾さんは、たくさんのベストセラー本を書かれ、

映画化された本も何冊もあります。

 

今回紹介した本も、

2013年6月29日に公開されます。

 

 

みなさんご存知のあのドラマですよ!

 

まだ4ヶ月先ですが、

ぜひ観に行ってください☆

みなさんの期待を裏切らないはずです!!

 

 

【名古屋の学生サポーター ぺんぎん】

 

 

* 本番までカウントダウン *

|

2013年3月10日(日)午前9:10第2回「名古屋ウィメンズマラソン2013」が開催されます。この大会は、市民参加型のフルマラソンの大会で女子15000人が挑戦します。実はその中の1人に私も含まれています!!(笑)

 

ナゴヤドーム発着で、名古屋市内の名所「名古屋城」「テレビ塔」「市役所」などまわるコースです。最近は、コースを頭に入れながら今まで目を通した下記本を片手にイメージトレーニングをしてみたのですがやっぱり42.195kmは長い旅路です。

 

         「マラソンの教科書:完走チャレンジ!自己ベスト更新!」

                              

                       川越学 監修

 

4262163636_01__SCMZZZZZZZ_.jpg 

 ちなみに週末のドライブで「犬山城(犬山市)」から「ジャズドリーム長島(桑名市)」へ移動中「ナビ」を検索したら約45kmと表示されたのでびっくり。これくらいの距離を走る事になるんだなぁぁと驚いてしまいました。。

 

でも何はともあれ目標は、

「怪我なく時間内(=6時間40分)で完走すること」。

よかったら応援してください♪♪

良き報告が出来ますように・・・・

 

 

 

(なごやのスタッフ りん)

 

 

3月2日(土)、名古屋大学で「大学教育改革フォーラム in 東海2013
が開催されました。
大学の教職員が一堂に会し、教育改善の方策について意見交換を
しました。

いくつかのセッションが用意されていて、この中の
「協同学習の場としての大学図書館」をテーマとしたセッションで、
名古屋学院大学の事例を報告してきました。

内容は
「読書ブログ『栞輪』でつなぐ学びの空間:学生サポーターとともに3年」

この読書ブログのことです。
本学の学生サポーターが行っている
学生企画展示や読書会 など など について報告しました。

静岡大学附属図書館の報告もありました。
静大では学生がボランティアで 新入生向け図書館ツアーや
ワークショップを開催し、院生によるカフェの運営もされています。
大変興味深い話を聞くことができました。

しずもに~静岡大学図書館モニター活動ブログ」という学生さんのブログ

があります。

まだまだ 本学でも やれることがあるなと・・・感じました。

学生サポーターのみなさん、新年度からも よろしくお願いします。
学生のみなさん、図書館でやってほしいことなど
               ありましたら、ぜひ、教えてください。
 
あなたの一言から 始まることがあります。

                          (名古屋のスタッフ そら)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索