光と闇(先生オススメ本)

| | トラックバック(0)

「 フェルメールの光とラ・トゥールの焰―「闇」の西洋絵画史 」

宮下規久朗/著 小学館ビジュアル新書

光と闇.jpg

 

 

昨年、豊田市の美術館に来たフェルメールの絵も、

名古屋市美術館に来たレンブラントの絵も、

実は「美しい闇」が描かれているからこそ、「美しい光」があるのです。

照明が溢れている現代こそ、「暗闇」の意味を改めて考えるべき時でしょう。

光と闇について考えてみるチャンスになればと思い、推薦します。

 

(鈴木眞雄先生 スポーツ健康学部)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 光と闇(先生オススメ本)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2301

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ