~台湾の結婚式~

| | トラックバック(0)

 画像 023.JPG

 

 先月、留学していた時のクラスメートから招待を受けて「台湾の結婚式」に出席してきました。率直な感想として日本に近いなぁぁと言う印象でしたが、大きく違う点もあったので今回紹介したいと思います。

 

1. 普段着で参加する人も多い。

実際ポロシャツにジーパンの男性や女性が出席されていました。

普通のレストランに食事に行く感じで、見苦しくなく、清潔であればOKとの情報も。

 

 

2.「赤っぽい色」の服の人が多い。

 

台湾(中国系)では「赤がラッキーカラー」だそうです。

私もはじめは日本同様「黒」のワンピースで出席するつもりでしたがこの情報を聞き「赤」のワンピースで出席。

周りに馴染んでいて変更して良かったです(笑)


3.形式張っていなくて、みんなでおいしい食事を楽しみ、賑やかにお祝いする雰囲気

 

私が出席した式では、日本のようにスピーチやケーキ入刀・余興など全くなかったです。

 

4. 新郎新婦などに、お酌しに行ったりしない

5. 席順に個人の名前は書いてなく、招待状を受け取った側は、家族同伴で行くことも多い。

 

6. 新郎新婦の地元が離れている場合や、実際に住んでいる場所が地元じゃない場合、各地で何度も披露宴をしたりすることもある。

 

友達も1ヶ月前に既に新婦側メインで1度披露宴を行っていたようで2回目の披露宴に私が参加したことを知りました。

 

以上。

 

 

 


大勢の出席者と、共に「おいしい食事」するのが、台湾流の結婚式なのかなぁぁと言う印象です。

また今回、貴重な体験が出来た事そして、数年たった今でも彼女との交流があることを幸せに思うりんなのでした。

末永くお幸せに。 

 

 

(名古屋のスタッフ りん)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ~台湾の結婚式~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/1995

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ