学生の最近のブログ記事

人類学はゲーム学のあとで

|
こんにちは。本記事を読んで下さっている皆様は夏休み真っ最中なのでしょう。お暇な方もお忙しい方も、等しく酷暑にお気をつけください。

というわけで、学術情報センター3階に置いてある本の紹介です。
geemugaku.jpg



















タイトルに「ゲーム」と入っている本は、手に取ると落ち着くものです。皆様もお試しください(個人差があります)。

要するに、テレビゲーム研究の観点から人類学をやろう、と言う本です。
テレビゲームを作っている人と、ゲームに関する学術的な批評を述べたことのある人たち合計三人が、対談の形式で、あれこれとゲームについて語っています。
・・・・・・読みやすいは読みやすいのですが、なんとも、テレビゲームに興味のない方には辛い内容かもしれません。

たしかに、全4章のうち、前半にあたる1章と2章は、ゲーム批評の歴史や表現の変遷といった、言ってしまえばマニアックな内容です。
しかし、日本の数十年で受け入れられる遊びが如何に変化してきたのか、技術と発想によって表現とはどのように変わっていったのか、など、やはり面白そうな要素はあるのです。ゲームタイトルなどの固有名詞は飛び交いますが。
3章になると、日本と海外でのプレイスタイルの差などから国民性を測るかのような、妙に壮大なことも話しています。ゲームなんか知らないよ!という人は、ここから読んでみてもいいかもしれませんね。そして4章は総括のようなものです。

ぜひとも、この本を読んで頂きたいものですが、例えそうでなくとも、夏季休暇期間は貸出期間が長く取られているので、色々な本を借りていって、涼しい部屋で本を読みましょう。
私としても、そんなふうに酷暑を乗り切りたいものです。

(学生サポーター:油奴)
 

みなさんはじめまして!

一学生として図書館のブログ、しおりんに初めて書かせていただく

かわしきみつる」という者です。

さて今回は、『思考は現実化』するという本についてご紹介させていただきます!


51G3F91BZBL__SX319_BO1,204,203,200_.jpg

















「思考は現実化する」聞いただけでも難しい、俺興味ないし、、とか思っている人いませんか?

確かに、内容は信念だったり、潜在意識だったり、忍耐だったりとそこまで難しくないことが書かれているんです。

どういう本なのかというと、絶望や挫折から立ち上がるのに必要なノウハウの詰まった人生の教科書、、!です笑

とまあ一言で言ってしまいましたけれど、こう見えても私、統合失調症なんですよ?

こんな病を持っている私でも読めたんだから、健全な学生さんは楽に読めちゃうはずです。

私は読んで理解し、実践するまで3.54回ではない、4回目はまだそんなに読めていません)回ほど読みました。

それほど熱中しちゃうものなんです。


統合失調症といっても、私は、留学先でいじめにあい、さらに小説を書くことのできるイマジネーションのようなものを医者に伝えたらそのような病状と言われただけで、本当は病気でも何でもないから読めたのかもしれませんね。


実は私、文芸部では主幹を務めさせていただいて、軽音楽部ではボーカルを経験させていただきました!

そんなことはどうでもいい、と思っているかもしれませんが、私が何を言いたいのかと言うと、自分の信念を持って人生設計をしっかりと持ち、目標や夢に向かって邁進してみるのはどうですか?ということです。

このブログが、悩める学生の一助となりましたら幸いです


では失礼しますー。



(学生:かわしきみつる)

学生企画展示

|

こんにちは、タケヒロです。

 

みなさん春休みはどうでしたか。

私はほぼ家でごろごろしていましたが、たまに友達と

外へ食べに行ったりしました。

 

焼肉とかハンバーグとか、とにかく美味しかったです。

幸せですね。

とあるステーキ屋さんのドリンクバーに「バニラ・オレ」という

ドリンクがあるのですが、これがすごく美味しくて

ひたすら飲んでました。

 

他のドリンクバーがある店でも探してみたのですが

見つからなくて・・・。

悲しいです。

 

話は変わりますが、

暦は4月。新学期が始まりました!!

 

そこで図書館の学生企画展示もテーマが新しくなりました。

 展示のテーマは「へぇ~」です。

 

IMG_4170.JPG

 

読んだら、思わず「へぇ~」って言いたくなるような本を

中心に集めました。

 

IMG_4171.JPG

 

IMG_4173.JPG

IMG_4172.JPG

 

ぜひ暇なときに読んでみてください。

 (学生サポーター:タケヒロ)

モヤっとしますよね、、、

|
はい、こんにちはーこんばんはーみおたです!

おひさしぶりですね!

さあ今日は、さっそく本題に入っていきます!

みおたが以前おすすめ本でも紹介したことがあるこちらの本を今日は紹介していきたいと思います!

51I0Z1XR77L._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
はいこちら!!!


タイトルにもあるように、(やば、、、この人、顔は分かるのに名前が全然出てこない、、、。やばい。どうしよう。)

って時、けっこうありますよね?←※個人差があります。

みおたはけっこうなることが多いのですが

これって思いだせるまでモヤモヤしてしまったり、それが自分より立場が上の人なら失礼になってしまいますよね、、、

そんなモヤモヤが

なんとこの本で解消されます!

この本には名前だけがでてこない理由とその改善方法がたくさん!!

名前をスムーズに思い出すために、記憶力の鍛え方を知っていきましょう!

気になった方は是非手に取ってみてくださいね!!

ではでは、みおたでした♪

常備菜ありがとう

|
こんにちは。
平日はできるだけお弁当を作るようにしています。
もう疲れた、と冷凍食品ばっかりになる日もありますし、
昨日の夜ごはんがそのまま「こんにちは」する日もあります。(実際ほぼこれの繰り返しになっています。)
はたまた、寝坊して今日はお弁当無くていいやって日も。
残り物を卵でとじるだけで別の味になるよ、と言われても朝になると卵ひとつ焼くだけでやっぱりめんどくさいのです。

ここ1年作って思ったことは、日持ちするお料理と冷凍できるもの最高!ということです。
なんでもかんでもとりあえず冷凍するので、家の冷凍庫は常に破裂しそうな状態です。
そんなこんなで1年経つとレパートリーも少なくなってきます。
最近は「食べ飽きたなぁ」とか、「あれ?これ先週も作ったんじゃ」と思うことも。

図書館にもたくさんのお料理本があります。
料理の基本を教えてくれる本からお菓子づくりまで、さらには台湾の屋台料理の本も。
今日はたくさんある料理本のうちから「常備菜」という本をご紹介します。

71+CIHDGAzL.jpg
この本のよいところは、
第一に「日持ち」する又は「冷凍」ができること。
第二に「シンプルな食材」で「シンプルに作れるもの」。
この二点だと思います。
私もこの二点を満たすことで、自炊をなんとかなんとか日々維持している状態です。

毎日おにぎり握ってくれていて、毎日お出汁をとってくれていた母に感謝しつつ、
「常備菜」という素敵なワードに出会えて良かったと思う毎日です。

1人暮らしの学生さんに是非。
簡単にできるお料理ばかりが載っています。
ゆで卵をめんつゆにつけるだけで「煮たまご」の完成です!
これ今日やります。冷蔵庫で3日は持つそうですよ。
にんにくや唐辛子、お酢をいれたりすればまた違った風味になるかもしれませんね。
毎日お料理するのは面倒だという日もありますが、そんな日は常備菜で済ますこともできるかも。
学生の間はあんまりお料理することも少ないと思いますが、はじめの一歩にいかがでしょうか。

(名古屋のサポーター ぺちゃ)

放置していたらダメですね。

|

みなさんこんにちは。タケヒロです。

先日、コンビニで買った揚げ物のゴミを捨てるのがめんどくさくて、カバンの中に入れて放置していたのです。

帰り際お茶を飲もうと思って取り出してみたら、なんかやけにべたべたするなと・・・。

 

原因はすぐにわかりました。コンビニの袋が破れて、ハッシュポテトの油がこぼれていたのです。

ショックでした。お茶はこの際仕方ないとして、問題はカバンです。

 

他の中身については、雨の日用に、ビニールに入れていたので大事には至らなかったのですが、

カバンの底に油です。

ポテト3枚分ですし、破けたところから少し漏れた程度なので、油の量もそんなに多くは無かったのですが、

カバンの底に油です。

 

取っておいたお手拭で何度か拭いて、一応気にならない程度にはなりましたが、油です。

水とかならまだしも油なので、隠れたところにべたべたがないか心配です。

 

カバンの中に放置していたらダメですね。

これからはゴミはちゃんとすぐにゴミ箱に捨てようと思います。

 

ここから本題なのですが。

放置していたらダメなことってたくさんありますよね。

身の回りであったり、そうでなかったり・・・。

関係ない、問題ないと思って放置していたら、それは大きくなって自分に返ってくるかもしれません。

そしてそれは気付いたときにはもう取り返しのつかないことになっているのです。

 

皆さんはなにか思いつきますか。

怪我とか病気とかもそうかもしれません。あと授業で分からない所とか。

他には・・・。

 

はい、そんな時にオススメしたいのがこちらです。

 

鈴木隆 「東アジア統合の国際政治経済学」 2011 国際書院

 

ぜひ読んでみてください。

 

 

学生サポーター:タケヒロ

2050年の世界

|
みなさん、明けましておめでとうございます。

早くも2018年になってしまいました。

みなさん今年はどう過ごそうかワクワクされていることでしょう。(そう願いたい)


さて、最近ふと思ったのが時間の進行が極端に早いこと。

日付を意識したころには自分が思っていたのと桁が違ってたりしてビックリしてます。(笑)

そんなことを思っていた矢先に、ふと目に留まったのがこの本。


51kcqakzHoL._SX341_BO1,204,203,200_.jpg


今振り返ってみると、2000年頃なんて2018年が来るなんて思いもしてなかったですからね。

ましてやこんなに世界が変わるとは想像もつきませんでした。

では2050年はどうでしょう?

20年弱で加速度的にここまで変わってきた世界が、

もっと凄まじいスピードで変化していって30年って、

やっぱり想像つかないですね。(笑)


未来のことは誰にも分かりませんが、

確実に言えるのは、誰もが自分だけの時間軸を持っているということ。

あなたの意識はあなたにしか分かりません。

なので、1分を1日より濃厚な時間にすることもできれば、

1年が1秒のように過ぎ去ったりすることもあるわけです。

そう考えてみると私たちの人生って刹那でもあり、無限でもあります。


なので、時間というのは私たちの人生にとって、

実はあまり意味があるものではないのかもしれません。

人生生きていれば、喜怒哀楽いろんなことがあります。

社会ではいろんな問題が起きます。


そんな時間や社会の情勢などの外部的な要因に追われる人生よりも

自分の夢ややりたいことをできる人生にしたいものです。

私たちみんなが描く理想に少しずつでも近づいていけるような

そんな世界になることを望むばかりです。


新年早々、徒然と長いことを語ってしまいましたが、

この2018年が私たちにとって有意義な時間になることを望むばかりです。


(Student Supporter:Hoon)

一風変わった推理物

|
こんにちは、学生サポーターのさとぅーです。

皆さんは、自宅でエアコンを既に使用していますか?
自分はまだ使用していないのですが、就寝時に寝苦しいのでそろそろ使用したいな、と考えています。ただ、使用するにもエアコンの掃除が面倒でなかなか使用できる状態にならないんですけどね・・・。(執筆時、6月末)

それはさておき、本の紹介に移ります。
今回紹介する本はこちらです。

           
         『恋と禁忌の述語論理
あらすじ:
大学生の詠彦は天才数理論理学者の叔母、硯さんを訪ねる。名探偵が解決したはずの、殺人事件の真相を解明してもらうためだ。
詠彦が持ち込んでくる事件と個性豊かな名探偵たち。硯さんによると、人間の思索活動の頂点に立つという数理論理学で、硯さんはすべての謎を証明できるとか。

この本は、解決済みの事件を現場に赴かずに真相を解明する、安楽椅子探偵物です。
事件の真相を解明する際には、必ず数理論理学が用いられています。文章中に数式や、証明に必要な表などがあり、本当に小説を読んでいるのかわからなくなることがありました。
書かれている論理式や専門用語がわからなくても読めます。ちなみに自分は半分ほど理解できていないと思います。

この書籍は、曙館3階の図書館にありますので、よかったら読んでみて
下さい。

以上、タイトルで嘗めてたら論理式に負けた、学生サポーターのさとぅーでした。
開始数ページで知らない数式が出てきました・・・。


(学生サポーター:さとぅー)

 仮面山荘.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『仮面山荘殺人事件』 東野圭吾著

  講談社 1995.3

 

 

主人公の高知と婚約者の朋美は、結婚式の一週間前で、朋美は交通事故があって死んだ。


朋美が死んだ3月後、8人の男女が伸彦(朋美の父)の山荘に集まった。


川桂子(朋美の親友)は朋美の交通事故は意外ではない、殺人事件であると言った。


8人間は微妙な雰囲気の中で、人々が自分のことを考えていた時に、二人の強盗を侵入した。


みんなは逃げるために、「SOS」作戦と「停電」作戦をした。


しかし、誰かこの二つの作戦を壊した。この人の目的は何でしょうか。


朋美の死亡は本当にただ意外の交通事故でしょうか?

 

 

(留学生:イン)

作者の伊坂幸太郎さんは『グラスホッパー』が「すごく好きな小説なんです。
今まで書いた小説の中で一番達成感がありました」と言いました。

グラスホッパー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 著

 角川書店 2017.6

 

妻が殺され、犯人に復習したがっている「鈴木」、自殺専門の殺し屋「鯨」と、ナイフ使いの若者殺し屋「蝉」、この三人の物語、一体どんな展開がありますか。
この小説の特別なところは、三人の登場人物が代わる代わる語り手を担当しているということです。
この小説は132回直木三十五賞候補作となって、2015年に映画化されました。

 
(留学生:テイ)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索