学生サポーターの最近のブログ記事

昨夜、明日。

|
こんにちは! " くうこう "です! (*^_^*)

今回紹介する本は、



7年前、25歳で死んだ一樹。残された嫁のテツコと一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフとの

何気ない日常に秘められたコトバが心をうつ連作長篇。

大切な人が亡くなっても、周りは生きてゆかねばならない。

人は変わってゆく。それは過酷なこと。

されどそれが人を救ってくれるのです。


登場人物皆、ユニークで

ふとした優しさが心に染み渡ってきます。


( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

・・・き、君の名はっ!!!!

|
こんにちは! " くうこう "です! (*^_^*)

決して岐阜県が舞台のあの映画じゃありませんよ! 笑

今回紹介する本は、



よく漫画とかで見る、二つ名ってカッコいいですよね。

実は現実世界にも多くの異名・ニックネームを持つ人がいるのです!

歴史上の人物や、芸能、アイドル、スポーツ などなど。。。

また、地名にも異名ってあるんですよ!


この本では辞書のように、一覧となってみることができます!

しかし、館内利用のみとなっていますので、

ご注意下さい!! 


( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

奇蹟の証明(哲学)

|
こんにちは、学生サポーターのさとぅーです。

今回紹介する書籍はこちらです。
  
あらすじ:
かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、青髪の探偵・上苙丞と相棒のフーリンのもとを訪ねる。
彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
(裏表紙より引用)

今回も井上真偽の作品です。
作品の特長は探偵が奇蹟を信じており、奇蹟の証明を目標としていることです。
探偵が奇蹟の証明をするために、奇蹟の否定となる仮説をすべて事前に考え、仮説の矛盾点を突いていきます。
読んでいると哲学の講義で聞いた「神の存在証明」を思い出しました。
仮説の中から矛盾点を探しながら読むと非常に面白く読めます。自分は探偵が論破しているときに初めて矛盾点に気付きましたが...。

他の井上真偽作品同様に一風変わった探偵小説ですが、短い時間で読み終えることができるのでちょっとした時間に読むのがオススメです。
自分は3時間ぐらいで読み終えました。
前回紹介した『探偵が早すぎる』に比べると、少し敷居が高いかなと感じたので、ちょっと小難しい小説でも問題ないという方に丁度いいと思います。
学内にある井上真偽作品(全3作品)の中で常にシリアスだったのがこの作品だけなので、そのように感じただけかもしれませんけどね。

この書籍は曙館3階の図書館にありますので、ぜひ手に取ってみてください。

以上、学内の井上真偽作品を読みきった学生サポーターのさとぅーでした。

(学生サポーター:さとぅー)

宇宙にムチュウ ♪

|
こんにちは! " くうこう "です!  (*^_^*)

今回紹介する本は、

『 宇宙においでよ!』です!


宇宙飛行士 野口聡一さんの

宇宙での体験談を中心に書かれた一冊です。


宇宙とはどんな場所か、どんな生活なのか。

また、なぜ野口さんは宇宙飛行士になろうと思ったのか。

全てが詰まっています。


大学生にもなって、今更宇宙飛行士は無理じゃん!!

確かにそうかも知れませんが、

人生の転機はいくらでもある。

人生、楽しまないと!


( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

タイで大の字

|
こんにちは!
とっても暑いですね。
夏休みの計画はありますか?わたしは南国に行きたいと思っています。
というわけで、今日は南国・タイの本をご紹介します。

51qQ-w5eFFL._SX357_BO1,204,203,200_.jpg
「ダーリンは外国人」でお馴染みの著者さんです!
今回はご夫婦でタイ旅行に!

タイの料理教室、炎のマッサージ体験、象さん。
有名なタイ観光から、すこし物珍しい穴場スポットも。
観光だけではなくて、教育現場や動物保護などタイの文化にも触れることができます。
タイの「楽しい」がたくさん詰まっています。

また、漫画エッセイなので簡単に読めちゃいます!
たくさんのタイの秘密がいっぱいの1冊です。

(名古屋のサポーター ぺちゃ)

色イロな源氏物語。

|
こんにちは! "  くうこう"です! (*^_^*)

皆さんも学校等で一度は勉強した「源氏物語」

日本古典で最も有名な物の一つですね!

実は読んでいると数多くの" 大和色 "に出合えるのです。。

さて、今回紹介する本は、


この本では、勿論物語をわかり易く解説するだけでなく、

要所要所で色の紹介もされています!

実際に染められた色の写真も載っているので、

よりイメージしやすいです。

イメージに色が付くことでより豊かになりますね♪

ぜひ、今までと違った源氏物語をお楽しみください! (^_-)-☆

( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

外国人観光客をガイドしよう!

|
皆さん、こんにちは!
学術情報センターサポーターのマロンです!

皆さんはボランティアをすることは好きですか?
私は好きで、ボランティアを通して多くの人と出会うことができ、新しい発見や地域などにも貢献することができます。

数多くあるボランティアで、現在注目を浴びているのが、外国人観光客を案内する英語のボランティアガイドです。
2020年に開かれる東京オリンピックを始め、日本ではこれから多くの観光客が訪れることが予想されており、さらなる観光業の発展が予想されています。
しかし、増加する外国人観光客とは裏腹にあきらかに通訳の人数が足りていません。
そこで必要になってくるのがボランティアガイドの存在です。

英語もあまり、話せないし難しいと思う人も、実は意外にもそうではないのです。
中学英語や高校英語が話す上での基本になってくるため、少し勉強すれば皆さんにだってできるかもしれません。
その勉強の仕方やボランティアガイドをする上での心構えが書かれている本が『はじめてのボランティア英語ガイド』です。

51e-D+jCPHL__SX340_BO1,204,203,200_.jpgのサムネイル画像



























この本にはボランティアとしての心構えの他に、寺や神社など観光名所ごとによく使われるキーワードが書かれているため、伝える上で何が大切かを把握することができます。
ただし、この本は東京の観光地のことが書かれているため、私達愛知県民にとっては難しいかもしれませんが、こういうフレーズがあるといったことや、ガイドをやる上での心構えなどを参考にして頂ければと思います。

ボランティアガイドに興味がある人は是非、この本を読んで少しでも勉強しておきましょう。
ちなみにこの本にはCDもついているため、発音も勉強することができますよ♪


(学生サポーター:マロン)

書店の街歩き。

|
こんにちは! " くうこう "です!  (*^_^*)

今回紹介する本は、 



各国を代表する有名、老舗、チェーン店、個性派を

紹介しています。

欧州、米国、アジアの地域ごとでも

カラーが異なります!

お店ごとの力の入れどころ、

特色を感じることができます!

本学の図書館も特長ある場所にしなければ! ヽ(^。^)ノ


( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )




「あがり」が味方になったぞ!!

|
こんにちは!
学生サポーターのまっくろくろすけです。

いきなりですがみなさんは、

人前に立つと、あがってしまい喋れなくなってしまう。

頭の中が真っ白になってしまう。

といったふうに、
プレゼンや面接、スピーチなど大事な場面であがってしまい、苦い経験をしたことがあるのではないでしょうか?

私、まっくろくろすけはあります。

中学3年生までは、演奏会や学校のスピーチコンテストといった人前で発表することに何も感じませんでした。

また、スポーツをしているときに残り数秒で1点取れれば逆転できるという場面でも、しっかりと逆転することができました。

このときは、
ドキドキといった感情よりは、ワクワクといった感情の方が大きかったように感じます。

しかし。。。
高校生になってから、人前に立つと必ずあがってしまいいつも通りのことができなくなってしまいました。

演奏ができなくなったり、スピーチの内容がわからなくなったり、

他には、スポーツで逆転できなくなったり、試合で使いものにならなくなったりと。。。

まるで別人のような感覚にとらわれていました。

「小さい頃の感覚に戻りたい。」

高校生のときの自分はいつもこんなことばかり考えていました。

大学に入ると、就職の面接のときにあがらないのかとよく考えるようになり、

「今のままでは嫌だ」

と思うようになりました。

そんな時に出会った素晴らしい本を紹介したいと思います。



「あがり」は味方にできる.jpg


















という本です。

この本を読んで、私は少しばかり上がらないようになったと思います。

日本人の8割が「あがり症」と思っていますが、あがってしまったときの「嫌な考え」・「心臓のドキドキ」をネガティブ」に捉えることなく、上手くコントロールし、味方につけることで100%の実力以上のものが出せるようになります。

他にも、この本は緊張と不安と混同されがちな「あがり」ですが、本質の違いをわかりやすく述べてあります。

今から就職に向けて、あがってしまうという状況を打破し、人前で話すということに抵抗を覚えないようにすることが大切だと思います。

この本を読んで、ひとりでも多くの人が「あがり」を味方につけれるといいなと思います。

以上、学生サポーターまっくろくろすけでした。

(学生サポーター まっくろくろすけ)



ペンギン・ハイウェイ

|
「他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ。」

こんにちは!
もうすぐ映画化される森見登見彦さんの『ペンギン・ハイウェイ』の名セリフです。
41n3or6FoHL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg
小学4年生の僕が住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れます。
この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知った僕は、その謎を研究することにします。
未知と出会うことの驚きに満ちたお話です。

アニメ映画が8月に公開されます。話題満載の小説です。
お姉さん役に蒼井優さん、主題歌に宇多田ヒカルさんと豪華な映画になりそうですね。
現在開催中のSF展でも展示されているので是非一読してみてください。

最近は筋トレをしているので、このお話のセリフのように昨日の自分に負けないようにトレーニングしていきたいです!

(名古屋のサポーター ぺちゃ)
栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索