2012年9月アーカイブ

図書館の主(あるじ)

|

 

図書館の主.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館の主(あるじ)」 ①~③ 篠原ウミハル著 芳文社

 

朝晩、涼しくなりましたね。

いよいよ読書の秋です。

今日は、本好きな方におススメのマンガを紹介します。

 

「タチアオイ児童図書館」で司書として働く 御子柴(みこしば)くんが

登場する「図書館の主」です。

この主人公 御子柴くんは、ぶっきらぼうですが、

その人にあった本をすすめることができる

すごい司書です。

彼のまわりには不思議と人が集まり、

本をとおして、みんなを幸せにしていきます。

 

この中で彼がススめる児童書は、

   もう一度読み返したいな!

   あっ、これ読み忘れた本だ・・・

と 遠い昔を思い出させてくれる本です。

大人になってから児童書を読み返すのも いいですよね。

読んでいるとなんとなく ほっこりするマンガです。

                      

                                          (名古屋のスタッフ そら)

 

 

ヘルシーを求めるあなたへ

|

急に朝晩の冷え込みがきびしくなってきました。

それはつまり・・・、食欲の秋がやってきた、ということですね!

あれこれと食べたいものはたくさんあれども、

気になるのが冬に向けて蓄えられてしまうお肉。

 

そこで今回ご紹介する2冊の登場です。

 

「体脂肪計タニタの社員食堂~500kcalのまんぷく定食~」

タニタ.jpg 

 

「続・体脂肪計タニタの社員食堂~もっとおいしい500kcalのまんぷく定食~」

続・タニタ.jpg 

 

タニタ食堂のレシピ本、とっても売れて売れて、

どこの本屋さんに行っても平積みされてますよね。

私もブームにのっかって、1巻を買い、2巻も買い・・・。

(でも、まだ1巻しか開いてませんが・・・)

 

作ってみて思ったのは、タイトル通りとってもまんぷくになること。

量の割に本当に調味料が少ないので、

不安になってつい多めに入れてしまいそうなこと。(オイッ)

いろいろな野菜がたくさん入っていて、とてもヘルシーなこと。

 

でも、私にはひとつ問題が・・・

いろいろな野菜を少しずつたくさん入れるので、毎日料理しないと

せっかく用意した野菜をダメにしてしまいそうなこと。

なので、たまにしか料理をしない私は、なんとか一回の食事で野菜を使い切れるように、

あっちのページ、こっちのページからレシピを引っ張ってくるのがちょっと大変かも。

でも、毎日料理する人にとっては、1ページ=1食で、献立決めるのが楽ちんだと思います。

また、月ごとにレシピが分かれていて、旬のものを取り入れたメニューを楽しむことができます。

それに、いつもの料理にちょっとひと手間、の部分を知れてアレンジもききそう。

 

タニタ食堂ヘルシーレシピのページも毎週更新でイイかんじです。

まずはこちらのメニューをいくつか作ってみて、

気に入ったらレシピ本もそろえるのもいいかも。

 

油断して、たるんとなってしまいがちな冬の体を早めにケアしてゆきましょう!

 

(栞)

秋学期が始まりました

|

 こんにちは☆

 

約2ヶ月半ぶりにブログを書いています。

 

皆さん、夏休みはいかがでしたか?

 

今年の夏休みこそは本を読もうと思っていたけど

結局、授業以外の本は1冊も読んでない・・・

(・c_・lll)

 

その代わりに映画はたくさん観に行きました!

毎年、映画は年に1、2回(もしくは0)しか行かないんですけど

夏休みだけでも3回行きましたよ♪

私にしては珍しい・・・

 

この秋もどんどん面白そうな映画が公開されます。

中でも気になっているのが、

モンスターホテル>と<旅の贈りもの>。

 

○ <モンスターホテル>はソニー・ピクチャーズ アニメーションが手がけた

3DCGアニメーションです。

~ストーリー~

世界中のモンスターが集まる5ツ星リゾートホテルのオーナーであるドラキュラは、

娘のメイヴィスの118歳の誕生日を祝うために有名なモンスターたちを招待した。

だがそこへ、普通の人間の旅行者のジョニーが誤って訪れてしまい、

過保護なドラキュラは彼とメイヴィスが恋に落ちるのを防ごうとする。

 

9月29日(土)公開です▼・ェ・▼

 

○ <旅の贈りもの>は私の地元である福井県が舞台となっています。

~ストーリー~

四字熟語で、三者三様と云う言葉がある。
やり方や考え方などが、人それぞれ違うと云う意味である。
旅も同じだ・・・!
旅人は、みな違う目的で旅をする。
「旅の贈りもの ~明日へ~」も主人公達が、それぞれ意味合いも目的も違う旅をする。

 

この映画で、私の知り合いがエキストラとして出演しているみたいなので、

ぜひ見てみようと・・・d(・(エ)・●)♪

 

こちらは10月27日(土)公開です!

 

長い休みが明けたばかり+気温の変化が激しい季節なので、

体調が崩れやすい時期です。

みなさん気をつけてくださいね!!

 

 

 

【名古屋の学生サポーター にゃー】

 

 

声に出して歌いたい日本文学

|

先日レンタルショップで借りた桑田佳祐のアルバム『I LOVE YOU now & forever ~』に面白いタイトルの曲が入っていた。

 

<声に出して歌いたい日本文学>

 

どんな歌なんだろう?

歌詞カードを見てみると、そこには国語の授業などで、誰でも一度は耳にしたことのある純文学の詩や小説の一節が載っていた。

 

ずらりとこんな感じ。

 

中原中也 『汚れちまった悲しみに』

高村光太郎 『智恵子抄』

太宰治 『人間失格』

与謝野晶子 『みだれ髪』

芥川龍之介 『蜘蛛の糸』

小林多喜二 『蟹工船』

樋口一葉 『たけくらべ』

石川啄木 『一握の砂』

夏目漱石 『吾輩は猫である』

宮沢賢治 『銀河鉄道の夜』

 

曲を聴いてみたところ、すごくいい!

桑田さんの憂いある歌声に美しい日本文学の言葉がのっかると、よりドラマチックになる。

18分もある長い曲だけど、文学作品ごとに雰囲気も曲調も変わるから、たのしい。

 

中高生の頃に、聴いていたらもっと日本文学が身近に感じられただろうなあ。

 

(なごやのスタッフ 春)

とうとう・・・

|

こんにちはシラタキです

世間ではとっくに夏休み終わっていても

まだまだ夏休みは続く、そう考えていた時期が私にもありました

皆さんはどんな夏休みを過ごされましたか?

やはり楽しい時間はあっというまに過ぎてしまいますよね

子供のころは本当に長く感じた1ヶ月も大人になってみると短く感じられる。

はい、そうですもうすぐ終わります夏休み

いやぁ、夏休み楽しかったなぁ

(´・ω・`)(´・ω:;.:...(´:;....::;.:. :::;.. ....サラサラ・・・

 

 

さてさて、講義、単位、就活などなど不安要素もありますが

秋学期もこちらでいろいろ本を紹介していきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたしますね。

 

(名古屋の学生サポーター シラタキ)

 

先日、何気なくテレビを見ていて

【夏目漱石の脳が今でも保管されている】という事実を知りました。

「えっ!?脳みそを保管...。」ちょっとした驚きと、ちょっとした不気味さ。(@_@)

 

漱石の作品は有名で、全く知らないなんて人は居ないかと思いますが、

私が読んでインパクトがあった作品は『夢十夜』です。

と言っても、内容を完全に覚えているかというと、そうではなく

"豚が次々と向かって来るが、豚に舐められるのが嫌で、ステッキで打って谷に落とす"

という一部のシーンが強烈に印象に残っているだけなのですが...。^_^;

「何故、豚!? 何故、ステッキで谷に転げ落とす!?」

 

 

『坊ちゃん』や『吾輩は猫である』など、数々の名作を残した夏目漱石。

まさか自分の脳みそまで残されるとは思ってなかったのでは。

本人的にはどうなんでしょう???

(まあ、死後のことなので、本人は知る由もないんですけどね)

ちなみに、漱石のデスマスクも存在するそうですよ。

 

 

(瀬戸のスタッフ : かりんとう)

 

 

画像 012.jpg 

  現在、名古屋キャンパス図書館にて「本屋さんツアー展」を開催しています。

 

2012627日に行った「本屋さんツアー」で、参加してくれた学部生9名が選んでくれた本が

 

到着しました!!

 

読み物はもちろん、今回は、「所属学部関連図書」を1冊選んでもらったので勉強に関する本もたくさん届いています。

 

 

 

画像 014.jpg

 

 日が暮れるのも早くなり、夏から秋へと季節の変わり目を感じられるようになってきました。

 

 さぁぁ読書の秋です!

 

 まず、1冊気になる本を手に取ってみましょう!!

 

 

場所 : 名古屋キャンパス 白鳥学舎 曙館 3階 学術情報センター(図書館)

期間 : 2012910

展示の様子はこちらから

 (りん)

 

読書の秋、定番です

|

9月に入り2週間・・。

朝晩は、秋を感じる場面も出てきました。

 

そこで、必ず「読書の秋」という言葉と共に

書店ではいろいろな特集が行われます。

 

先日覗いた書店では、

最近映画やテレビ化された本がたくさん並んでいました。

 

映画化された本を読むのもその逆も好きですが、

昨年読んだ、「天地明察」、「永遠の0」が

どちらも今年映画化されました。

どこまで小説の世界が映像化されるのか、楽しみです。

 

さて、

この読書の秋、

最近文庫化された子ども向けファンタジー小説(魔法使いのあれ)、

当時世界中で話題になった面白さに納得しつつある(現在3冊目、読。)

 

「読み逃した大人へ」、という文庫本の帯に惹かれた人は、ぜひ。

 

(瀬戸スタッフ:FUJI-san)

* オリンピックイヤー *

|
  あっという間に、2012年夏「ロンドンオリンピック」も閉幕されてしまいました。連日連夜、メジャーな競技からマイナーな競技まで眠い目を擦りながらテレビ観戦に夢中になっていた頃をちょっぴり懐かしく思ってしまいます。気が付けば、段々と日も短くなり秋の装いを少しずつ感じられる様になりました。4年に1度のオリンピックでは、日本中いや世界中が大いに盛り上がったのではないでしょうか?

 

みなさまは、どんな競技のどの場面(=選手)が1番印象的だったのでしょうか?

 

個人的には、学生時代部活で個人競技を行っていたので団体競技の「水泳メドレー」や「卓球団体」「ダブルスバトミントン」「女子バレー」に「なでしこJAPAN」などなどチームプレーの数々に胸を躍らされました。また近年、ホノルルマラソンに挑戦してからは、42.195kmのゴールを目指して走る「マラソン」に手に汗をかきながら応援していました。

 

そこで今回、紹介したい本はこちら

 

4569805442.01._SCMZZZZZZZ_[1].jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やめたくなったら、こう考える

 

  バルセロナ、アトランタと日本女子陸上界初の二大会連続オリンピックメダル獲得の快挙を達成した「有森裕子」さん著書。「わたしは好きだから走っていたわけではありません」と始まる冒頭部分に目を奪われました。読み進めていくと、幼少時代から何か「認められたい」という渇望から「走る」ことに出逢い、これなら自分の力を発揮できると思い、認められたいという強い信念だけでゆっくり一歩一歩登っていった彼女。嫌いになるとか、やめようと言う選択肢はなかったと・・・。

 

 この諦めず頑張る事が出来る信念こそ、彼女の最大の武器であり才能であったのだろうと思いました。

 

 

 

 

(なごやのスタッフ りん)

 

やってはいけない風水

|

こんにちは。最近わたし、「幸運」を呼び込みたく、

色々な事をやっています。

パワーストーンをつけ、占いで良い方角を聞き、パワースポットを巡るなどと

無駄に色々やっています(笑)

 

そんな私が最近読んだ本がこちら。

 

やってはいけない風水のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

『やってはいけない風水』

 

 

この本は「やってはいけない風水」や「やっていい風水」が

イラストでわかりやすく書いてあります。

残念ながら、わたしは「やってはいけない風水」を意外とやっていたようです...

その中のひとつで、眠る時の向き(方角)がそうでした。

 

皆さん、眠る時の向きって気にしていますか?

私は以前、北枕にして寝ていたのですが、北枕は亡くなった方を寝かせる向きだから縁起が良くないと聞き、ここ何年も北枕の逆の南枕にして寝ています。

しかし、この南枕「やってはいけない風水」だそうです!

 

 

風水では「睡眠=良い気をチャージする時間」と言われています。

特に、北からは強い気が流れてくると言われ、北枕で寝て、頭から良い気を入れるといいとされています。

逆に南枕で寝ていると、気が散りやすくなり、眠りも浅くなるので、気の充電力も半減。「やってはいけない風水」なんです。

また、「頭寒足熱」という言葉があるように、頭を涼しくした方がよく眠れると古くからいわれています。

涼しい北へ頭を向けるのは、なおのこと良いのです。

 

 

たしかに私、寝つきがすごく悪いんです。南枕にしてからなのか、定かではないですが...

ちょっと試してみたいと思います♪ 

 

こうした簡単にできる風水がたくさん載っているので、「幸運」を呼び込みたい方はぜひ試してみませんか。

 

 

(瀬戸スタッフ くう)

 

相手のテンポを大事にする

|

 

聞く力.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

聞く力:心をひらく35のヒント

阿川佐和子著


『ビートたけしのTVタックル』などでお馴染みの
阿川佐和子さんの著書。

この本には、聞き上手になるための35のヒントが紹介
されています。
インタビューの経験をもとに書かれていて、
どれも 人と話す上で、参考になりました。

この中で、自分自身が気をつけたいと思ったのは、

「相手のテンポを大事にする」

ということです。

人にはそれぞれ話すテンポがあります。

ゆっくり話す人との会話では、答えがすぐにかえって
こないと、つい予測して先に答えをだしてしまいがち
です。

我慢して待つということ 気をつけたいです。 

誰にでも参考になる1冊です。

                

                                   (なごやのスタッフ そら)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索