名古屋学院大学のブログポータルサイトになります

名古屋学院大学ブログポータルサイトへようこそ!

名古屋学院大学に集う、さまざまなブログの集約ページです。

学生・教職員の日々の日常をご覧ください。

新着アイテム

『外套』に該当

2019年4月19日 学生サポーター

岩波文庫を定期的に紹介していきたい!と思ってます。(最近変なブログタイトルが多いのでつられてしまった...)

前回は、内村鑑三の『代表的日本人』を紹介しましたが、今回は全く別のタイプの本でロシアの代表的な作家の一人
ゴーゴリ、『外套・鼻』という小説でございます。
この本は岩波文庫のなかの赤色の本の中の一冊ですが、岩波の赤というのはジャンルとしては海外文学の翻訳本。
個人的には岩波の中でも岩波赤は一番読みやすい、親しみやすいと感じております。(海外文学礼賛)

別のタイプと言いましたが、内村もゴーゴリもともに19世紀の人間。19世紀というのは特別な世紀で、個の独立の時代とか、小説の世紀であったりする。
ともに、その時代に特有なことで悩み、葛藤していたのかも知れません。
だからというか、いまからみるととにかく名著が多い時代です。

51G7JK7EVDL.jpg



 
 


 
 
 
 
『外套』は、アカーキイ・アカーキエヴィッチという、役人の仕事以外にはなんら能のない人間を描いた、悲愴でユーモラスな話。
無能な彼は、そのほとんど唯一できることといえる役人の仕事を誰よりも真面目にこなし、それに情熱さえもっている。
貧しい暮らしをしている彼は、まとまったお金が入ったとき、そのぼろぼろになった服を代えるため、「外套」を新調する(彼の人生にとってはそれは唯一の華やかなことであった!)
が、そのことがきっかけで同僚達から必要以上にからかわれてしまう。
新調した外套姿の彼は、同僚達には滑稽に写ると同時に羨望の対象にもなり、いじめをくらってしまう。
たった外套を新調したというだけのことで彼にとっては大事件となった。

それまで醜くとも平穏無事に暮らしてきたアカーキイにとって外套事件は、他の人々にはなんでもない事件のようなことであっても、彼にとっては人生を狂わせるほど変えてしまった。
おお、これぞ悲劇。
滑稽さと悲壮感が交じり合うようななんともいえない、複雑な気分にさせられるアカーキイの話ですが、我々はそんな彼に感情移入してしまうのです。
この外套』の主人公の気持ちに、自分も該当してしまう............というひともきっと少なくないでしょう。

『鼻』は、まあ、ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた...という幻想的で奇妙な物語。でこちらもわけのわからない、どこか面白い話であります。
ちなみに芥川龍之介はこの話を元に、短編を書いています。

どちらも不幸で、不条理で、悲壮さとばかばかしさが合わさる、ロシア的な話ですが、後のロシア文豪たち、ドストエフスキーやトルストイたちはこのゴーゴリからとても影響を受けました。
ロシア文学入門といえる作品です。
貧しさと、恐ろしいほどの寒さと、不条理さと、ときに病的な長さ(何であんなに長いかな、ロシアの極寒さが関係しているのか?)のロシア文学。
が、これは短編なので気楽に読めます。


図書館SA あっきー






新たな名前でごあいさつ

2019年4月17日 学生サポーター

はじめまして!

この4月から図書館の学生サポーターを務めさせていただきます

"もーにんぐ"です。

これからみなさんに本をより楽しんでいただけるよう、

私も楽しみながら頑張るのでよろしくお願いします!!

 

さて。

私のこの"もーにんぐ"というニックネームは

本名から連想して付けたニックネームなのですが、

みなさんは自分の名前についてどれくらい考えたことがありますか?

 

私は小学校で親に自分の名前の由来を聞いてみましょう!みたいな

宿題を出されたときくらいですかね...?

 

自分に新しい名前を付けることなんてそんなに多くはないので、

この機会にこちらの

自分の名前の美しさに気づく やまとことば50音辞典」で

この新しい"もーにんぐ"という名前について考えてみることにします。

yamato51mE8F7NDtL__SY346_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

この本には、50音の1音1音の象徴するイメージや

昔からの使われ方がとても読みやすくまとめられています。

 

では、"もーにんぐ"の頭文字の"も"について調べてみようと思います。

 

"も"のいにしえからのイメージは、

「優しい柔らかさ」「おっとり」「燃え上がる」とあります。

 

「優しい柔らかさ」「おっとり」と「燃え上がる」、

反対に位置しているようにも思えるイメージが

同じ"も"という1音に含まれているなんて面白いですね~♪

 

みなさんもご自身の名前に使われている50音を調べてみたら、

新たな一面や良さを見つけられるかもしれませんよ!

 

それでは、これから「優しい柔らかさ」「おっとり」の中にも

「燃え上がる」情熱を絶やさずに頑張っていこうと思います。笑

改めまして"もーにんぐ"をよろしくお願いします!

 

( 学生サポーター もーにんぐ)
これがまた面白い【新着映画】

2019年4月16日 学生TA

皆さん初めまして。学術情報センター、サポーターのJINです。
春学期が始まってしまいましたね。
新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます。新しい出会い、慣れない環境と、変化が大きく落ち着かない日々を過ごしているとは思いますが、
大学なんて速攻で慣れますのでご安心ください。
在校生の皆さま、ご進学おめでとうございます。新しいゼミでの活動や資格取得、就職活動等、これから始まることと思いますが、
限りある学生生活、無駄のない過ごし方ができると良いですね。

さて、御託はほどほどに今月のおすすめ新着映画紹介をします。
オススメの作品はこちら、

ミスター.jpg








私、アニメ映画を好んで観る人間ではないのですが、この映画は面白くてリアルに三回観てしまいました。

そんなインクレディブルファミリーですが、
{・アニメ映画好き・超能力物好き・ディズニーピクサ映画好き}な方
{・爽快感を求めている・悪を成敗したい・現実逃避したい}方
に特におすすめしたい作品でございます。

また、アクションだけでなく、家族愛、恋愛、思想に関連する要素も含まれているため、
それらに興味関心がある人にもおすすめしたい作品となっております。
ブログを読む
コメント
タグクラウド
リンク