あったらいいもの  『コミュ力』

  • 投稿日:
  • by

「『ともだち』とうまく付き合える『コミュ力(注1)』がほしい。」
「『コミュ力』のある人が羨ましい。」渡邉さん6月.pngのサムネイル画像のサムネイル画像
など、『コミュ力』を
『あったらいいもの』と感じる人は多いことと思います。

でも、
「自分は『コミュ障(注2)』だから、十分な『コミュ力』がない。」
という声も時折、聞かれます。
そのために就活や人間関係がうまくいかないと悩んでいる人もいるかもしれません。

個人的な意見ですが、おそらく、『コミュ力』とは、運動能力と同じように、
個人が持って生まれた性質と関連していて、訓練や学習によって高めることはできても、
誰もが一律に同じレベルで同じことができるようになるものではないのでは、と考えています。
また、瞬発力、調整力など、運動能力に様々な側面があるのと同じように、
『コミュ力』にも、言語力(話し言葉と書き言葉に分けられます)、即応力や洞察力といった様々な側面があり、
その人の個性、持ち味によって、高められる側面、補う側面などが異なってくることと思います。

そして、
運動能力と同様、『コミュ力』の高い低いに関わらず、どの人にも大切なことは、
無理しないこと
だと思います。
「そのコミュニケーション、無理してない?」
「自分は、本当にそうしたい?」
と、自身に問いかけてみることも必要ですね。
『ストレス感知警告灯』が作動してないかな?と。
(水曜日のカウンセラー)

注1)
コミュ力:コミュニケーション能力の略。他者と意思疎通を上手に図る能力(wikipediaより)
注2)
コミュ障:コミュニケーション障害の略。『コミュ力』が足りないことを指す。
     ネット上で使われ始めた言葉と言われています。

あったらいいなと思うもの  ストレス感知警光灯

  • 投稿日:
  • by

こういうものがあったらいいなと思います。

都築さん6月.png人によって、ものの感じ方はそれぞれです。
そんなことで?と思うくらいの小さなことで悩んでしまう人もいれば、
強いストレスでも動じない人がいます。
また、一見とても元気なのに、実はすごく悩んでいる人もいます。

これがあったら、優しい世の中になるかな・・・
でも、いつも周囲が真っ赤に光っていそうで、街を歩くのがつらくなるかも。
相手のストレス度合が見えるメガネでもいいかな、取り外しができるし。
ストレスって目に見えないから、厄介ですよね。
(火曜日のカウンセラー)



あったらいいもの ー ともだち??

  • 投稿日:
  • by

今回から「あったらいいもの」という、新しいテーマでつないでいきます。

大学に入って、「友達ができない」、「気の合う友達がいない」
学生相談室でお話を伺っていると、時々、出てくることです。
度合いは人それぞれですが、新入生は特に"大学で友達を作る"ということも大きな関心事のようです。
自分にピッタリ合う友達、なかなかいないんじゃないかなと私は思います。
見つかっている人は、すごく運のいい人だと思います。

高校までは、友達と行動することは当たり前のことで、いないと肩身が狭い。森.jpg
そんな感じかなと想像します。
でも、大学は少し違う場所だと思うんです。
社会に出たら、いつも友達と一緒に行動することは無理です。
ひとりでやらなくてはいけないことの方が多くなります。
だから大学での課題は、
「ひとりでも行動できるような自分になること」

友達は、誰でもいいわけじゃないから、
ゆっくり出会いを待ちませんか?
あなたに合う友達はきっといます。まだ出会ってないだけです。
そう信じて、ひとりの時間も大切にしてください。
自分とゆっくり向き合ってみてください。いいところを見つけてください。
(見つからないときは、学生相談室で一緒に探しましょう)
自分が少しわかってきたら、新しい出会いが待っていると思います。
(いつもいるカウンセラー)

春 ー 息抜きしよう

  • 投稿日:
  • by

「春」というタイトルでつないでいましたが、
寒暖差はあるものの、気温や日差しは初夏に近づいてきましたね。
4月から入学や進級等でそれぞれの生活が始まり、2ヶ月近く経とうとしています。
GWが終わったあたりから、少しずつ緊張も取れて
生活リズムも安定してくる人が多いと思いますが、
皆さんはいかがですか?

慣れてくることはいいことですが、気を張って過ごしてきた人は疲れも感じやすくなりますね。
ストレス解消、リフレッシュ、気分転換 そんな言葉はこの時期によく聞かれます。山森さん.jpg
あまり堅苦しく考えずに、
よく寝て、よく食べて、よく笑って。
何もしないでボーっとして過ごすのも悪くないですね。
上手に息抜きしましょう。
(金曜日のカウンセラー)


春 ― 春土用

  • 投稿日:
  • by

暦の上では立夏を過ぎどんどん夏になっていくのを感じます。
さて皆さんは、"土用の丑の日"をご存じだと思います。真夏にウナギを食べる習慣がある日ですね。
実は土用という期間は、夏だけでなく春・秋・冬にも存在します。
この期間は、土を動かしたり、穴を掘ったり、土に関する作業は行わない方がよいとされています。
今までは全然気にしていなかったのに、話を聞いたら気になっちゃうということはありませんか?
私は気になってしまい、なんとなく土を触れずにいました。
春真っ盛りで、花屋さんにはたくさんの花の苗が並ぶ季節なので、ずっとうずうずしていましたが、
5月4日に春土用の期間が終わったとのこと!
早速花の苗を買いに行こうと考えている木曜日のカウンセラーなのでした。

*ちなみに夏の土用は7月20日~8月6日 で丑の日は 7月23日と8月4日だそうです。
ウナギ以外にも「う」の付く食べ物や、シジミ、卵を食べるのもよいそうですよ。

春 ― 音楽で味わう春

  • 投稿日:
  • by

対面形式での授業が始まり、学内に活気が戻ってきましたね。
色とりどりの花も咲いて、まさに春本番ですね。
火曜日のカウンセラーさんが書いていたように、ここ数年、入学式や対面授業といった
当たり前のことが、奪われてしまうことの連続でした。
それでも、今年こうしてまた、春を迎えられたことに、大きな喜びを感じます。渡邊さん2.jpgのサムネイル画像

春といえば、様々な音楽が思い浮かびます。
ヴィヴァルディ、ベートーヴェン、メンデルスゾーンなどの名曲も有名です。
音楽を聴くとき、楽しい気分の時には楽しい音楽を、静かな気分の時には静かな音楽を聴きたくなる。
―『同質の原理』と呼ばれていますー
音楽にはそのような作用があると言われています。
長く聞き継がれた音楽は、人々の心に寄り添ってきたことでしょう。

人の営みも、季節と同じように、連綿とつながっていることを感じます。
当たり前のことができる日常を音楽と共に味わいたいと思います。
あらゆる場所の分断と対立がなくなることを祈りながら。
(水曜日のカウンセラー)

春 ー ご入学、ご進学おめでとうございます

  • 投稿日:
  • by

新入生のみなさん、ご入学おめでとう。在校生のみなさん、ご進学おめでとう。
今年は、ほぼ通常通りの入学式が行われてホッとしました。
入学式なんて、本当は当たり前のことなのだけれど。都築さん4月5日.pngのサムネイル画像のサムネイル画像
授業もオンラインはなくなり対面形式で行われる予定になっています。
これも当たり前のことなのだけれど。
ここ数年、
当たり前のことが奪われてしまうことばかりでした。
コロナしかり、戦争しかり、
皆さんの身近でも色々なことが起こったことでしょう。

「自分が思うよりもすぐそばに脅威はある。
なんて恐ろしいことなんだ」なんてブツブツ考えながら、
「でも、今年の桜はとっても綺麗だなあ」
なんて、のんきに眺めている自分もいます。

これからもきっと色々なことがある。
でも、みなさんがいい大学生活を送ることができますように。
学生相談室からも応援しています。(火曜日のカウンセラー)

2021年度から2022年度へ

  • 投稿日:
  • by

3月も最終週。週末からは、4月が始まります。
春学期の履修登録は、済ませましたか?思う通りの授業は、履修できましたか?
終わりと始まりが同居する今週。どんな気持ちを感じていますか?

「さあ、春学期も頑張るぞ」という人。鳥.png
「また、始まるのか」という人。
「特に、何も思わない」という人。
どう感じていても、時は流れているから、
春学期は始まります。
始まりに、少し後ろ向きな気持ちを持っている人、
先のことを考えると、ため息しか出てきませんよね。
そういう時は、目の前のことに集中してください。
今日1日、午前中だけ、この1時間、
どんなスパンでも大丈夫。
それを積み重ねることで、先につながるし、違う景色が見えるかもしれません。

始まって、うまくいけたらいいけれど、そうじゃなかったら、
翼館2階にある"学生相談室"を訪ねてください。
誰かに話してみることで、うまくいくこともあるかもしれませんから。
(いつもいるカウンセラー)

絵本

  • 投稿日:
  • by

この冬は雪が降ることも多く、寒さも厳しかったですね。気が付けば3月も中旬。
桜の開花予想も聞こえてくるようになりました。春はすぐそこです。

さた、この春休み、皆さんは何をして過ごしていますか?
大学は休みでも何かと忙しい人もいれば、ゆっくり過ごしている人もいることでしょう。

もし、時間に余裕があれば、普段見れないもの、
読めないものに触れてみてもいいのではないでしょうか。
最近、本を読んだことはありますか?
試験やレポートのための資料として本を読むことはあっても、
なかなか読書とまではいかないですね。
読書というとハードルが高く感じられる人には絵本もおすすめです。

「絵本=子どもの読む本」というイメージが強いと思いますが、
意外に大人が読んでも楽しめる、むしろ大人になってから読んだ方がおもしろいのも魅力です。山森さん.gifのサムネイル画像
子どもの頃に読んだ絵本が残っていれば、読み返してみるのもいいですね。
昔とは感じ方が違っているかもしれません。

私が大人になってから出会った絵本でお気に入りの3冊をご紹介します。
興味のある人は手に取ってみてください。
(金曜日のカウンセラー)

  「おこだでませんように」    くすのき しげのり・作  石井 聖岳・絵
  「にげてさがして」       ヨシタケ シンスケ・作 絵
  「あいしてくれてありがとう」  宮西 達也・作 絵  

 

年度の変わり目に

  • 投稿日:
  • by

春休みの静かな学内で、日に日に明るくなる日差しを感じながらこの文章を書いています。
木曜日のカウンセラーさんのブログ記事にもありましたが、
出会いと別れのあるこの季節、時は止まることなく常に流れ続けていることを
あらためて感じさせられる時期でもありますね。

全く個人的なことですが、私は秋から春まで楽しめる葉ボタンが好きです。
秋から育てた葉ボタンの苗が、年末年始を彩り、厳しい冬の寒さを越すと、
春には茎が伸びて黄色の小さな花をいくつか咲かせてくれます。
それを見るのが、毎年の楽しみの一つでもあります。
途中で枯れてしまって、うまくいかないこともありますが、葉ボタン.jpg
それでも時は流れていきます。
枯れた苗は私を責めることなく、
私にいろいろなことを教えてくれます。
そして、私は、去年とは違う自分になれる気がします。

新しい年度が始まりますね。
旧年度、うまくいった人も、そうでない人も、
春風が、新しい流れを運んできてくれることと思います。
(火曜日のカウンセラー)

P.S. 4月から、火曜日と水曜日のカウンセラーが交代します。よろしくお願いします。