今年は名古屋学院大学大学院設立20周年にあたります。ここから旅立った修了生は、その後の人生をどのように生きたのでしょう。今回は、本学大学院第1期生に人生の転機と大学院での学びについて語ってもらいました。

                            *  *  *

                                                    鈴木 明彦

                                                  (経済経営研究科経営政策専攻修士課程修了生)

■上司のひとこと

 大学を卒業して20年、書籍販売で大手の会社に勤めていた1990年代の後半、第1期生として名古屋学院大学大学院への入学を決意しました。当時仕事は順調で、同僚にも恵まれていました。ただ安定した会社員生活のなかで、新しい何かを見たいという漠然とした願望のようなものが日々膨らんできているのを感じていました。

 大学院に入ったことを会社に伝え、同僚にも話した半年後の営業部会議でことでした。会議が終盤に入ったころ、私の上司にあたる部長がこう言い放ちました。

「お前は俺を出し抜くきか。飛ばしてやるから見ておけ!」

 当時私は42歳の課長で部長は50歳になる頃でした。社員が仕事をしながら大学院で学ぶことに、部長も理解を示していたはずでした。社会人向けの大学院が日本で認識されつつあった時期です。今振り返れば、上司は時代の流れに乗ろうとする私を疎ましく思ったのだろうと理解できます

 

■大学院での温かな日々

 部長の言葉どおり、その1年後に、名古屋から岐阜の営業所に異動になりました。名古屋営業所から大学院のある名古屋・栄の中日ビルまでは徒歩10分程度ですが、岐阜営業所からは1時間ほどかかります。営業所長として赴任した手前、夕方からの授業を優先させることもできず、2年間で修士課程を終える目標は頓挫してしまいました。

「これが働きながら学ぶ院生の現実なのか......」

 ある冬の日、岐阜駅のコンコースに立つと、足の底から吹き込む冷たい風で心までも凍ってしまうようでした。しかし、ようやく時間を見つけて岐阜から出席した大学院の授業では、素晴らしくそして温かい時間を過ごすことができました。同期生と先生方が私の心中を知っていたのか、あるいは知らないふりをしていたのか、参加した授業の後には必ず"反省会"が催されました。参加者の中で最も収入が低い私のために安い店が選ばれ、上代は一人2,000円でした。多分誰かが不足分を払ってくれていたはずです。ここでは会社での身分は関係ありませんでした。夢を語ることさえできればよかったのです。

 認められない環境の中で、新しい世界を見ることができたのが社会人大学院でした。20年前の日本においてはまだまだ数少ない社会科学系の社会人大学院生として経験したことは、その5年後に迎えたターニングポイントで、その影響を実感することになりました。

 

ターニングポイントとしての大学院

 いろいろな立場の人たちが次のステージを得るために大学院に来ます。欧米のように、今の組織の中でキャリアアップを目指す人、新しい活躍の場所を得ようと勉強している人など。他の人達を見ていますと、大学院をターニングポイントにして直ちに新しい仕事を手に入れることも多いようです。私の同期生には、大手企業のトップで大学院に入り経営に素晴らしい成果を残したり、ベンチャー企業の経営者として事業を拡大したり、あるいは税理士事務所を大きくしたりと、すぐさま結果を出した人たちがいます。

 一方で、私のように働く環境から認められず、人的ネットワークも資金も持たない院生もいるはずです。そのような人にこそ社会人大学院の存在は大きいのではないかと、私は考えています。会社とは異なる視点から人生を見直すきっかけを得られるからです。仕事と勉学を両立させるために時間とお金をやりくりし、授業で新しい世界を見る、そして同窓との議論で刺激を受ける――私にとって大学院とはそんな場所でした。

 たとえ5年後、10年後であっても、自身の身体と心には大学院でもらった前向きな影響が残っています。社会人であるからこそ受けとめられた刺激が、どこかで育っているのです。

 

新しいステージへ

 私の場合は、大学院時代に受けた影響が長い時間かかって現れることになりました。大学院を3年かけて修了し、金沢で副支店長を、名古屋で営業部長を、そして東京本社で2つの部長を兼任して、5年間を過ごしました。

 学生時代から好きで入社したその会社は、働くことにプライドを与えてくれました。もちろんそのまま勤め上げることも選択肢としてありました。転機を迎えたのは、名古屋学院大学大学院経済経営研究科経営政策専攻修士課程の論文コース(現在の高等専門教育コース)を修了して5年後、50歳のときでした。私の背中を押したのは、まぎれもなく"大学院の力"でした。自身の人生の新しいステージに向かう意思決定は、永い時間を経て、仕掛けられていたタイマーのように突然出現したのです。

 私は現在、LCO株式会社という小さな会社の経営者です。大学図書館の運営や特許である震災軽減用図書館アイテム製作などを行っています。また、首都圏・関西両方で、NPOの立ち上げの一員として世界遺産関係・日本文化関係のアーカイブ構築に携わっています。思い返せば、現在のステージで押し進めようとしている仕事のほとんどは、大学院時代に将来構想として思い描いていたものです。そう、それは、大学院で、そしてあの居酒屋で、同期の院生に語っていた「夢」でした。

 

鈴木明彦(すずき・あきひこ)

2000年3月、名古屋学院大学大学院経済経営研究科経営政策専攻修士課程修了。2005LCO株式会社を設立し、大学図書館支援及びユニバーサル製品制作関連の業務に携わる。現在、同社代表取締役。また特定非営利活動法人カルチュラルヘリテージズジャパン事務長代理として、日本の文化遺産を世界に発信する事業にも係わる。

こんにちは。大学院事務室です。

8月も残り僅かとなりました。

今年の夏は記録的な雨量や日照不足で全国的に天候不順で異常気象でしたね。

名古屋もご多分に漏れず夏らしくない夏でした。

だから、スッキリ夏のような青空も少なく、プールや海に行こうという気にもなかなかなれず、もやもやした気分です。

 

そんな今年の夏ですが、本学通信制大学院では8月11日(金)から15日(火)に恒例の

「夏季スクーリング」が行われました。

 

博士前期課程1年生は11日から14日の4日間で、1日4コマ(1コマは90分)の面接授業がありました。

4日間も勉強漬けでさぞかしハードだろうと思うのですが、なぜかみなさん楽しそうに講義を受けたり、

雑談しながらお昼ご飯を食べたりしていました。

きっと日頃は地元で個々の生活や仕事をしながら独りで研究や学修に取り組む通信の大変さを感じておられる学生さんたちが

スクーリングで顔を合わせてお互いに情報交換しながら励まし合っているんじゃないかと思いました。

 

15日には、博士前期課程2年生のスクーリングがあり、同時に博士論文・修士論文中間発表会がありました。

今年は博士後期課程の学生さん1名と博士前期課程の学生さん18名が全国各地から集まってそれぞれの研究内容について発表を行いました。

 

中間発表①.JPG                                                         中間発表②.JPG   

                                                                                                                                                                                                      P1030336博士②.jpg 

P1030345博士①.JPG

 

発表者はみなさんレジュメやパワーポイントをしっかり準備し、とても落ち着いて発表され、

質問の受け答えも実に堂々としておられて関心しました。

他の院生さんの進み具合も分かり、1月の論文提出に向けて大いに刺激を受けたようでした。

また、質問や意見交換も活発でしたので、きっとそれらを持ち帰って、博士論文や修士論文の

ブラッシュアップに役立てることと期待しています。

 

発表会には前日までスクーリングを行っていた博士前期課程1年生も多数参加し、上級生の発表を聞いたり、

質疑応答に加わったりしており、きっと来年への参考になったと思います。

 

スクーリング期間中に行われた「懇親会」は、普段なかなか会うことのない仲間や先生と交流する貴重な機会でもあり、

みなさん、とても有意義な時間を過ごされたことと思います。

 

スクーリングに参加されたみなさん、本当にお疲れさまでした。

大学院事務室では、日常の家事や仕事しながら通信で研究や学修をしている通信制大学院生の学びを

今後とも強力にバックアップさせていただく所存です。

こんにちは、大学院事務室です。

お盆休みも終わり、みなさんお仕事モードに切り替わりましたでしょうか。

 

さて、お盆休み前の8月5日(土)に大学院では税法系演習所属の方の中間発表会が行われました。

今回の中間発表の発表者は来年1月に修士論文を提出予定の2年生ですが、

1年生や先生方が聴講され、多くの方に参加していただく形となりました。

P1030301.JPG

 

発表者に対し、先生方から叱咤激励があり、これからの論文執筆本番にむけて

非常に良い刺激になったことと思います。

 

院生さん全員が悔いのない論文を執筆できるよう、事務室はみなさんを応援しています!!

 

こんにちは。

あっという間に8月も半ばですね!!

大学院は夏休みに入りました♪

とはいえ、院生のみなさんは修士論文や準備や課題を進めることでなかなか一息つく暇もないのでしょうか。

 

さて、大学院では7月22日(土)に経済経営研究科経営政策専攻博士後期課程において博士(経営学)の学位を

取得された皆さまで結成された「博士の会」と共催で、研究発表会を開催しました。

 

当日は、小林学長、皆川経済経営研究科長、博士の会会長の太田さんのご挨拶にはじまり、学位授与者による

2つの発表と経済経営研究科教授の十名直喜先生によるアフターセッションが行われました。

 

1人目の発表者は2017年3月に学位を授与された宮島康暢さんです。

143(2).JPG

テーマは「中小企業の発展段階に応じた「経営理念に基づく経営計画」の策定および実行に関する研究

―情報の非対称性緩和の視点から―」

このテーマは宮島さんの博士論文のタイトルでもあり、博士論文の目的から残された課題について発表をして

いただきました。

発表の後、コメンテーターとして、2012年3月に学位を授与された朝原邦夫さんにコメントをいただきました。

P1030265.JPG

朝原さんからは宮島さんの発表に対する細やかなコメントと今後への期待を込めた意見がありました。

 

 

2人目の発表者は2012年3月に学位を授与された古橋敬一さんです。

P1030267.JPG

テーマは「存続可能なまちづくりの実践―地域創造の視点からのアプローチ―」

ご自身が書かれた博士論文ことから、現在古橋さんが事務局次長を務める、港まちづくり協議会の活動を

まちづくりの実践事例として発表していただきました。

発表の後にはコメンテーターとして、2015年6月に学位を授与された井手芳美さんにコメントをいただきました。

P1030281.JPG

井手さんからは古橋さんの研究の魅力と現在進行形で自ら実践していることをテーマとしている古橋さんへの

応援の言葉がありました。

 

十名直喜先生によるアフターセッションは「仕事と人生を深く楽しむ技と知恵―博士論文の創造と発展の道―」を

テーマに博士論文を仕上げるノウハウや苦労、また、博士号取得後の研究継続の大切を十名先生のこれまでの

研究人生をもとにお話しいただきました。

P1030294.JPG

 

参加された方には、研究の進め方や着目点など自分とは違った視点や考え方に触れ、よい刺激になったのではないでしょうか。

修了生だけではなく、在学生や一般の方にも多数ご参加いただき、とても意義のある時間を共有されたのではないかと思います。

 

今回のように本学在学生、修了生以外の方にもご参加いただける行事につきましては、

名古屋学院大学ホームページにてご案内しますので、ご興味のある方はぜひご連絡くださいね☆

大学院講義の様子

| | コメント(0)

こんにちは。

大学院事務室の小島です。

 

暑さに負けず、夏を楽しまれていますか?

税理士試験に向けてラストスパートで毎日頑張っている方、夏休みを楽しみにされている方、

暑さで毎日ヘトヘトな方、色んな方がいると思います。

 

さて、今日は経営政策専攻博士前期課程の講義科目を紹介したいと思います。

紹介するのは上田教授にご担当をいただいている「会計監査研究」です。

 

こちらの科目では現代企業における監査の役割について学び、

会計監査の必要性や波及効果を理解することが目的となっており、

講義では監査の目的、手法や前提条件についての考察、現在の制度に至った経緯について概観します。

P1030220.JPG

 

 

P1030227.JPG

「監査」という言葉を聞くととても厳しく細かそうな印象を受けますが、

写真からもわかる通り、上田教授の講義はとても明るく和やかです。

上田教授はこの講義を通して監査の持つ影響力の大きさや現代的な監査の意義を確認することで経済社会人としての

規範意識について改めて問いかけてほしいとおっしゃっています。

 

夏休み期間も大学院では経営政策専攻の修士論文中間発表会や入試説明会が開催されます。

ご興味のある方はぜひサテライトへお越しくださいね。

こんにちは。

大学院事務室の小島です。

 

前回に続き、今回も受講生の方から学外指導の写真を提供していただけたので、

ご紹介します♪

 

<味の素の工場見学>博士後期課程「経営戦略特論」の講義にて

味の素_4105.JPG

今回もみなさん、とても楽しそうに参加されていますね!

科目担当の林教授は、講義では製造業の戦略・組織について取り上げ、

今回の工場見学では製造業等の産業史の理解を深めることを意図されています。

 

直接、自身の目で見ることによって新たな発見や曖昧だった部分が明確になったのではないでしょうか。

 

この写真を提供してくれたベトナムからの留学生の院生さんは、

ベトナムの大学で学んだ経営政策について、忘れていたことが多かったが

この講義を受講したおかげで思い出すことができたと話してくれました。

また、新聞や本を通して日本人の仕事の仕方はまじめであると知ってはいたが、

自分の目で生産工程を見たことで、実感したし感動したと感想を聞かせてくれました。

 

今後も大学院の講義の様子や行事についてお知らせしていきますね。

 

こんにちは。大学院事務室です。

7月に入り、夏本番!毎日暑いですね。

みなさん夏バテには注意してくださいね。

 

さて、今回は大学院の講義の様子をお知らせしたいと思います。

タイトルに「受講生から」とあるように、受講生の程さんが

母国のご家族に大学院での授業の様子をお知らせするお手紙を

大学院のブログでみなさんにも伝えられたらと掲載をさせていただけることになりました。

 

程 永帥 殿

 

拝啓

 大学院経済経営研究科博士後期課程で、博士論文作成に向けて準備を進めています。

 講義「経営戦略特論」では、日本の生産様式の強さの秘密を理解するためにいくつかの

工場を見学中です。

 工場見学は商品の源流、歴史や商品の改善工夫、管理方法など、よい品を追求する

経緯を勉強する場です。

 

見学先は

アサヒビール 名古屋工場見学

コカ・コーラボトラーズジャパン 東海工場見学

トヨタ産業技術記念館見学

です。

 

 講義や研究生活が充実している様子のわかる、見学工場の3枚写真を同封しました。

 早く博士論文の完成を報告できるように研究をがんばりたいと思います。

 

                                                敬具

程 遠紅

アサヒビール工場見学.png 

 コカ・コーラ工場見学写真.png

 トヨタ会館.png

程さんがご紹介しているのは経営政策専攻博士後期課程の林淳一先生の講義の一環で行われた工場見学の様子です。

実際に生産現場へ足を運び企業ごとの産業史、組織、経営管理上の工夫などを学び、講義をより深く理解することが目的です。

有意義な時間をすごされたと感じますし、みなさんとても楽しみながら勉強されていることが写真から伝わり、見ているこちらも嬉しくなります!

 

今後も、大学院の様子をブログでお知らせしていきます♪

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。大学院事務室の小島です。

 

まだ7月上旬というのに、この連日の暑さはどうなんでしょう。

名古屋は毎日30度越え、もう大変です。

 

でも、九州北部では集中豪雨で大きな被害が出ています。

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、外国語学研究科では7月8日(土)に恒例の『修士論文中間発表会』をおこないました。

 

今年度の発表者は修士論文提出予定(3月修了予定)の院生さんで、英語学専攻が4名、

国際文化協力専攻が1名でした。

各自が自身の研究テーマと進捗状況、現時点でのまとめと考察に加えて、今後の課題と展望などを発表し、

その発表について、先生方やその他の参加者からアドバイスを受けたり、意見交換をおこなったりしました。

 

発表者はみなさんとても堂々と発表され、参加者からの質問や意見にも的確に答えていました。

自身の研究テーマに参加者が関心を抱いてくれれば、ある意味で発表は成功といえるのではないでしょうか。

参加者からの質問や意見も彼らの研究をよりよいものにしてあげたいとの意図もうかがうことができましたし、

彼らもそれらの意見を取り入れて自身の研究をより高めたいという姿勢が見て取れました。

全体を通してとても有意義な発表会だったと感じました。

外語中間発表1.JPG  外語中間発表2.JPG                

                                    

発表者にとっては日ごろの自分の研究に対して、貴重な意見を多く聞くことで、今後の研究の大きなメリットとなりますし、

この時点で他者から指導や助言を受けることは、その内容の以後のプロセスで修士論文作成に十分に反映できる絶好の機会となったと思います。

 

発表会には、毎年多くの先生方や院生さんが多数参加してくださいますが、今年は学部生のみなさんや外部の方も参加してくださり、

用意した席がほぼ埋まるほどでした。

年々、発表会の規模が拡大し、院生さんの研究成果を聞いてくださる方が増えることは嬉しい限りです。

 

発表の準備が大変だったり、発表時にはガチガチだったりした発表者も、終了後は一様にほっとした様子で、

仲間や先生方と三々五々と慰労会(?)にでかけていきました。

みなさん本当にお疲れ様でした。

 

でも、発表者のみなさんはむしろここからが正念場です。

修士論文の提出はおよそ半年後です。

これから修士論文の執筆に取り掛かり、お正月明けの提出期限まで、ますます大変になります。

論文の完成までには多くの時間と労力が必要ですが、どうぞ頑張ってください。

大学院事務室はみなさんそれぞれが納得のいく素晴らしい論文を仕上げることができるよう応援しています。

 

 

2018年度入学の大学院案内と入学試験要項の配付が始まりました。

大学院について詳しく知りたい!という方は、お気軽に資料ご請求ください!!

大学院資料請求 http://www.ngu.jp/request/

2016年度修了式

| | コメント(0)

みなさん、こんにちは。

大学院事務室の小島です。

 

もうすぐ4月だというのに寒い日が続いていますね。

でも、桜の蕾も少しずつ膨らむ様子を見ていると、春になってきたんだなと実感します!

 

さて、今年も3月21日は本学の修了式でした。

今年もたくさんの学生さんが修了され、晴れやかなみなさんの笑顔が眩しかったです。

大学院では、修了されるみなさんに記念にアカデミックガウンを貸し出していて、

アカデミックガウンでの修了式の参加、2年間ともに頑張った仲間と撮影会ができちゃいます♪

 

☆アカデミックガウンでの撮影の様子はこちら☆

⑭DSC_2319.JPG

⑯DSC_2304.JPG

 

☆ゼミの先生とゼミのメンバーで集合写真☆

⑥DSC_2371.JPG

 

夕方からは修了のお祝いで大納会が開催されました!!

大学院での学生生活をご一緒にすごされた仲間やご指導いただいた先生方と楽しいお時間を過ごしていただけましたか?

⑫DSC_2334.JPG

⑤DSC_2341.JPG

 

②DSC_2324.JPG

毎年、ゼミの先生のスピーチ、各ゼミを代表して1名にスピーチをしていただきます♪

⑬DSC_2360.JPG

⑨DSC_2347.JPG

⑦DSC_2345.JPG

③DSC_2330.JPG

先生方のスピーチは、これから新しいスタートを切るみなさんの心に残るものだったのではないでしょうか。

 

院生さんからは事務室にむけてお手紙やコメントいただいたり、一緒に写真を撮ろうと声をかけてくださって、

嬉しかったです。

新しい年度の始まりも間近に迫り、より一層がんばろうと私たちのほうが元気をいただきました。

ありがとうございます!!

 

大学院事務室では、修了されたあとも自習室をご利用いただくことが可能です。

お近くにいらっしゃった際には、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生からのお中元2016

| | コメント(0)

みなさんこんにちは。

大学院事務室の小島です。

あっという間に7月も終わりに近づきましたね。

朝からセミの大きな鳴き声が聞こえて夏を実感します。

 

今回は大学院をご担当していただいているある先生からお中元でいただいた本をご紹介します。

怨歌劇場(鈴木先生より).JPG

帯にもあるように、「火垂るの墓」で有名な野坂昭如の作品を滝田ゆうが漫画化した短編集で、

「戦争」をテーマとした作品が12篇監修されています。

私もこちらの本はまだ最後まで読んでいませんが、今までに先生からいただいた本は、

癒される話が多く、自分の日常に置き換えて「こうすればよかったのか」と勉強になったり、

「これでよかったんだ」と納得できたりして、支えられました。

今回はテーマが戦争ということで、なかなか自分からは選ばないジャンルのため、新しい発見がきるのではと楽しみにしています。

 

皆さんにも読んでいただけるようサテライトの学生ラウンジへ配架しますので、講義前や、休憩時間など読んでみてくださいね。

 

 

Photos

  • P1030336博士②.jpg
  • P1030345博士①.JPG
  • 中間発表②.JPG
  • 中間発表①.JPG
  • P1030301.JPG
  • P1030308.JPG
  • P1030305.JPG
  • P1030294.JPG
  • P1030281.JPG
  • P1030265.JPG

カテゴリ