いよいよ・・・

| | コメント(0)

 

こんばんは。サテライト大澤です。

さて、いよいよ今週末、土日が大学院(通学制)の第Ⅱ期入試となります。

ドキドキしている方もいらしゃるんじゃないでしょうか。

 

さてその入試ですが、各専攻によって、また受験方法によって試験科目が異なりますので、

試験対策も当然ながら異なってきますよね。

しかし、

どの専攻、受験方法でも必ず課せられるものがあります。

 

それは、

「面接」です。

 

では、その面接で何が聞かれるのか、どうしたらいいのか書いていきたいと思います。

 

面接は、試験官3名、受験者1名受けていただくことになります。

面接では以下の点について質問します。

①大学院で何を研究したいのか。(またはなぜその分野を研究したいのか)

②どのような論文を書きたいのか。

 

当たり前といえばそれまでなんですが、

大学院って研究をする場ですからね。

これが(ある程度)定まっていてほしいと思います。

また、英語学専攻では、ネイティブの先生が面接官となりますので、

当然英語でのやり取りになりますね。

 

そして、面接は1人20分~30分程度行います。

「口下手だからそんなに長く話せない~」

っていう方。

・・・がんばってください。

プレゼン能力を高める訓練だと思って。

 

各専攻・受験方法における試験(小論文だとか)、書類審査、そしてこの面接を併せて、

合否が判定されます。

 

面接は、どの専攻・においても課される = 一番重要な試験、

と理解いただければ結構です。

ですので、何を聞かれてもいいように、しっかりと準備をしてきてくださいね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、大学院事務室が2011年2月 1日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「口頭試問(続き)」です。

次のブログ記事は「すっかり・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。