最近のブログ記事-名古屋学院大学 ブログポータルサイト

明日は就活カフェ!! - 名古屋学院大学 名古屋キャリアセンターブログ

2019年1月23日 名古屋キャリアセンター | コメント(0)

こんにちは、

今日のサポーターは平山、高橋、奥田が担当しました。

 

試験期間中の影響でキャリアセンターに来る人が少なかったです。

そのため、私たちは明日の就活カフェに備え準備をしていました。

 

様々な業界に就職する先輩と交流のチャンスです!入退場も自由なので、是非来てくださいね!

就活カフェ限定の資料や、お菓子なども準備していますよ♪

ハナ、トゥル、セッ! - キリスト教センターブログ

2019年1月23日 キリスト教センター

今日は、1月23日。「1・2・3」の日ですね。

韓国語では、「いち・に・さん」のことを「ハナ・トゥル・セッ」と言います。

これ、写真を撮るときの掛け声としても使われるんですよ。日本では「はい、チーズ」ですよね。


さて、どうして今日は突然「韓国」の話をしているのかと言いますと...、なんと実は今日、しろとりチャペルに韓国からお客さんが来てくださったんです!


商学部の神山美奈子先生のご紹介で、「東海監理教会」(監理=メソジスト)というキリスト教会から、約20名の中高生や牧師さんたちが来てくださいました。チャル オショッスムニダ~(ようこそお越しくださいました~)。


訪れてくれたみんなも、韓国語が全然分からない僕も、お互いに緊張していたようですけれども、チャペルに入ると、韓国語と日本語で『花も』という賛美歌を歌い、牧師さん(韓国語で「モクサンニム」あるいは、先生という意味で「ソンセンニム」といいます)が、名古屋学院大学のことを神さまにお祈りしてくださいました(多分!)


その時の映像がこちら(映像は韓国語のみ)。


その後は、チャペル前で記念撮影。

親指と人差し指でハートを作る韓国発祥のポーズで、「ハナ、トゥル、セッ」!

IMG_5883.JPG


短い時間でしたが、とても楽しい交流のひと時でした。カムサハムニダ!また来てね~!


頑張っているのに愛されない人 - 名古屋学院大学読書ブログ

2019年1月23日 学生サポーター

こんにちは、ウィニーです。
恋愛では、その人の長所も短所もすべて表れてしまいます。
弱点を隠そうと無理して頑張っても、自分のコンプレックスを隠しきれるものではないんです。
失恋すると、冷静に考えられることは少ないもので、どうしても相手を責めてしまいます。悩みや苦しみはいつまで経っても解決しません。
恋愛を重ねてもいつもうまくいかない理由はこの本にあります!

愛する能力があれば人は何とか生きていける―心理学者として長年活躍を続ける著者が人生を振り返り、最も大切だと痛感した愛について、冷静かつ情熱的に語った一冊です!!
(学生サポーター :ウィニー)

1月も半分過ぎました! - 名古屋学院大学 名古屋キャリアセンターブログ

2019年1月22日 名古屋キャリアセンター | コメント(0)

こんにちは!本日のサポーターは荒木が担当しました。

 

テストも落ち着いてきたのか、

履歴書の添削に来てくださる学生が多かったです。

 

先生に相談しながら、自分の性格や今までに経験してきたことを話すと、

具体的な言葉で話したいことが見つかると思います。

 

2月から業界セミナーや面接講座が始まってきます。

ぜひ今のうちから、準備ができる履歴書やエントリーシートを

仮にでも良いので、完成させると3月に良いスタートができると思います。

 

何を書いたらいいか分からない方も、それを伝えていただければ

なんでも相談に乗ります!

 

あさっての24日(木)には就活カフェでたくさんのOB,OGもいるので、

ぜひご利用ください!

インスタSTYLE。 - 名古屋学院大学読書ブログ

2019年1月22日 学生サポーター

こんにちは! " くうこう "です! (*^_^*)


タイトルを見ると充実したインスタライフの本紹介っぽいですが、

違います。 笑 ごめんなさい。



今回紹介する本は、

インスタグラムと現代視覚文化論』です!



ついにインスタグラムを研究した本の登場ですよ。。。 

我々の生活に大きな変化をもたらした一つのアイテムです。

インスタやっている方も多いのでは?
身近なあの人もやってたりするかな。

ただ、別に写真を撮っているだけなのに、
インスタか? って言われるのは

やってない側からすると、イラつく 笑


さて、そんなインスタ。
みんながインスタをするのは

写真で" いいね "を稼ぐわけではなく、

人々の
美的センスが刺激されているのでは。。。

新たなアイテムを研究することで、
新たな発見は起こります。

現代社会の人間は不思議な心理状態に陥っているかもですね。

今までに無い感性が発見されるのでしょうか。





( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

テストお疲れ様です!! - 名古屋学院大学 名古屋キャリアセンターブログ

2019年1月21日 名古屋キャリアセンター | コメント(0)

こんにちは!!本日の就活サポーターは中川・伊藤が担当しました!

テスト期間に入り、テスト勉強が忙しい中でもキャリアセンターに足を運んでくださりありがとうございます。業界・企業研究をはじめている学生さんが増えてきていると感じています。まだ業界・企業研究が進んでいない学生もいると思います。そんな皆さんにオススメしたいのが2月4日~2月13日にОB・ОG学内業界セミナーです!たくさんの先輩方が来てくださいます。是非参加してみてください!!

 

グリフィンドォォォォォォル - 名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ)

2019年1月21日 学生TA

こんにちは、学生サポーターのさとぅーです。

最近、USJのCMを見る度にハリー・ポッター・ザ・ライドの映像を見る気がします。
自分が最後にUSJに行ったのが10年近く前なので、ハリー・ポッター・ザ・ライドが存在していなかったので、どの辺りにできたのかイマイチ想像ができません。
どこかのエリアを潰したのか、土地を拡大したのか...とても疑問に思っています。

今回は、USJ繋がりでハリー・ポッターの紹介です。
紹介するのはこちら。
賢者の石.jpg
あらすじ:
「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」。幼い頃に両親を亡くし孤独な日々を送っていた、ハリー・ポッターのもとに驚くべき手紙が届く。
ハリーの両親は名高い魔法使いで、彼もその血を受け継いでいたのだ。魔法魔術学校での新たな生活に心躍らせるハリー。
しかし巨大な怪物トロールの出現をきっかけに、不気味な事件が起こりはじめる。
事件の核心に迫ったハリーを待ち受けていたのは、両親の死にも関わる宿命の対決だった...。
(Amazon商品ページより引用)

生きていたら一度は観たことがあると思われるハリー・ポッターシリーズの第一作目。
今見ると登場人物たちが非常に若い。それもそのはず、賢者の石が放映されたのは2001年と17年前なのです。さとぅーはまだ小学校に入学していないと思われます。

それはさておき紹介です。
ハリー・ポッターシリーズはシリーズ後半になると非常に殺伐としてきます。闇の帝王なんて恥ずかしい呼び名のある名前を言ってはいけないあの人との魔法バトルが行なわれるようになると、殺伐としたシリアスが続きます。
しかし、第一作である賢者の石では殺伐とした雰囲気はほとんどなく、学園ファンタジーで気が滅入ることなく観ることができます。

この作品は学術情報センターにありますので、ぜひ視聴してみてください。

以上、賢者の石と聞くとハガレンを思い出す、学生サポーターのさとぅーでした。

(学生サポーター:さとぅー)

狭い門から入りなさい。 - キリスト教センターブログ

2019年1月21日 キリスト教センター

センター試験も終了し、なんとなく平穏な空気が流れているような感じがする、週明けの名古屋学院大学。でも、本学の学生さんの中には、今週まで試験がある!という人もいますよね。もう少し、気持ちが落ち着かない日々が続きますけれども、試験に向けての皆さんの備えを神さまが支えてくださいますように。そして何と言っても...

余計なことに気を取られずに、いま為すべきことに集中できますように!笑


「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。」(マタイによる福音書7章13節)

世界に目を向ける 展示 - 名古屋学院大学読書ブログ

2019年1月21日 学生サポーター

みなさん、こんにちは。
タケヒロです。


今日は、3階図書館入口付近にて開催中の展示について、紹介したいと思います。


今回のテーマは、「世界に目を向ける」と題しまして、
主に、紛争やテロさらにはそれによって自国からの避難を余儀なくされた、
難民に関する本や、


「平和」について考えるための、国際社会の取り組みや活動を記した本であったり、
そこからさらに広く、グローバル化が進む
現代の主権国家に課される責任を問う本など、

「国際関係」、「国際政治」分野の本を集めてみました。

CIMG0924.JPG




















CIMG0926.JPG




















国や世界を変えるために立ち上がった人々に関する本も展示。

CIMG0927.JPG




















日本にも、尖閣諸島や北方領土など、領土問題は存在しています。
しかし周りを海に囲まれ、
またロシア、中国ともたしかに良好な関係とは言い難い中でも、
互いに、国交を樹立し、あらゆる場面で、
協力しあう関係にあり、
戦争のリスクを深く認識している為、
実際に戦争が生じる危険性は無きに等しいといえますが・・・。



しかし、世界には領土、国境画定が原因で紛争が生じるケースが
多く存在します。

つまりそれは、毎日が、「死の危険」と隣り合わせだと言うことです。

『わたしの出会った大切なひと言』という本に、
私の好きな言葉があります。

それは、
「私が無駄に過ごした今日は、
昨日死んだ人が痛切に生きたいと思った一日である。」

というものです。



世界には、物心がついたころには働くことを覚えさせられる子どもがいて、
違う地では、人を殺すことを教えられる子がいます。

字を学ぶよりも先に、生きる為に戦うことを学ばせられる国が存在しているのです。


そんな現代において、

私たちにできることは、正直少ないかもしれません。
しかしだからといって、「自分には関係ない」と、遠い地のこととして目を背けるのではなく、

世界で起きている「事実」として、
そこに目を向けることに、なにかしらの意義があるのではないかと思います。



時間があったら、是非読んでみて下さい!!

(学生サポーター:タケヒロ)

- 名古屋学院大学 名古屋キャリアセンターブログ

2019年1月18日 名古屋キャリアセンター | コメント(0)

 こんにちは。本日のサポーターは呉と西尾が担当しました。

テスト週間なので、キャリアセンターに通う学生が少なくなってきたなと感じます。

テストで忙しく、来る時間がないかもしれませんが、帰る前に10分でもよって、新しい情報を見つけたり、先生やサポーターと話をしてから帰るだけでも違ってくると思います。

時間を有効活用して単位も内定も両方とも手に入れれるようにしていきましょう!

ブログを読む
コメント
タグクラウド
リンク