先生からのお中元2016

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさんこんにちは。

大学院事務室の小島です。

あっという間に7月も終わりに近づきましたね。

朝からセミの大きな鳴き声が聞こえて夏を実感します。

 

今回は大学院をご担当していただいているある先生からお中元でいただいた本をご紹介します。

怨歌劇場(鈴木先生より).JPG

帯にもあるように、「火垂るの墓」で有名な野坂昭如の作品を滝田ゆうが漫画化した短編集で、

「戦争」をテーマとした作品が12篇監修されています。

私もこちらの本はまだ最後まで読んでいませんが、今までに先生からいただいた本は、

癒される話が多く、自分の日常に置き換えて「こうすればよかったのか」と勉強になったり、

「これでよかったんだ」と納得できたりして、支えられました。

今回はテーマが戦争ということで、なかなか自分からは選ばないジャンルのため、新しい発見がきるのではと楽しみにしています。

 

皆さんにも読んでいただけるようサテライトの学生ラウンジへ配架しますので、講義前や、休憩時間など読んでみてくださいね。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5646

コメントする

このブログ記事について

このページは、大学院事務室が2016年7月26日 13:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先生からお土産をいただきました」です。

次のブログ記事は「2016年度修了式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。