修論の審査

| | コメント(0)

 

こんにちは。サテライト大澤です。

さて、先日の修論提出でほっとしている方も多いと思いますが、

実はここからが本番なんです。

 

そう、修論を提出して終わり、なんてことにはならないんですね。

修論の提出後には、その審査があります。

その審査は、「口頭試問」というものです。

 

口頭試問では、論文提出者が、その内容を審査員の前で発表します。

と、同時に審査員が提出された論文について質問をし、その質問に回答します。

これを1時間程度行います。

 

もちろん審査員は本学の教員ですし、事前に提出された論文を読みこんできます。

当然質問も専門的になりますね。

 

また、修了の可否については、

・提出された論文の内容

・質疑応答の結果

以上により判断されます。

 

会社勤めの方ですと、コンペのプレゼンといったところでしょうか。

修了するには、上記の過程をクリアする必要がありますので、

しっかりと準備をしてきてくださいね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、大学院事務室が2011年1月18日 17:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お疲れ様でした」です。

次のブログ記事は「体調管理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。