修士論文の体裁について

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

こんにちは。サテライト大澤です。

大学院生の方、特に2年生の方は論文の作成にかかりっきりで、

ブログなんか読む暇もないと思いますが、

論文の体裁について少し書いてみたいと思います。

 

論文は、

・要旨

・目次

・本文(注・脚注含む)

・参考文献

で構成されます。

要旨は、最大10ページまで、

本文は原則50ページ以上で提出していただくことになります。

当然、提出にあたっては、指導の先生にチェックしてもらってくださいね。

 

さて、提出いただいた際は、事務局でもチェックしますが、

毎年指摘させていただいている事項があります。

それは、

『ページ建』です。

 

ページ建は、

要旨から1ページ

目次から1ページ

本文から1ページ

参考文献から1ページ

と、してください。

よくある間違いが、本文と参考文献を連番とするケースです。

間違いがあると、受付できませんので、注意してください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/1628

コメントする

このブログ記事について

このページは、大学院事務室が2011年1月12日 18:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いよいよ・・・」です。

次のブログ記事は「論文」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。