大学院の紹介⑩ 大学院の入試【通信】

| | コメント(0)

 

こんばんは。サテライト大澤です。

大学院の紹介も計⑩回を数えました。

説明ばかりで、読みづらいかもしれませんが、引き続き我慢して読んでくださいね☆

 

さて、今日は通信制大学院の入試方法について書いていきたいと思います。

 

通信制大学院の入試は、通学制のとは異なり、多様な入試方法はありません。

1)英語学専攻(博士前期過程)入学試験

2)英語学専攻(博士後期過程)入学試験

この2つのみです。

社会人の方も、外国籍の方もすべてこの2つの入試方法で受験いただくことになります。

意外とあっさりしていますね。

 

さてさて、出願資格はというと・・・。

こちらは通学制とほぼ同じです。

 

主に、

博士前期過程は、4年生の大学を卒業していること。

博士後期過程は、修士の学位を所持していること。

といった具合です。

 

 

・・・。なんだ普通じゃん。

 これじゃぁ特にブログで書く必要もなかったかもしれませんよね。

 

しかしあえてこのネタを書いた理由。

それは、11日、12日が通信制大学院(英語学専攻博士前期過程)の入試日なのです。

しっかりアピールさせていただきます。

 

さてさて、この通信制大学院の入試ですが、

11日(土)~大阪   12日(日)~東京 と地方入試です。

 

通信制大学院の博士前期過程では、関東・関西在住の方も受験しやすいよう、

年に1回、東京・大阪で入試を行います

今年度も多くの方から出願をいただきました。

 

さて、この地方入試。

来年も予定しています!

ですので、来年度以降受験をお考えの方はぜひこの地方入試もご利用ください。

よろしくお願いします。

コメントする

このブログ記事について

このページは、大学院事務室が2010年12月 9日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大学院の紹介⑨ 大学院の入試【通学】」です。

次のブログ記事は「大学院の紹介⑪ 出願資格について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。