馬術部

馬術部

Detail

ごあいさつ

■馬術部からのご挨拶

みなさんは4年間の大学生生活をどのように過ごそうと考えていますか。学生最後の時間をクラブ活動にかけてみるのはいかがでしょう。数あるクラブ活動の中でも馬術部は、他のクラブと少し違った人生経験が得られます。
まずは、生き物を扱っているがゆえにオフ期間がないことです。夏休みや冬休みは部員が交代して休みます。決して楽なクラブではありませんが、その分、充実感が確実に得られます。同じ努力を重ねてきた仲間との絆も計り知れません。まさに一生の仲間を築けます。人生を振り返った時の「青春を〇〇に費やした。」〇〇を馬術へ注いでみませんか。
次に、馬術競技そのものです。馬術は力を必要としないスポーツであり、女子選手でも男子選手に勝ることができます。更には未経験者でも努力しだいで活躍することができます。実際に大学では現在10頭の馬を所有していますが、かつては国体の優勝馬を育て上げた実績もあり、初心者から始めた先輩方を含め、女子選手も何度も全日本学生馬術大会へ出場しています。もちろん他の馬も試合ではその力をいかんなく発揮してくれ、複数の大会で受賞しています。まさに本学馬術部の強みであり特徴は、「指導力」です。
馬術には「人馬一体」という言葉があり、「人」だけが良くても「馬」だけが良くても好成績は収められません。誠心誠意を込めて、馬の世話をすれば、馬もその誠意に応えてくれるという訳です。