名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > 100年先にも伝えたい

100年先にも伝えたい

こんにちは。
学生サポーターのまっくろくろすけです。
今回私が紹介する作品は、

この世界の片隅に.jpgのサムネイル画像

























この世界の片隅」です。

この作品は、


18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがります。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来ます。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていました。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まりました。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的です。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていきます。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会います。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱えます。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていきます。それでも毎日は途切れることなく続いていきます。
そして、昭和20年の夏がやってきます――。


(公式 この世界の片隅に[映画] 引用 )


  と言いう内容になっています。

クラウドファンディングによって、全国に広がっていった映画です。

長く、深く後世に語り継がれていく映画だと思います。

是非一度、観てみてください!!!




以上、学生サポーターのまっくろくろすけでした。
(学生サポーター まっくろくろすけ)



2019年5月16日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3893)

月別アーカイブ

アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2019年5月

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ