名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > ラスト5分で全てが覆る

ラスト5分で全てが覆る

こんにちは、学生サポーターのさとぅーです。

最近は急に寒くなってきたので、体調を崩しやすい季節になってきましたね。(執筆時10月中旬)
自分は喉をやられ2日ほど声が思うように出せませんでした。
気温が25℃を超えることもなくなってきたので、急いで長袖の上着などを引っ張り出しました。
皆さんは体調管理をしっかりして、体調を崩さないように気を付けてください。

さて今回のDVD紹介をしていきたいと思います。
今回は普段自分が観ないような作品で、らしくないとは思います。
紹介する作品はこちらです。
「イニシエーションラブ DVD」の画像検索結果
    「イニシエーション・ラブ

あらすじ:
<Side-A>
1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。
しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。
奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。
流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが...。
<Side-B>
二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。
それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。
しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める...。
(Amazonより引用)

この作品は二つの視点でストーリーが進む作品です。初めにSide-Aで、次にSide-Bという順番です。
Side-Aでは鈴木とマユの甘い恋愛ストーリーなんですが、Side-Bになると鈴木とマユの関係が変わっていき、目を覆いたくなるような(DVなのかな?)シーンも出てきます。
しかし、ストーリーの構成や魅せ方が非常にうまい作品です。自分はラスト5分まで、「最後の5分で全てが覆る。」の意味が分からず見ていました。
ラスト5分からがこの作品の本領発揮なので、観賞する場合は途中で投げ出さないことをオススメします。


「イニシエーション・ラブ」は曙館4階学術情報センターにあるので、ぜひ視聴してみてください。

以上、直前に観た「海街diary」の印象がこの作品のインパクトに塗り替えられた、学生サポーターのさとぅーでした。

2017年10月24日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ