名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > 図書紹介 > 「伝わる」パワポの作り方とは?

「伝わる」パワポの作り方とは?

みなさんこんにちは~
春の陽気で気分の良いHoonでございます。

さて、みなさんも授業が始まってそろそろパワーポイントに向き合う時期になってきた方もいるかと思います。

パワーポイントというのはヴィジュアルで表現するのに比較的簡単で、思い通りに作れるという特徴があります。

そこで、できる人はちょっとひねりをいれたくなるもの。



ですが、ちょっと待った!



それって本当に伝わりますか?

アニメーションや凝ったデザインで圧倒したいだけで、
本質であるコンテンツを覆い隠してしまってませんか!?

それでは意味がありません。本末転倒というやつです。

パワーポイントは自己表現をするものでもありますが、最終的には聴衆に見てもらうものです。

だったらどっちに合わせるか?もちろんあなたの目的次第ですが、聴衆に「聞いてもらいたい!」とか、「知ってもらいたい!」というのであれば、間違いなく照準を合わせるべきは聴衆の方です。

じゃあ、聴衆に集中して聞き入れてもらえるようなパワポを作るにはどうしたらいいか?

その答えを知りたい方は「東大式伝わるパワーポイントスライドの作り方」をご覧あれ。

a9.jpg

























(Student Supporter: Hoon)

2017年4月19日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ