名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > リロードリロード(^o^)

リロードリロード(^o^)

みなさんお久しぶりです(ノ´∀`)ノ
最近のマイブームはラジオのカシスオレンジです

いやぁ~
もうすぐハロウィンですね(∩´∀`)∩
このごろ存在感を強めてきましたハロウィンは
古代ケルト人の一年の終わりということを
この度、初めて知りました
来年には、忘れそうな雑学ですね(`・∀・´)

私は、もっぱら見る専門ですが
あまりハメを外しすぎて
黒歴史にならないように楽しみましょう。



それでは
おすすめの映画を紹介します

ダウンロード (1).jpg






























     『ボウリング・フォー・コロンバイン

内容紹介

1999年4月20日、コロラド州リトルトンのコロンバイン高校で起きた
少年二人による銃乱射事件を機に見えたアメリカ銃社会の現状。
なぜ銃を捨てる事ができないのか? 
そんな根本的な問いに"マイケル・ムーア"が
自慢の突撃取材でタブーとされてきた銃社会アメリカの病理を暴く!

(amazon参照)

はいでました(^O^)/
春菜じゃねーよマイケルムーアさんの
ドキュメンタリー映画です


みなさん日本人留学生射殺事件を知っていますか?
1992年の10月17日ルイジアナ州バトンルージュで起こった事件です。
この事件を境に
銃を身近にある日常的なものとして暮らしているアメリカと
日常生活においてほとんど銃を見ることがない日本に
銃社会のありかたと意識の違いについて
考えさせられる契機になりました。

今回の紹介した映画は
1999年4月20日にコロラド州リトルトンの
コロンバイン高校で起きた銃乱射事件を背景に
全米ライフル協会会長やコロンバイン市民へのインタビュー
アメリカの銃社会の歴史検証
他国との比較など
様々な方面で見えるアメリカの銃社会問題が
浮き彫りに出されます。
なぜ、アメリカだけがこれほどまでに銃犯罪に脅かされるのか?
どうして国民は銃を捨てようとしないのか?
アメリカが抱える銃社会問題の真相とは?


アメリカの銃社会が知りたい方は
ぜひ一度ご覧ください

2014年10月30日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ