名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > イントゥ・ザ・ワイルド

イントゥ・ザ・ワイルド

みなさん、あけましておめでとうございます(・´з`・)

今年は、どのような年になるのでしょうかねー♪

ちなみに元旦におみくじを引いたところ僕は半吉でしたww

 

さて、もうすぐテスト期間に入ろうとしていますが、みなさん具合のほうは大丈夫ですかー?ww

心は焦っているのに勉強していない自分が情けないw

そんなことあるあるですよねー、きっとw

 

はい、こんな状況でも僕は映画の紹介をしていきますよー(´・ω・`)

ひとつ気になるものを見つけたので紹介します。

こちらです!!

819PM6Kc3CL__AA1500_.jpg

 

イントゥ・ザ・ワイルド

 

この横顔、僕を見ているかのような。なんだか親近感がわいてきちゃいます。w

よって今一番観たい映画で№1になりましたー(^O^)/ぱちぱち

 

概要はこちら

ショーン・ペン監督最高傑作、衝撃の実話を映画化!
恵まれていた22歳の青年は、なぜ独りアラスカを目指したのか-

1992年アメリカ最北部、アラスカの荒野でクリストファーという若者の死体が発見された。裕福な家庭に育った優等生の彼が、なぜ全てを捨てて旅立ち、2年間の放浪の果てにアラスカで最期を迎えたのか。
ジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーはこの出来事を綿密に取材し、ノンフィクション「荒野へ(原題:Into The Wild)」を発表、一躍ベストセラーとなった。この「荒野へ」に激しく心揺さぶられたショーン・ペンが10年近くをかけて映画化権を獲得。実力派のスタッフ&キャストが結集し、ついに本作「イントゥ・ザ・ワイルド」が完成した。理想と現実のギャップに悩み、全てを捨てて真実を追い求めた主人公の姿は、見る者すべてに衝撃を与える。
旅の終わりに彼が知った"真実の幸福"とは・・?

主演のエミール・ハーシュは、18キロの壮絶な減量を敢行。実際にクリスが着ていた服に身を包みアラスカに立つ渾身の演技は必見!
他にも、共にアカデミー賞受賞者であるクリスの両親役のマーシャ・ゲイ・ハーデンとウィリアム・ハートや、本作で83歳にして初のアカデミー賞助演男優賞候補となったベテラン俳優のハル・ホルブルックなど、実力派のキャストが結集!

アラスカの壮大な自然、臨場感のある圧倒的な映像美や、映像とシンクロするエディ・ヴェダーのエモーショナルな音楽が作品を盛り上げる!

ワイルドだねー!!

流浪の旅人ってかっこよすぎ(・´з`・)

実話をもとにしてるところがまた素敵♪

ぜひ観たいと思います。

 

こちら館内利用なので借りれないですが、みなさんもぜひ学術内でみてくださいね!

それではこの辺で、またね(^O^)/

2013年1月12日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ