どのように目を覚まさせますか?

|

初めまして!

春から学術情報センター(図書館)に勤める"レモン"といいます。

若輩の身ながら先輩方の力も借り

皆さんの図書館ライフのサポートが出来ればと意気込んでます。


さてさて新学期が始まりましたね!

暖かい日もあれば冷え込む日もあり朝布団から出るのが辛い人がいると思います。

筆者自身そうなので共感できる人がいると嬉しいです!!


そんな辛い毎日、皆さん朝どのように目を覚ましますか?

朝ごはんを食べる、 顔を洗って歯磨きをする、身なりを整えるなどあると思います。

そんな中モーニングコーヒーで目を覚ますというシチュエーション。


憧れたことはありませんか?

そしてコーヒーについての発言で、


"良いコーヒーとは、

   悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、

                           そして恋のように甘い。"


このように話した人物がいると知っていましたか?

そうその人物とは大半の人が一度は聞いたことがある、

     シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ぺリゴールです!

                      (意外とマイナーな人物でしたか?)

彼は主として外交に辣腕を振るい、偉大な政治家であり、食通としても有名な人物です。


そんな彼の名タレーランが入ったタイトルであり、

珈琲店で繰り広げられる物語興味湧きませんか?

きっと湧くはず!多分...。湧いてくれるといいな...。


ではでは、お待ちかね本の紹介に移ります。(待ってなかったかな?)

本のタイトルは珈琲店タレーランの事件簿です。

珈琲店.jpg





















物語は珈琲好きの主人公が偶然導かれて入った珈琲店「タレーラン」で運命の出会いを果たす。
長年追い求めた理想コーヒー、魅力的な女性バリスタの切間美星だ。
美星の聡明な頭脳は店に持ち込まれる日常の謎を解き明かしていく。
だが、美星には秘められた過去があり......軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈な作品です。


皆さん機会があれば是非図書館に足を運んでみてください!!

(学生サポーター レモン)
栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索