長いお別れヽ(・∀・)

|

みなさんこんにちは

毎日が遠回りカシスオレンジです(・ω・)ノ

 

いやぁ~

ビブリオバトル参加させて頂きましたー

会場が図書館の一角であったため

とても開放感があってよかったです。

今回のビブリオバトルを通して

自分にはあまりビブリオバトルには、向いていない気がしました。

緊張もありますが、私にはプレゼンテーション能力が著しく欠如しており

制限時間のあるなか喋るのは苦手だなぁと

他のバトラーの方々を見てつくづく感じました。

というか心が折れかけましたね。

こうやって栞輪にひっそりブログでおすすめしている方が

自分の性にあっている気がしました。


チャンプになった方々は、おめでとうございました。

京都に行けるよう健闘を祈ります。


それでは、今回のビブリオバトルで紹介した本を紹介しましょう。


4150704619_01__SCMZZZZZZZ_.jpg


 

 

 

 

 

 

 

『ロンググッドバイ』


「内容紹介」

私立探偵フィリップ・マーロウは

億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。

あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。

何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。

しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。

が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた...

大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が

村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。

アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞受賞作。

(amazon参照)


はい、でました(>ω)

今回またしてもノーベル文学賞を逃した( ꒪꒫꒪ )

世界のHARUKI MURAKAMIさんの翻訳です。

最近では、NHKでドラマ化され浅野忠信さんが主役を演じていました。

ヽ(・∀・)ノ
 

あくまで、作家の村上さんが

翻訳するということは

相当この本に思い入れがあるそうで

それを、体言するかのように

50ページ近く、あとがきが書かれておりました。

 


今回、初めてのハードボイルド&準古典小説で

なかなかのページ数と感情移入できない乾いた文体でしたが

非常に気の利いたシニカルなセリフ回しに悦に浸れました。

例をあげると

「握手するほど親しくなることはない」

「法律通りことを進める警察なんかはいやしない」

「汚れた新聞紙と間違えて君の顔を踏まないように気をつけよう」

などなど人の神経を逆撫でするような饒舌で

さらっとした毒舌がたくさんあり

おまけに

「大衆というのは、分厚い本に何か価値があると思い込んでやがる」

と読者さえも皮肉っていたりします。

あげくの果てには

ファイトコミュニケーションとでも言うのでしょうか

行く先々で相手にふっかける喧嘩口調は

だいたいが「歯医者に行きたくなかったら~」から始まり

「とっととうせやがれ」で終わる、始末になるのですが

日本では、考えられないブラックジョークで

読んでいて癖になっていました。

 

物語の魅力は

なんといっても、タフでシニカルな語り手である

私立探偵フィリップ・マーロウを存分に味わえる作品であり

同時にもう一人の主人公テリー・レノックスとの

ある種の友情が最大の魅力ではないでしょうか?

そして

読了後は、『グレート・ギャツビー』を彷彿とさせる

どこか切ない哀愁に包まれること間違いなしです。


ようやくこの長く思案したブログ記事ともお別れです。


最後に、あまりに有名で一番心に残ったセリフを紹介しましょう。

To say goodbye is to die a little.

「さよならをいうのは、少し死ぬことだ」

  

ハードボイルドと最高のあとがきが読みたい方は、ぜひご一読を。

 

(学生サポーター:カシスオレンジ)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索