2013年9月アーカイブ

せっかくNGUにきたなら!

|

皆さまこんにちは。

秋学期は順調にスタートを切れましたでしょうか?

あーんど聖書を読んでいますか?

 

クリスチャンでもそうでなくてもせっかく名学に入ったなら、

授業以外にも一節くらい聖書に目を通したいものです。

 

なぜかというとですね。大学で学問していく時に、自分の宗教が何であれ、

聖書に触れておくと、自分の専門分野の理解が深まることがありますよ~

てなことをいいたいのです。

 

なんでも聖書って世界一売れてる本なんだそうです。

また、一口に聖書といってもその種類たるや膨大です。

いろんな出版社が出していたり、翻訳されていたり。

そもそも聖書自体、旧約や新約その他様々な文書類の集まったものであり、

一冊としての成立には半端ない歴史と人々が関わっています。

そしてその歴史にかかわってきた多くの国々は

聖書の中に表現される考え方に大きな影響を受けているわけです。

その影響は実に根深く、そうとは認識できないレベルにも存在します。

 

例えばアメリカの映画には、ストーリーの中にキリスト教的な要素が描かれることがありますね。

例えばイギリスの法律にはキリスト教に基づく考え方で制定されている法律もあるのではないでしょうか。

例えば現在のイスラム教国の政治、経済、紛争などの歴史的背景にも関わっているでしょう。

(聖書の一部はイスラム教の聖典のひとつでもあります。)

 

歴史、政治、法律、経済、商業、文化、言語...宗教以外のどんな分野であっても

学んでいくうち、聖書の考え方が影響を与えているという可能性に突き当たることがあります。

そんな時聖書の内容知ってると、「あ、それでこんな考え方するのか」とわかる瞬間があったり。

したら楽しくないですか?

ほらね、案外お役立ちなんですって~。

ワタクシ的には日本語と英語対訳タイプになっている聖書は、

語学の勉強的にもおススメしたいところです。

 

あ、ちなみに、テスト時期になると図書館のカウンターに

「聖書ありますか?」と借りに来られる学生さん時々いらっしゃるんですが、

実はこの質問、司書的にはちょっと悩ましい。

多分おたずねの意味は、「(授業で使っているのと同じ)聖書ありますか?」

なのだろうと思います。 でもって回答としては

「授業で使われている聖書は図書館にはないのですが、

それ以外のものならいろんなタイプの聖書がありますよ。」

なのです。

 いやほんと聖書っていっぱい種類あるから!

指定のテキストだけが聖書じゃないのよ~!

図書館にもそのほんの一部だけど、いろいろあるから見に来てくだされ!

 そんなこともお知らせしたいスタッフなのでした。

 

(名古屋のスタッフ るん)

 

 

秋学期(ー_ー)!!

|

皆様お久しぶりです、毎日が薔薇色のカシスオレンジです(^O^)/

秋学期が始まりました(+o+)パチパチパチ

皆様、幻の薔薇色キャンパスライフを掴むよう、日々のご健闘を祈っております。

 

さてさて夏休みは、いかがでしたか?

良い思い出がたくさんできましたか?

 

ちなみに私は、気仙沼のボランティアに参加したことが忘れられない思い出となりました。

被災地支援は、今回が初めての参加ということもあり、心もとない気持ちでしたが

終わってみれば、現地の方々の優しさや憂いに触れたり、各大学の方々とたくさんの交流ができたり、とても充実した一週間でした。

そしてなにより現地をこの目で見て、現状を聞けた、ということが一番の経験になりました。

特に、気仙沼市に打ち上げられた漁船の「第18共徳丸」を解体する前に見れたのは、僥倖でした。

 

私は、主に牡蠣の養殖のお手伝いをしておりましたが

そのボランティア中に一冊の本を紹介されたので、こちらにも紹介します。

 

 

41PJXNKTKQL.jpg

 

『森は海の恋人』

 畠山 重篤著

 

著者の畠山さんは、牡蠣、ホタテの養殖に従事し、家業のかたわら「海は森の恋人」をキャッチフレーズに気仙沼湾に注ぐ大川上流の

室根山で植樹活動を行いました。

漁場に注ぐ川がよいこと、川の上流には広葉樹林があることが良き牡蠣ができることを説いたことが有名で

教科書にものったことがあり、マンガ「美味しんぼ」にも登場したことがあるそうです。

 

まさか、ボランティア中に本を紹介されると思っていなかったので、これも何かの縁ということで。

また機会があれば読もうと思います。

 

 季節の変わり目なので、体調管理には気をつけて、秋学期頑張りましょう。(^◇^)

 

それでは今日もいつも通りな法学部資料室から

(名古屋の学生サポーター カシスオレンジ)

秋色瀬戸キャンパス

|

朝晩は、涼しいを通り越して肌寒いくらいになりましたね。

秋晴れのある日、昼休みにキャンパス内を散歩しました。

 

 

外から見た瀬戸図書館。

目に染みるような、深い深い青色の空がきれい。

 いろいろ 009.jpg

 

 

玄関のガラスに、空の色が反射してます。

いろいろ 027.jpg 

 

 

風は爽やかでさらっとしていましたが、

陽射しはまだ強くて、肌がちりちりしてきました。

歩いていると、汗もしっかり出てきます。

いろいろ 035.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の名残りを惜しむように、

小さなひまわりががんばって咲いていました。

いろいろ 023.jpg 

 

 

そして、夕暮れ時。

図書館の玄関から見える景色は、斜光線の金色に彩られます。

いろいろ 066.jpg 

 

西日もカウンタまで差し込むようになり、

しみじみ秋の訪れを感じます。

いろいろ 071.jpg

 

 

瀬戸の冬は長くて厳しいので、

過ごしやすくて、食べものも美味しくて、

色彩豊かな秋が、少しでも長く続いてほしいなと思います。

いろいろ 076.jpg 

 

本を読んでいないのを写真でごまかしたうぱこでした<(_ _)>

 

(瀬戸のスタッフ うぱこ)


『風立ちぬ』の関連本

|

みなさん、映画『風立ちぬ』は観に行かれましたか?

宮崎駿監督が長編アニメ制作からの引退を表明して、

『風立ちぬ』が監督最後の映画となりました。

 

ジブリはこれからも続くとは思いますが、宮崎監督の映画を

観られないと思うととても残念です・・・

 

 

今日は映画『風立ちぬ』に関連する本を二冊ご紹介します。

 

零戦.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

零戦:その誕生と栄光の記録』 / 堀越二郎著

 

 

風立ちぬ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

風立ちぬ;美しい村』 / 堀辰雄著

 

 

『風立ちぬ』は飛行機の設計技師である堀越二郎をと文学者の堀辰雄をモデルに、

戦争の時代に生きた人々を描いています。

 

映画を観た方にも、これから観る方にも読んでもらいたい二冊です。

 

(名古屋の学生サポーター りっきー)

 

読書の秋には

|

 

読書の秋、には少し早いですが

 

たまには、一日ゆっくり本を読みながら過ごしてみたいと思います。

 

それでは、私が最近読んだ本を紹介します。

 

これはタイトルが衝撃的でした。

 

ある奴隷少女に起こった出来事

      INCIDENTS IN THE LIFE OF A SLAVE GIRL

 ハリエット・アン・ジェイコブズ著

 堀越ゆき訳 

 大和書房

 

ある奴隷少女に起こった出来事.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1820年代のアメリカ。

その時代、奴隷という制度があり、その運命を背負った少女がたくましく生きる姿を描いたノンフィクション。

少女の知恵、たくましさを感じました。

 

 

2冊目は、

 

永山則夫 封印された鑑定記録

 堀川惠子 

 岩波書店 

 

永山則夫.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み始めて連続射殺事件犯の名前であると知る。

 

彼は獄中で手記や小説を書き、世間から注目を集めた。

 

貧しさから親から愛情を与えられることもなく、学業など受ける機会もなかった結果、犯罪を起こすに至ったという。

 

母親に捨てられるという体験をした彼の母親は、同じようにわが子を捨てた。当時の話を聞く鑑定医師に対して、彼女は悪びれたところなく語った。

 

 

***

 

どちらかというと重たい内容の2冊でしたが、

考えるところは多く、読書の新たな世界が広がりました。

 

 

(瀬戸のスタッフ  FUJIsan)

 

次は何年後?

|

12年待ちました。

(いや、ずっと待ち続けていたわけではなく、気付いたら出ていたんですが、、、汗)

 

昔ハマったシリーズものに新刊が出たんです。

『十二国記』

 

(画像はシリーズ1作目の「月の影 影の海」)

 

小野不由美さんのダークファンタジーです。

NHKでアニメ化もされており、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

当時は私や私の周りでもブームになっており、

私は知人から全巻(10冊くらい?)借りて読んだのですが、

相当な勢いで読破した記憶があります。

まだまだ物語は途中で、早く続きが読みたいシリーズではあったのですが、

「新刊が出るかも!?」と噂がたっては消え、

12年が過ぎてようやく出ました(笑)

それが 丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)です。

 

ただ残念なことに、今回出版された新刊は、シリーズの続きという感じではなく、

今までの物語の'行間の物語'という感じで、

続きが読みたい!と思っていた人間からすると少しガッカリかも・・・。

 

しかーし!! またしても「続きが出るのでは!?」との噂があるようで(笑)

頼むから未解決の部分だけでも解決してくれ~!と願う私は、

また待ってしまうのでしょうね...。^_^;

 

 

(瀬戸のスタッフ かりんとう)

 

 

Mary Elizabeth Klein.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  栞輪では、これまでに2回、本学の創立者フレデリック・チャールズ・クライン(Frederick Charles Klein、1857-1926)について触れました。
「『敬神愛人』の意味」ではクラインの略歴をふりかえり、「『敬神愛人』を育てたもの」では、そのルーツを探しました。クラインの日本伝道は、常に夫人とともに行われていました。そこで、今回は名古屋の女子教育に携わったミセス・クラインをとりあげます。

■まだ見ぬ国、日本へ
 メアリ・エリザベス・パットン(Mary Elizabet Patton)は、1861年11月25日、ピッツバーグに生まれました。メアリがF.C.クラインと結婚したのは、1883年8月16日、21歳のときでした。二人が横浜に到着したのが、その年の9月23日ですから、船での移動であったことを考えると、結婚後ただちに日本に向かったことになります。その4年後、クラインが横浜からキリスト教未開の地である名古屋に布教の拠点を移すと、メアリも同じく女子教育を開始します。不衛生な環境の中、赤痢に罹りながらもメアリは、教育への情熱を失いませんでした。

■名古屋英和女学校
 当時、学校を開設するために公人とのつきあいが欠かせませんでした。このため、メアリは、知事や市長の家族に料理や英語を教え、関係を深めていきました。クラインの布教活動の根源が信仰心であったことは言うまでもありませんが、彼の情熱を支えたのは夫人であるメアリであったとも言えるのです。
 1888年、名古屋英和学校設立の翌年、その分身として名古屋で最初の女子ミッションスクール名古屋英和女学校が発足し、校長にミセス・クラインが就任しました。名古屋英和女学校は彰栄女学校と改称したのち、1896年に残念ながら廃校にいたっています。
 ミセス・ランドルフが金城女学校の前身女学専門冀望館を設立したとされるのは、1889年、名古屋英和女学校が設立されて1年後のことでした。

■女子教育のフロンティアとして
 このように歴史を顧みると、ミセス・クラインは、愛知県における女子教育のフロンティアととらえることができるのです。名古屋学院中学・高校は男子校です。そこを母体に設立された本学は、どこか男子校のイメージがあるようです。ここで、女子教育の先駆者としてミセス・クラインに注目すると、本学に大きな財産があったことに気づかされます。夫とともに、おそらくは初めて母国をでて日本にやってきたミセス・クラインは、女学校の校長として名古屋の女子教育を啓こうとしました。その姿は、本学から海外留学に飛び立つ現代の女子学生の姿と重なって見えるのです。

 参考文献

1)  クランメル, ジャン『メソジスト・プロテスタントチャーチ・イン・ジャパン』 日本基督教団横浜本牧教会, 2006

2) 『金城学院百年史』 金城学院, 1996

3) 『来日メソジスト宣教師事典』 ジャン・W. クランメル編 教文館, 1996 

 

(瀬戸のスタッフ りんたろう)

SPICE&WOLF

|

みなさんこんにちは

毎日があとの祭りカシスオレンジです。

長期休暇が始まり、留学、旅行に出かける人など何かと遠出したくなりますね。

そんな私も、そうだ京都に行こうなんて画策しております。

さてさて今日は、例のごとくオススメの本を紹介します。

51NGJS1A0ZL__SL500_AA300_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『狼と香辛料』 支倉凍砂著

ラノベかよって、ツッコミがありそうですが

私から言わせるとライトノベルにしておくのがもったいない作品で

ヘビーノベルと言うぐらい個人的に思い入れがあります。

 

物語のあらすじ

主人公である行商人のロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。

少女は狼の耳と尻尾のはえた美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。

「わっちは神と呼ばれていたが、わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。

しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。

そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。

疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが...。

 

貨幣経済が定着した中世のヨーロッパを舞台とし

王政や教会、商会などの利害関係、土着の信仰や慣習風習など

忠実に再現された世界観です。

そんな中、行商人ロレンスが訪れた土地で交易を行い、金儲けをするお話です。

商談の駆け引き、はたまた賢狼ホロとの駆け引きや心理戦は

ハラハラドキドキしてとても見所があり、少しは経済の勉強になる?と思います。

 

「おもしちろそー」「読みたいなぁ」と思っている方には残念なお知らせがあります。

※本校には、所在していません(>_<)ごめんなさい

どうぢでも読みたい方は、マイライブラリから図書の購入依頼を行ってください。

ちなみにアニメ放送していたので、気になる方はレンタルなどして見てください。

 

 

それでは、今日も今日とて穏やかな法学部資料室から

 

(名古屋の学生サポーター カシスオレンジ)

さよなら さよなら さよなら(´・ω・`)

|

黒い人は...引退いたします(ノω・、) ウゥ・・

 

こんばんは、3年半お世話になりました。

黒い人です。

 

なんだかんだで3年半もの間、白鳥キャンパスの学術情報センターでお世話になりました黒い人ですが、このたび修士論文が無事(?)に審査を通過いたしましたので、9月に卒業することになりました。

栞輪は3F 図書館のスタッフさんが中心となって書いてくれているブログなので、黒い人のメインは学情ブログのほうでしたが、たまにお世話になっていたのが栞輪でした。

「book cafeの紹介本 個別紹介ブログ」「黒い人の古典シリーズ」などなど、やり残したことは多々ありますが、今回で最後とさせて頂きたく思います。

 

もしもいつか、また黒い人の記事がアップされたら、

 

「相変わらずはっちゃけているなぁ」

 

と、生暖かい目で見ていただければ幸いです。

 

長い間お世話になりました。

またいつか、何かの機会にお邪魔で来たら幸いです。

 

 

(名古屋の学生サポーター 黒い人)

長いお休みの時こそ...!

|

せっかくの夏休み、あれもこれもやりたいことは

いっぱいあったりするけれど、今年はあえてのんびり

休息をとろう!と心に決めて、

でも何にもしないってのもつまらないので

いつもはちょっと苦手な長編タイプの本を読んでみようと思いました。

 

で、選んでみましたこの本。

 

百年法.jpg百年法 上・下

 

日本はアメリカ発の不老技術を導入し永遠の若さを

得たと同時に世代交代を促すため、不老処置を

受けたものは100年後に死ななければならない法律

「生存制限法」も併せて導入していた。

そして西暦2048年、その生存制限法の適用が迫って

きた中で人々の想いが交錯していく。

 

 

そんなお話しです。なかなかスリリングな設定と

不老ではないものの、あながち他人事ではない

社会状況が描かれていて重たい話しですが、

読んでいて引き込まれます。

 

たいてい上巻まで読むとギブアップしてしまう私ですが、

果たして下巻に手をつけ、読みきれるのでしょうか?

 

(あれ?まだ読み終わってないの?)

...う、...ええ~っとぉ...

そっちの方がスリリングな夏になりそうです。

(だめじゃん!)

 

(名古屋のスタッフ るん)

 

うちはうち!よそはよそ!!

|
そんなに言うならよその子になりなさい!

な~んて、

言ってられないのが学術です!


こんにちは。一応、本学経済学部政策学科(現・総合政策学科)出身。
今日のお昼の事をずっと考えている、お弁当を忘れた黒い人です。


小学校・中学校・高校で、経済学を学んだ人は、そんなに居ないと思います。

例えば、公民や社会系の授業で、ある程度触れることはあるでしょうし、経済学でも利用する計算法は、中学・高校の数学でやります。
しかし、大学でやっている基礎的な経済学演習は、よほどレベルの高い学校でなければ、やらないことが殆どです。

でも、経済学の基礎知識程度の部分は、社会に出れば当たり前に必要となるので、ある程度は知識として持っておきたいです。
というわけで、こちらをご覧ください。


516lJHf5lnL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

まぁこの本がアメリカの高校生の教科書ってわけではないんですが...
こんなレベルの勉強をしてますよって感じの本ですね。

経済学部の学生さんはもちろん、他学部の学生さんにもお勧めですよ!!
読みやすく、理解しやすく、解きやすい本になっていますよ~。
 
 

(名古屋の学生サポーター 黒い人)

 

史上最高の決戦

|
61Wo1eudtvL__SS500_.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロ野球が好きです!
生まれも育ちも愛知県ですが、ジャイアンツファン。
最近は坂本勇人選手に夢中の為、ドームにもよく観戦に行ってます。
 
巨人VS中日の中で、1994年10月8日同率首位決戦はプロ野球史上最高の決戦といわれています。
学生の皆さんは当時何歳だったのでしょうか? 94年生まれの方もいますよね。
松井選手がまだ巨人入団2年目、立浪選手も若く、現巨人原監督も現役、今中・桑田両投手もバリバリの頃です。
 
試合前夜
長嶋 「明日はとにかく大一番だ。国民的行事になるし、痺れるところで行くからな」
桑田 「監督、痺れるとこっていうのは・・・」(先発? クローザー? それともワンポイントリリーフ?)
長嶋 「うん? もう痺れるところですよ、クワタ!痺れるとこで、ね。頑張ろう! よし!」
 
今年国民栄誉賞を受賞した長嶋監督、やっぱりおもしろいなあと思いました。
選手・監督・コーチに詳細に取材して書かれていて、読み応え充分。
やっぱり『史上最高の決戦』です。
 
 
                                             (瀬戸のスタッフ emirin)
 
 
若いころは、肉を食べたり煙草を吸ったりしていたそうです。

私は、米を食べすぎて太りました。
そんなに肉が好きというわけでもない、黒い人です。


や、たまーに食べたくなりますけどね?お肉。
しかし意外と魚が好きだったりもします。


前回はマザー・テレサで、今回はガンディーです。
勿論紹介するのはこちら、

515PwSc8KwL._SL500_AA300_.jpg
(例によって英語漫画版ですw)


晩年は厳格な菜食主義者として知られ、特に「自ら実をつけ、熟し、落とすものを食べるべきだ」としたガンジーは、穀物・豆類・果実類・牛乳・はちみつに限定していたそうです。(はちみつは、蜂が消費する以上に貯まるので、少し分けてもらっても大丈夫なのです。)

ガンディーは、非暴力主義者として有名であり、1948年に自身が暗殺された際も、自らの額に手を当て、イスラム教の「あなたを許す」という意味の動作を犯人に向かって行った。とのことです。

ガンディーの言葉には、
弱いものほど相手を許すことが出来ない。
許すということは、強さの証だ。

見たいと思う世界の変化に、あなたがなりなさい。

善きことはカタツムリの速度で動く

良心の問題に関しては、多数決の法則は適応されない。

明日死ぬと思って生きなさい
永遠に生きると思って学びなさい

もし過ちを犯す自由がないのならば、自由を持つ資格がない。

目には目をという考え方では、世界中の目をつぶしてしまうことになる。

どっかのだれかさんには耳の痛いことかもしれませんねw


ちなみに、憲法9条に関して、
「日本は太平洋戦争後、日本国憲法をもってして非暴力主義を取った。」

とか

「非暴力主義を国是とする日本国が、自衛隊という抑止力を持つのは誤りだ。」

とか、耳にすることがあるかもしれません。

しかし、そもそも日本国憲法 第9条は、「戦争放棄」に関する条文であり、「自ら他国や他者への武力攻撃をしないよ」という条文なので、「非暴力が日本の国是」というのは何か違いますね。
この辺は、翼館の法学部資料室に憲法研究の蔵書があるので、気になる人は読んでみましょう。

論文にもできますよ(`・ω・´)


そして、ガンディーが唱えたのは、無抵抗主義ではなく非暴力主義ですので混同しないようにしましょう。

簡単に言うと、
無抵抗主義...暴力による抵抗をせず、言論による抵抗を行う。
非暴力主義...可能な限り暴力はやめよう。でも無抵抗を通す必要はないよ。
みたいなニュアンスですね。

どこまで行っても、相手を許すことのできない人が多いです。
ガンディーは、自分に対して大変厳しく、他者に対して寛大だったそうですが、そこまで強くなれないというのが、人間的なのかもしれませんね

弱いものほど相手を許すことが出来ない。
許すということは、強さの証だ。

内面的に、強くないたいものですね。
 
 

(名古屋の学生サポーター 黒い人)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索