あなたを好きになって本当に良かった

|

誰もがひとつやふたつは抱えているコンプレックス。

それが深刻であればあるほど、冗談でも口には出せないし、

自分でも気にしていないかのように錯覚したりしてしまうもの。

そんなコンプレックスをそっとすくいあげ、肯定してくれる人に出会ったら・・・

 

よだかの片想い

島本理生 著

 

よだかの片想い.pngのサムネイル画像 

 

生まれつき顔に大きなあざがある、主人公のアイコ・24歳。

彼女が直面してきただろうさまざまな出来事は、

特に女性なら、切実に想像できると思います。

だから彼女ができるだけ目立たないよう、地味に、ひっそりと、

特定の人たちとだけつきあってきたのも、とてもわかる気がするのです。

(おこがましくてすみません)

 

 

------あんなに真っすぐ強い目ができる人は、そうそういないから。

   きっとすごく芯がとおっていて、がんばっているひとなんだなって------

 

自分をそう評した男性にアイコは猛烈に惹かれ、恋に落ちます。

でも彼は映画監督。優しくて繊細、強いようでどこか危うくて脆い男。

(いわゆる、女が放っておかないタイプ)

そんな相手に、彼女は全力でぶつかっていきます。

かけひきも知らなければ、情緒もない、24歳の初めての恋。

そんな彼女に、彼も惹かれていくのですが・・・

 

ここ1年以上、まともな読書から遠ざかっていた私でしたが、

途中何度も泣かされながら、一気読みできた本でした。

宮沢賢治の「よだかの星」を知っていれば、より深く読めると思います。

 

 

私はアイコと同じ結論は出せないだろうけど、

人を好きになるって、やっぱりいいなあと素直に思えました。

 

(瀬戸のスタッフ・うぱこ)

 

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索