2010年10月アーカイブ

ルリユール との出会い  

|

今日は、わたしの好きな "絵本" を紹介します。

それは 「ルリユールおじさん

ルリユールおじさん.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子が大切にしていた植物図鑑がバラバラになり、
ルリユール(製本職人)のおじさんのところに持っていくというお話。

 

製本のしかたを詳しく説明する挿絵があり、

大人にも、

ルリユールの文化を わかりやすく伝えることを意識して作られた絵本です。

 

パリの街角、  製本工房のようす

少女ソフィーの 本を大切に思う "こころ"

 

ルリユールおじさんの

 「本には大事な知識や物語や人生や歴史がいっぱいつまっている。
 それらを わすれないように、

     未来にむかって伝えていくのがルリユールの仕事なんだ。」

 

のことばに、ゆったりとした長い時間の流れを感じ 

  本に関わる仕事をする私を  しあわせな気持ちにしてくれます。

 

 

このルリユールを学ぶことができる教室が、

名古屋にもあります。

 

それも、名古屋学院大学 白鳥学舎 のすぐ近く。
熱田神宮正門  ひつまぶしで有名な 蓬莱軒のあたり

 

紙の温度』 

 

という手漉き和紙を中心に販売しているお店。
ここには、紙を使ったいろいろな教室があり、
"ルリユール" もその一つとして開講されています。

 

じつは・・・最近  私も この教室の門をたたきました。  コンコン・・
  次回は、この教室ではじめて作った作品を紹介します。 
                                              つづく

 

(名古屋のスタッフ そら)
 

Happy Halloween ver.3

|

すでにお外は真っ暗・・・

しかも昨日からかなり寒いし・・・

まめこが秋をEnjoyする前に冬になってしまうみたいで悲しいです( ;д; )

 

ハロウィン今週末に迫ってきました!!

今日はですね~

ハロウィンの仮装についてです♪

 

日本だと、ハロウィンの仮装のはずが・・・

ただのコスプレになりつつありますが(汗)

 

伝統的なモノで言えば

○オバケ

○魔女

○ヴァンパイア

○悪魔

○ガイコツ

なんかがありますね。

他にも、最近人気なのは

○プリンセス

○妖精・天使

○海賊

○映画のヒーロー

なんかでしょうか。

 

このハロウィンの仮装にもいくつかの「謂れ」があります。

ハロウィンという言葉はカトリックの"All Hallows Eve." を短縮したものなのです。

(ちなみにAll Hallows Dayが11月1日なのでAll Hallows Eve.は10月31日ですね。)

しかしこの日がケルト人の夏の終わりの日、すなわち新年に当たる日でもあったんです。

そしてこの日には、死んだ者の魂が翌年、自分が宿る体を捜しに来ると信じられていました。

生きている人たちは、その魂の存在を信じてはいるのですが、

自分の体をのっとられてしまうのは困る・・・

そこで、なんとかして死んだ者の魂を近づけさせないようにと考えたのです。

家中の火を消して寒くし、嫌な雰囲気にして、

自分達はオバケの格好をしながらパレードでうるさくしたのです。

こうやって、死んだ者の魂を怖がらせようとしたんですね。

 

このパレードの時の「オバケの格好」が今の仮装につながったのではないでしょか。

 

昔の人たちは色々なことを考えますね~。

今だったら・・・

どんなことを思いつくんでしょうね?

ピュアな心を無くしてしまった現代人は、そんなこと信じないかもしれませんね・・・。

(寂しい限りだ・・・)

 

もし今年、何か仮装をする予定がある方!

メイドさん・・・ナース・・・女子高生・・・(女性モノのアイディアばかりですみません)

それも万人受けしていいかもしれませんが、

一度、伝統的なものに返ってみるのもありかもしれませんょ(^▽^)

 

子供用のコスチュームになってしまいますが・・・

こんな本があります。

ハッピー ハロウィン パーティ」です。

中には~~~~~

子供用のコスチュームの作り方がたくさん!!(←どれもすっごくかわぃぃです☆★☆)

他にもハロウィンの飾りつけのことも少々。

一見の価値あり!

 

ぁ~お腹空いてきたな~

今日の晩御飯は何かな~

 

 

(学生まめこ)

 

ドラマに登場する図書館

|

 10月は、テレビ局にとって番組の改編期に当たる。この時期、各局は趣向を凝らしたドラマを用意し、視聴者にあの手この手でアピールしている。
 テレビ朝日系列では、10月15日から秘密が始まった。第1話のストーリは――。妻と娘がバス事故に遭遇する。妻は命を落とし、高校生の娘は一命を取り留める。が、意識がもどった娘の体には母親の魂が宿っていた。娘(しかし心は妻)と夫との秘密の生活がはじまる。
 娘役に志田未来(17)、母親役に石田ひかり(38)、夫は佐々木蔵之介(42)が演じる。

 

秘密.jpg

 

 

 

 

 

 東野圭吾『秘密』 文藝春秋社、1998年

 

 原作は、1998年に刊行された東野圭吾のロングセラー小説。1999年には広末涼子主演で映画化された。このとき、小学生だった娘の設定を高校生に変えており、今回のドラマもこの設定を踏襲している。2007年にはリュック・ベッソン制作でリメイクもされた。
 小説はまさに東野作品の入門に最適と言える作品で、刊行当時に面白く読んだ記憶がある。すでに2回映画化されている作品であり、ドラマ制作者もそれなりの意気込みでとりくむだろう、と今回、第1回分を見た。
 娘役は、高校生の姿のまま母親を演じるという難しい演技を要求される。演技派の志田未来ならそれができるかもしれないと期待したが、無残にも打ち砕かれた。娘のまま母親の人格を表現するという設定で、どのように視聴者を説得するかがドラマの肝になるはず。しかし、そこに力が感じられない。

 ドラマの出来不出来はさておき、図書館で調べ物をするシーンがあった。夫役の佐々木蔵之介が、『二重人格』などのタイトルの図書を書架からとりだし、亡くしたはずの妻が娘の体を借りてこの世に現れた謎を調べようとする。図書館的には、「医中誌メディカルオンラインも使ってほしいところだが、さすがに無理というものだろう。
 画面に登場した図書館は広く、巨大に見えた。「全国ロケ地ガイド」で調べると、その図書館は首都大学東京(旧東京都立大学)であることがわかった。
 このデータベースでは、地域別にロケ地を調べることもでき、愛知県は67件が登録されている。たとえば、『官僚たちの夏』(TBS、2009)に登場した在米日本大使館は、豊橋市公会堂が使われている。

 映画『秘密』では、"秘密"の解釈が原作と微妙に異なっており、論議を呼んだ。もしかしたらドラマ『秘密』では、原作にも映画にもない新しい"秘密"が用意されているかもしれない。残念ながら、映画『秘密』のDVDは図書館にありません。興味がある方は、原作を読んでからドラマのつづきをどうぞ。
(りんたろう)

れきじょ

|

ども。今回この本を紹介したいと思います。

51omJi9%2BLfL._SL500_AA300_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

司馬遼太郎「風神の門

歴史小説といえば、読みづらそう、楽しくなさそう、意味が理解出来なさそう。。。。

なんてイメージを持っている方も多いと思いますが、この「風神の門」はそんなイメージを払拭させてくれる一冊。

なんたって初心者でも全然楽々に読めちゃいます。そして、なによりおもしろいです。

登場人物も、伊賀忍者霧隠才蔵やら甲賀忍者猿飛佐助、真田幸村などetc....有名どころばかり。

これは読むしかないでしょう。

513ZC%2BKvOSL._SL500_AA300_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下巻もありますので是非。

 

最近、巷では「歴女」というのが流行っている、と聞きますが

未だに「歴女」に遭遇したことがないため、「歴女」の存在が都市伝説だと信じ込んでいる、

図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(まめたろう)

おちこむほん

|

どーも。今日紹介する本はコレ↓

 

疾走.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重松清「疾走」

1100ページからなる長編小説。人生を駆け抜けた少年の物語。

読んだことを後悔するかも知れない。

なんたって、にんげんの醜さ全開です。

本気で落ち込みます。

考えさせられます。

 

ちなみに表紙の男は僕じゃありません。

図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(まめたろう)

土曜日の図書館

|

こんにちは りんこです (o^∇^o)ノ

初めて土曜日の図書館に入りましたが・・・

静かですねぇ~

遠くから子どもたちの遊ぶ声が聞こえるほかは、特に物音もなく

とってもまったりした時間を味わえます。

のんびり読書したり、がっつり勉強したりするには、まさに最適☆

ぜひみなさん土曜日の図書館へおいでください。

開館時間は朝10時から夕方4時まで

お待ちしております・・・(*´∇`*)

 
(りんこ)

10月20日(水)に、

    国民読書年企画第2弾

         第2回秋の読書会「じゃあ、読もう。」

                                     が開催されました。

前回の読書会メンバーに加え、新しい学生さんたちもたくさん参加してくれて、全12名の学生さんが集まりました。

今回のテーマはズバリ!!「大学生にすすめたい本」!!!

 12人、それぞれの個性が光る本をたくさん持ってきてくれました。

 

第2回秋の読書会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書会を終えて、

「みんなとても詳しくて、感心した。」

「読書が深いものだと感じた。」

「読んでみたい本にたくさん出合えた。」

「なかなか本について語る場がないので、とてもよい機会になった。」

などなど。たくさんの嬉しい感想を聞かせてもらえました。

 

メンバーが持ってきてくれた本は、下にリストがあります。

きっと皆さんも気に入る1冊が見つかるはず!! 

 

<第2回秋の読書会で持ち寄られた本たち>

神様のボート』 江國香織 新潮社

『落下する夕方』 江國香織 角川書店

『ビジネス<勝負脳>』 林成之 ベストセラーズ

脳に悪い7つの習慣』 林成之 幻冬舎

中原の虹』 浅田次郎 講談社

『日本経済新聞の読み方』 日本経済新聞出版社

『人間失格』 太宰治

99.9%は仮説』 竹内薫 光文社

ドラッカー流 最強の勉強法』 中野明 祥伝社

大学新入生に薦める101冊の本』 広島大学101冊の本委員会 岩波書店

常識の世界地図』 21世紀研究会 文藝春秋

ニコニコ動画が未来を作る』 佐々木俊尚 角川グループパブリッシング

日本人はなぜ環境問題にだまされるのか』 武田邦彦 PHP研究所

『妖怪馬鹿』 京極夏彦 新潮社

恋文の技術』 森見登美彦 ポプラ社

『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐 新潮社

『別冊カドカワ 総力特集 ap bank fes '08』 角川ザテレビジョン

"The Economist" (洋雑誌)

ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方』 リチャード・ヴィートー 徳間書店

20歳のときに知っておきたかったこと』 ティナ・シーリグ 阪急コミュニケーションズ

XBRLの衝撃』 花堂靖仁 ダイヤモンド社

他人を見下す若者たち』 速水敏彦 講談社

モリー先生との火曜日』 ミッチ・アルボム 日本放送出版協会

"Tuesdays with Morrie" Mitdh Albom Doubleday

ほかならぬ人へ』 白石一文 祥伝社

 

(栞)

yonda?CLUB

|

 

読書は"本を読むこと"自体がたのしいこと!

だけど、読んだあとにさらに、+αでうれしいことが

あったら、一粒で2度おいしい!

 

そんなうれしい企画を出版社さんたちは、いろいろ考えてくれています。

その中のひとつ、新潮社の『 yonda?CLUB 』。

新潮文庫をたくさん読んで、応募マークを集めると素敵なグッズが必ずもらえるのです。

グッズも、ピンバッチ、マグカップ、絵本、腕時計・・・etc。

どれもカワイイ!

これはウレシイ!

 

yonda01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、数年前に「夏の100冊」の中から2冊を買って応募すると

全員にプレゼントされたyonda?panda君のキーホルダー。

100%ORANGE  という有名なイラストレーターさんのデザインのものです。

 

読書のたのしみを広げてくれる出版社さんの企画は、

これからもどんどんとウェルカムですね☆

 

(春)

Happy Halloween ver.2

|

また最近、日が短くなってきましたね。

このブログを書き終わる頃には辺りは真っ暗なんでしょうね・・・。

 

さてさて☆★☆

日本では馴染みのないハロウィンについて今日も少しお話したいと思います。

 

みなさん、ハロウィンの時期になるとよく見かける「カボチャ」ですが、

あれ、何なのかご存知でしょうか?

正確に言うとカボチャランタンを作るんですけどね。

 

あのカボチャのランタン、英語ではJack-o-Lanternと言います。

一説によると、このJack-o-Lanternは昔々の卑劣な男の話が元になっているとか。

 

昔々、卑劣な鍛冶屋のウィルという男がいたそうです。

この男は死後、死者の門にて聖ペテロを騙して生き返ってしまったのです。

                   ↑キリスト教の世界で、死後に人が天国or地獄行きを選定すると言われています。

それに反省もせず再び使者の門を訪れた際、

ウィルは地獄でも天国でもないただの暗闇の世界に追放されてしまいました。

これをみた悪魔が哀れに思い、地獄の劫火から火のついた石炭をひとつ渡したそうです。

 

この火がカボチャランタンの始まりなのです。

 

玄関先に飾られた怖いやおかしな顔をしたカボチャのランタンは、

悪霊からその家を守ってくれるのです。

 

ぃゃ~せいぜい仮装をしてパーティーをするくらいしか知らない私達日本人。

こんなバックグラウンドがあったんですね!!

 

 

長々とお話しましたが、

ここからはハロウィンにまつわる作品をご紹介しますね。

 

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

   皆さんご存知、ディズニー映画です。

ハロウィン・パーティ

   著者アガサ・クリスティによるミステリー小説です。

 

他にも、テーマこそハロウィンではありませんが、

ストーリーの中にハロウィンシーンが登場するものもたくさんありますよ♪

ちなみに、アガサ・クリスティハロウィン・パーティは本館に置いてありますので是非読んでみて下さい。

 

                                

 

 

ぁー・・・貸出中だったらごめんなさいσ(-д-;)

 

(学生まめこ)

旅のおともに。。

|

先日、

ちょいと用事がありまして、

新潟県へ行ってきました。

 

そこで、

今回お世話になったのが

 『ことりっぷ 新潟・佐渡

 

ことりっぷ(新潟・佐渡).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしですね・・

新潟市に行ったわけでも、

佐渡へ行ったわけでもなく、

   長岡市

へ行ったため、

ことりっぷ 使えませんでした・涙

   (お世話になっていない・・?

 

せめて、

名物だけでもと思いましたが・・

なかなか載ってるもので似たようなものすら見つからず・・

参考にならなかったんです。

遊びで行ったわけではないですが・・

目的地しっかりと把握してから買わないと、

買い損。

ことりっぷ との出会いは、

名学の図書館に入ってきて、

パラ見した瞬間から欲しくて自腹で買ったんです。

にもかかわらず・・使えなかったとか悲しすぎました↓↓↓

 

ちなみに

旅行本のシリーズモノの中では、

ことりっぷ が一番新しいです。

   全国(47都道府県) + お土産 + お散歩

と種類も豊富。

留学生にも人気のシリーズなので、

皆さんも是非借りてみてください♪.*

 

配架してある場所はココです。

 

ことりっぷ位置.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段  を買うときは、

大半の方が本屋さんか、

ネットで本を扱っているところですよね?

 

美術館や博物館へ行ったら必ずshopがあると思うんですけど、

そこでも美術関連の本は買えます。

   (むしろ品揃え豊富だったりします

 

今回は

   「新潟県立近代美術館

へ行ってきました。

本屋さんに並んでいないような本もあったりしてなかなか面白いですよ。

 

新潟県立近代美術館.jpg

 

以前行った、美術館(+彫刻館)のshopもすごく充実していたので、

本屋さん以外での本との出会いもまた楽しんでみてはいかがでしょうか(はーと)?

 

(学生:まめこ)

皆さん!!!!!!!!!!!!!!!

 

本日より、

   豆本&絵はんこ教室

             の受付がスタートしましたよ!!!!!!!!!!!!

 

 

☆豆本づくり

 

 日本を代表する豆本作家の先生と一緒に、手のひらサイズのかわいい豆本を作ります。

 ページを開いても飾っても楽しめる、上質な布張りの本です。

 

 日時 : 11月10日(水)  ①9:50~12:30  ②13:50~16:30

 場所 : 白鳥学舎 学術情報センター4階 セミナールーム2

 参加費 : 500円

 募集人数 : 各10名

 講師 : 田中栞

豆本.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ガリガリ絵はんこづくり

 

 "はんこ界のプリンス"カキノジン先生がやってきます!

 石にガリガリと彫って、あなたがデザインした世界でひとつだけの絵はんこ(蔵書印)を作ります。

 

 日時 : 12月1日(水)  13:20~16:30

 場所 : 白鳥学舎 学術情報センター4階 セミナールーム2

 参加費 : 500円

 募集人数 : 20名

 講師 : カキノジン

蔵書印.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加の希望・受付・お問い合わせは、白鳥学舎 学術情報センター3階 図書館カウンタまで。

多数のご参加をお待ちしています。

 

(栞)

読まれるのを待っている本たち。

|

こんばんは(・`ω・)b

今日も平和な図書館からブログ更新いたします★

 

今回オススメする本は......ないです(;´Д`A ```スミマセン

ここ最近は卒論関連本しか読んでないので、

卒論が終わり次第、読みたい本を紹介したいと思います!!

 

T.E.カーハート『パリ左岸のピアノ工房』という本です

 

パリ左岸のピアノ工房.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ読んでないので、深い内容はわかりませんが

あらすじやレビューを読んでグサっときたのです=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!

 

「ピアノ職人さんが古いピアノを蘇らせる」というのが主なお話で

......というと、よくありがちなファンタジーものかなと思いますが

これがノンフィクションと聞いたら読みたくなっちゃいますよね!

ノンフィクションだからこそ、偽りのない感動が味わえると言うか...

こうしてブログを書いている間も読みたくてウズウズしてますヾ(´Д`;●)

 

本屋さんに立ち寄ると必ず読みたい本を見つけちゃいますよね♪

「読む時間を確保できるかわからないけれど、とりあえず買っておこう!」 

そんな本が私の部屋には数冊眠っています...

「お金もったいないじゃん!」という声が聞こえてきそうですが

そういう人って意外と多いんじゃないかって思います(´ェ`*)

 

......ということで、毎週火曜日は読みたい本シリーズを紹介していこうかなと思ってます!

どーぞ、お付き合いくださいませ(*≧∇≦)ノ

 

(学生★まめこ)

サハラ

|

どーも。いよいよCOPが始まりましたね!

全然関係ないですけど

今回はこの本を紹介したいと思います。

oozeki.jpg

 

 

 

 

 

 

村山由佳「遥かなる水の音

内容

パリで、ひとりの青年が死んだ。最期をともに過ごした同居人は、ゲイの中年フランス人だった。

青年の遺言は、

「遺灰をサハラにまく」こと。

フランス、スペイン、モロッコ―。青年の死をきっかけに青年の姉、友人のカップル、同居人のグループは、様々な思いを抱えたまま、遺言を叶える旅に出る。。。

なんたる変わった内容。この物語の一番の醍醐味は一人一人、複数の一人称を用いて進んでいく物語設定。

サリンジャーの「ライ麦畑で捕まえて」のような感じです。

 

変わったタイプの小説です。是非、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(まめたろう)

最近周りが慌しい??

|

こんにちは~まめこです。

 

最近、一般利用者さんが増えてきたのは・・・COP10のせいかしら?

 

 

ただ今、本館のあります名古屋学院大学のお隣にあります

国際会議場COP10開催中なのです。

メイン会場が国際会議場で、他にもイベント会場なんかもあるみたいですね(#^□^#)

 

 

そぉそぉ、まめこも最近ちょこっとだけ会場を覗いてきました。

色々なブースがありまして・・・ eco.jpg

その1つでECOバックゲットです☆★☆

毎日先着150名限定らしいです。

かなり丈夫にできているとか・・・

これから重宝させていただきます♪

 

                                      コレが

                                      そのECOバック→

 

そして、何を隠そう本学も会場になっているのです!!

18日~29日まで、フォーラム会場として体育館を提供します。

ぃゃ~これは・・・海外からのお客様で

学内がなにやら大変なことになる予感です・・・。

 

こんなに大きな国際会議が名古屋で開かれているんだから、

是非足を運んでみては?

一般の方でも参加できるイベントや本会議をモニターで視聴できるスペースもあるんですょ。

今日は、モリコロパークの方に

まめこも大好きなマラソンランナーの千葉さんがいらっしゃってるとか・・・。

 

生物多様性ってなに~??

なんて考える前に現地へ行った方が早いかも(笑)

 

 (学生まめこ)

秋の夜長に・・・

|

NGU図書館は、大学の近隣に住んでみえる方などにも

多く利用していただいています。

 

先日、そんな一般利用者の方から、

「学生のみなさんにぜひ読んでほしい、素敵な本があります。」

と、2冊の本を紹介していただきました。

 

 23分間の奇跡 (集英社文庫)     茶色の朝   

       『23分間の奇跡』             『茶色の朝

 

23分間の奇跡』は、教育とは、国家とは、自由とは何か?

ある小学校へ新任の女教師がやってきて、そして起きた驚くべき23分間のドラマ。

小学生にも読めるようなやさしい文章で、恐るべき問題をつきつける衝撃の物語です。

 

一方の『茶色の朝』は、主人公の日常生活が、ファシズムの象徴である「茶色」に、

ゆっくりと染まってゆく様子を描いた現代の警告書ともいえる寓話です。

フランスでは2002年にベストセラーになりました。

 

みなさんも、ぜひ秋の夜長に読んでみてはいかがでしょうか?

人がおすすめする本には、きっと魅力がつまっているはずです☆

 

(りんこ)

わたしの町の図書館(その壱)。。

|

皆さんの地元の図書館はどんな図書館ですか??

 

わたしは昔っから図書館が好きで・・

でも、

本を借りたり・・

お勉強をしたり・・

というのは好きではなくて・・

図書館」という空間が好きで、

小学生の頃は休館日以外で、

学校がお休みの時にはほぼ毎日通っていました(笑)

   (中・高へ上がると部活でなかなか行けなかったなぁ・・

 

特に何をするわけでもなく、

1日 ぼぉー っとしたり・・

本を眺めたり・・

 

 

今日は わたしの町の図書館(その壱) のお話をしたいと思います。

   ("その壱" と書いたのは、市内に3つあるので・・

 

稲沢にある図書館 「祖父江の森図書館

          

祖父江図書館.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょいと写真が小さくて申し訳ありませんが(汗)

 

ここは昔からいろいろと工夫している図書館の1つで、

子ども向けの 映画鑑賞会 を開いたり・・

読み聞かせの会 を開いたり・・

とにかくいろんな事をしています。

   (最近もやっているのかな・・?

よく参加してました。

 

この図書館、

すごく 地元愛 にあふれてもいます。

 

祖父江 というところは、

銀杏

が全国的に有名で、

テレビ(全国ネット)でも取り上げられるほど。

 

イチョウの模様の絨毯を敷いていたり・・

2階から1階を見下ろすと・・

   あら不思議っ!

イチョウの葉 のをしているではありませんか!

本棚の位置や、閲覧用机の位置・・

1階全体の形・・

要は、

1階の設計が イチョウの葉 を連想できるよう計算された造りになっているんです。

 

 

とっても優雅な図書館で、

1日居ても飽きない。

 

これからの季節、

本物の イチョウの葉 の絨毯が見ごろを迎えます。

道路いっぱいに敷き詰められたイチョウの葉を踏みしめて、

図書館へ足を運んでみてください。

 

(学生:まめこ)

 

第二回 秋の読書会 「じゃぁ、読もう。」

の開催が決定いたしました!!!!!

 

現在、図書館の学生サポーターが中心となって、準備を進めています。

今回のテーマはずばり!「大学生にすすめる本」です!!

文学、小説、エッセイ、写真集、ビジネス書、自己啓発本.....

どんな本でも大丈夫!

お友達や、先輩後輩にぜひ読んでもらいたいと思う本をご持参下さい。

多数の参加をお待ちしています。

みんなで楽しい会にしましょうネ☆

 

テーマ : 「大学生にすすめる本」

日 時 : 10月20日(水) 15:00~16:30

場 所 : 翼館1階ラウンジ

受 付 : 名古屋キャンパス 白鳥学舎 学術情報センター3階 カウンタ

* COP10開催にちなんで、オススメ関連図書などありましたら、そちらもお持ち下さると嬉しいです。

 

第二回秋の読書会「じゃあ、読もう。」の様子はこちらから。

 

(栞)

あなたの本の選び方は?

|

こんばんは(゚∀゚)ノ

土曜日に雨がたくさん降ったせいか、また暑くなってきましたね!

自転車通学の私にはかなり堪えます......

 

さて、今日紹介する本は

メグローゾフ著『私は生きていける』です(。・ω・。)

 

51M6YPGXPKL._SL500_AA300_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

この本は私が高校3年生の時に出会った本で、

実を言うと表紙が可愛くて買った本なのです(´・ω・`)エヘヘ

そういう本の選び方もありかな~と思ったりします♪

図書館だとじっくり選べるのですが、本屋さんだと気まずくってなかなかできないです(笑)

テーマが「戦争、生きる、愛」なので重たい作品かなと思いがちですが、わりと読みやすいです★

是非②、どーぞヽ(´∀`)ノ

 

今日の図書館も雰囲気がとても良い感じです.。.:*・゚(*ゝ∀・)。.:

 

最近、腰がちょっぴり痛いNでしたΣd(゚д゚*)ウヘッッ

 

(学生★まめこ)

「卒論ガイド2010」完成!

|

 

卒論にどう取り組んでいいか悩んでるみなさんに、朗報!!!

 

ついに!!

「卒業論文を書くための資料調査ガイド2010年度版」

が完成したことを、ここにお伝えします!!!

 

卒論ガイド

名古屋キャンパス学術情報センター3Fで手に入ります。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

(栞)

 

バイブル

|

どーも。今回はちょっと小説ではなく、絵本の紹介をしたいと思います。

 

こちら↓

星の大関.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

サン=テグチュペリ「星の王子さま」です。

絵本です。一部では「大人のための絵本」、、、、なんて呼ばれてます。

 

僕はこの本が大好きで、心情変化が激しいときや心機一転しようとしたときには、必ずこの本を読み返すようにしています。

なぜなら読む返すたびに新鮮な感動を発見出来たり、「自分」を見つめ直すことが出来るからです。(特にキツネとのやりとりシーンは奥深いです。) 大切なことが詰まっている、一生大切にしたい本です。

そんなこの「星の王子さま」、世界中でなんと100以上の言語に訳されています。かなり有名な王子さまです。

 

大切な人へのプレゼントとしても、最適だと思います。

 

図書館の王子様に憧れる、図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

(まめたろう)

|

どーも、最近急に寒くなったり暑くなったり。。。なんてこったいな日々が続きますね。そんな今日もオススメ本の紹介をしたいと思います。

 

今回はこれ↓

 

ozeki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」です。

内容としては、小学校4年生の「僕」の住む町に、いきなりペンギンが現れて、どーもそれには近所の歯科医院の「お姉さん」が関係しているらしいとのこと。。 その謎を突き止めるために「僕」は冒険と研究を始める。

 

今回の作品は舞台が京都ではなく、主人公は大学生でもないです。 、、、、が、まったく新しい森見ワールドが展開されています。(僕的には森見登美彦+村上春樹みたいな世界だと感じました。)

 

せつないけれど素敵な、あたたかくなれる一冊です。

 

 

 

僕も小学校4年生に戻れたなら、「お姉さん」の研究に没頭してみたいと思います。

図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(まめたろう)

☆ 大学図書館めぐり ☆

|

某日、

関西にあるK大学中央図書館に行ってきました。最寄の駅から約10分。商店街を通りながらの通学・・何だか楽しそう(笑)

 

P1070145.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近畿大学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪ワクワクしながら歩いていたらアット言う間にK大学へ到着。

 

緑に囲まれた広大な敷地内の正面にある建物が「中央図書館」でした。

1階はエレベータホールで何と9階建て。

学生さんが利用出来るのは、主に3階~5階と6階の自習室。

図書館員はみなさま「制服」でオフィスレディと言う印象を受けました。

館内は、とても広く雰囲気は本学「瀬戸図書館」に似ているでしょうか☆☆☆

 

暫く、館内で本を開き学生気分を堪能してきました。

 

学生の皆さん、

★図書館内は《飲食禁止》ですのでご協力お願いしますねッ★

 

(りん)

 

Happy Halloween

|

こんばんは。

今日も「まめこ」のブログにお付き合い下さい♪

 

日本には、あまり馴染みのないハロウィーンですが・・・

ちょこっとでも気分を味わっていただけたら!

と思い、館内に「隠れハロウィン」を散りばめてみましたp( ^■^ )q

 

○キャプテンガイコツ

○リトルコウモリ

○いたずらオバケ

○にんまりパンプキン

pumpkin.jpg 

の4人が館内のどこかに隠れて?いますょー。

探してみてください☆★☆

 

ぁ~ごめんなさいね。

今回は商品はありません(+△+;)

ハロウィンを感じることと、探すときのわくわく感を思い出としてお持ち帰り下さい( =3=)

 

 

お外は真っ暗・・・寒そうだなぁ・・・。

 

 

(学生まめこ)

 

疲れたら。。

|

今日は 疲れた時 に最適な、

癒し本を紹介したいと思います.。★*.

 

 

 

皆さんは、

この   岩波文庫 さん(↓)

 

岩波文庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の存在を知っているでしょうか??

 

名古屋学院大学の図書館には沢山あります(新書・文庫コーナー隣り)!!

 

新しいものから古いものまで・・

岩波文庫は 国内外もあわせて 「これぞ 文学!」 といったものから、

漢詩だったり・・・

詩集だったり・・・

社会やら思想だったり・・・

様々なジャンルが豊富にあるんです。

   (しかも、結構年代もの。他の出版社さんではなかなかないです。

 

そこで、

普段あまり知られていない(?)岩波文庫さんを主役に迎えてお話したいと思います。

 

 

ここまで読む限り、

少しばかり おかたい イメージのある岩波文庫さんですが、

実は 癒し の一面も持っているんです。

 

それは・・・

 

 

大学にきてから、

かなり年数が経っている岩波文庫さんを

 

        ぱらぱらぱらぁ~

 

っと捲ると、

ぷんぷんと あまぁーい 香りが漂ってくるではありませんかっ!!!

 

時には チョコレート の香りが・・・

時には バニラ の香りが・・・

   (たまにホコリ臭いとも言う人がいますが・・・

 

疲れた時には あまいものが一番 なんて言いますよね。

今度は是非 岩波文庫 さんで癒されてみてください♪

 

 

 

(学生:まめこ)

活字が苦手でも大丈夫★

|

(*´∇`)ノ こんばんは

お昼は暖かい(暑い?)ですが、夕方からは肌寒くなってきましたね

やっと「秋」って感じです☆

季節の変わり目は風邪をひきやすいので、体調管理をしっかりしてくださいね(。uωu)

 

さて、私のオススメ本を紹介したいと思います!

今回紹介するのはコチラ★

  冷蔵庫のうえの人生

冷蔵庫のうえの人生です!

産婦人科医の母と15歳の娘クレアはお互い忙しくて会えないから

買い物のリスト、学校のこと、恋愛のことなどをメモして

冷蔵庫に貼るという生活を送っている

というのが大まかなお話です。

 

この本に出会ったのは大学1年生のときですが(現在4年生です)

今でもよく読みます★そのたびに感動して泣いてます(´;ω;`)ウゥゥ

 

活字が苦手な方にも時間がない方にもオススメです!

かなり読みやすいと思うので是非読んでみて下さい!!!

そして語りましょ~♪

 

(学生まめこ)

ばなな

|

どーも、今回はこの一冊を紹介させていただきたいと思います。

4120017753.01._SCMZZZZZZZ_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

よしもとばななの「tugumi」です。「キッチン」と同等の人気を誇る代表作。

物語設定もちょうど夏の終わりから秋にかけてなので、現実と物語をシンクロさせて楽しむのもアリじゃないでしょうか。

内容としても恋やら友情やら死やら。。 とにかくいろいろ考えさせられます。信じられないくらい、ばななワールドに引き込まれます。

図書館に来館の際には、本についていろいろお尋ねください。

弱いけど強い、そんなつぐみに惚れてしまった図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(学生まめたろう)

 

読書の?秋になんで・・・こちらはいかが?

|

暑さも和らぎ、やーっと!秋到来。

と、言うことは~

「読書の秋」ですね。

 

ぇっ??

食欲の秋、スポーツの秋、、、

ぃゃぃゃ、今年は一緒に「読書の秋」を体験してみましょう。

 

ということで、早速こちらで1冊本をご紹介します☆★☆

今回はこちら

 

江國香織さん東京タワーです。

 

すごく個人的な趣味なのですが(汗)

彼女の作品が大好きなのです♪

特に恋愛をテーマにしているものはいつも考えさせられます

大好きな彼女の作品の中から1冊。

 

こちらの「東京タワー」

30代の女性と20代の青年の恋がテーマです。

何を隠そう、私自身もこの本を読んでいる最中です(^皿^)

なので、ネタばれ的なことはこれ以上しません。

(できもしませんが・・・(;゜д゜)ノノ)

 

ぜひぜひ読んでみてください♪

図書館に来館の際には、一緒に語りましょう。

 

 

ぁ~今日も日が落ちて暗くなっていく・・・

 

 

(学生まめこ)

 

 

前回のブログに引き続き、図書館で行った国民読書年企画第二弾についてお届けします。

 

な、な、な、ナント!!!

彦星と織姫が年に1回出逢う、運命のあの日...

雨は降っていましたが、我ら読書会メンバーは初対面を遂げることができたのです!!!

メンバーは全員で、7人

みんなで額を突き合わせ、コーヒー片手に、

推理小説、歴史小説、古典文学、ビジネス書、自己啓発本などなどなど...

さまざまなジャンルのオススメ本を出し合いました。

それ以外に、今までの読書経験についても語り合いました。

 

読書会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書会を終えて、メンバーの中から

「今まで読んだことのないジャンルに触れることができた」

「今回オススメされた本をぜひ読んでみたい」

「もっともっと話したい!」

などなど。たくさんの感想を聞かせてもらいました。

ぜひ、みなさんも次回の読書会に参加してみてくださいね☆

 

<第一回七夕読書会で持ち寄られた本たち>

『こころ』 夏目漱石

白鯨』 メルヴィル

空の境界』 奈須きのこ 講談社

火天の城』 山本兼一 文藝春秋

『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言』 村上龍 日本経済新聞出版社

千里眼シリーズ 松岡圭祐 角川書店

三毛猫シリーズ 赤川次郎

『今日から始める「やる気」勉強法』 安河内哲也 吉野敬介 ロングセラーズ

ブランドの条件』 山田登世子 岩波書店 岩波新書

格差社会:何が問題なのか』 橘木俊詔 岩波書店 岩波新書

ユビキタスとは何か?:情報・技術・人間』 坂村健 岩波書店 岩波新書

なぜ人はショッピングモールが大好きなのか:ショッピングの科学ふたたび』 パコ・アンダーヒル 早川書房

 

「第1回七夕読書会」の様子はこちらから

 

(栞)

本屋さんツアー☆2010

|

 

記念すべきブログ第一弾は「本屋さんツアー☆2010」についてお届けします。

 

本屋さんツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワールドカップの興奮が冷めやらぬ、去る6月30日。

人生初の「本屋さんツアー」に同行しました。

さすが丸善名古屋栄店!!

あふれんばかりの書物に、心奪われてしまった私を始めとするツアーメンバー一同。

(ちなみにメンバーは学部生4人留学生別科生4人の合計8人でした。)

逸る心を抑えつつ、まずは書店の方からツアーの説明を拝聴。

最初に、メンバー全員でCOP10関連の本をチョイスしました。

今年の10月11日~29日に本学白鳥学舎隣の国際会議場でCOP10が開催されます。

その時、本校の施設も一部会場として使用されます。

それに関連して、今回のツアーではみんなで一緒に環境や生物多様性に関する本を選ぶことにしたのです。

それ以外に、他の学生さんにオススメする本や学部の授業に関する本などを選びました。

さらにさらに、それぞれの学生さんのベスト3のPOPを造り上げました(゚∀゚ )≡

 

POP製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のツアーで選んだ本は、現在名古屋キャンパスの学術情報センター3階、4階にて貸出できます。

「本屋さんツアー」の興奮をあなたの手に!!!

 

「本屋さツアー」の様子はこちらから

「本屋さんツアー展」の様子はこちらから

 

(栞)

 

読書の輪 広げたい。 みんなで...

 

 

名古屋学院大学の読書ブログ「栞輪(しおりん)」始めました。

今年は国民読書年。 たくさんの本に出会う絶好のチャンス。

図書館の学生サポーター、読書会メンバー...  みんなで、「本」の紹介をしていきます。

みなさんからのたくさんのコメントも楽しみに待っています。

学生生活、最高の1冊に出会えますように...

 

「本」と出会い、 その感動を伝えあう、 本好き仲間の輪が広がる  そうなればいいな。

 

(栞)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索