(中国)天津外国語大学の最近のブログ記事

Ø  授業について

 1月はどの教科も自習が多く、ほとんど授業がありませんでした。しかし、一番大切な期末試験があり、毎日テスト勉強で追われていました。範囲は決まっていましたが、とても多かったので大変でした。分からないところは、自習の時間に先生に聞きながら勉強を進めていました。半年間授業を受けてみて、どの先生も分かり易く教えてくださり、授業の進み具合も、私にはとても合っていました。3月からの授業も楽しみながら、しっかり勉強することが出来たらいいなと思います。


Ø  授業以外の学校生活(イベント・アクティビティ等)について

 テストが終わると帰国する人がほとんどなので、大きな行事はないのですが、仲の良い友達と最後のご飯を食べたり、学校の写真を撮りに校内散策したりしました。最後ということで、いつもより少し豪華なご飯を食べ、とても良い思い出となりました。また、日本の友達にはどこかで会えたらいいなと思います。


滝野未結ブログ02.jpg

 Ø  学校生活以外の生活面(学外での人々との交流・食事・買い物・旅行等)について

 テストが終わった1月5日から1月9日まで日本からの友達が来てくれました。まさか本当に来てくれると思っていなかったので、とても嬉しかったです。北京首都国際空港まで迎えに行き、3日間ほど北京の中心部を観光しました。毛沢東で有名な天安門広場、天壇公園、世界遺産の万里の長城、王府井や三里屯など沢山の有名な地域を回りました。中国の文化に触れられてとても良い経験になったのではないかと思います。しかし、初めていったホテルで、外国人お断りと言われ予定していたホテルに泊まれないと分かったときは焦りました。そんなことを言われたのは初めての事だったので、驚きました。2つ目、3つ目のホテルでも断られ、ようやく4つ目のホテルで予約出来たので安心しました。しっかり確認することが大切だなと思いました。残りの日は私の留学先の天津を観光しました。浜江道というショッピング街に友達を連れて行った時は、とても喜んでくれて嬉しかったです。

 友達を案内するということは、通訳をしなければならないという事にもなるので、自分の語学力にも繋がると思うので、またお母さんが来るときは頑張ろうと思います。

 2月17日に天津に戻ります。その時一緒に高校の時の友達も観光しに来るので、またしっかり案内して、あと半年の留学生活の良いスタートを切れたら良いなと思います。


滝野未結ブログ01.jpg

Ø  寮・ホームステイについて

 各部屋で出たごみは、部屋の前に置いておけば掃除の方々がすぐに撤去してくださっているので、とても清潔に保たれています。しかし、各階にある共同のキッチンに関しては少し汚かったり、冷蔵庫は臭かったりするので、そこだけ直してほしいと思います。その他は特に気になる点がないので、安心・安全に暮らすことが出来ています。エレベーターなども定期的に検査しているので、心配はありません。

 

滝野未結ブログ03.jpg

 8時から授業が始まり、12コマか3コマ授業があります。リーディング、リスニング、スピーキングの3つあり、全て100分です。最初にクラス分けテストを行い、自分の合うクラスを決定します。そのため、色んな国籍の留学生と一緒に授業を受けます。


 リーディングの授業は毎回小テストを行っています。先生の説明がとても分かりやすく、毎回の授業で理解が深まります。どの授業も、授業内でも質問しやすい雰囲気なので、分からないことがあればすぐに質問ができます。授業と授業の間は20分の休憩があり、クラスメイトと他愛のない話をしています。その国の言葉を教えてもらったり、日本語を教えたりと、留学でしか味わえない毎日です。


 

E963F984-BAAE-44DF-9A22-F7781D0DBA5A.jpeg


 授業外でも、留学生歓迎パーティーがあったり、バスで学校近くの観光地に行ったりと、他の留学生と触れ合う機会もたくさんあります。

 

 毎日の食事は、仲良くなった外国人の人たちとお昼ご飯を食べたり、夜ご飯を食べたりしています。天津外国語大学の周りには、安くて美味しいお店がたくさんあります。食堂も安くて利用しやすいですが、外国人の口にはなかなか合わないです。しかし、たくさんの種類があるので、毎日の食事は飽きないと思います。日本人が経営している日本食レストランも近くにあります。みんなで美味しいお店の情報交換もしています。大学の食堂棟地下にコンビニ、スーパーもあるのでたくさん利用しています。

 

 休日はバスで出かけています。バスは距離と関係なく2元なので、たくさん利用しています。日用品は近くの大型スーパーに買いに行ったり、大学にあるスーパーを利用しています。

 

7EEF9539-B26F-4E14-BA73-CB9DB3CE1524.jpeg


 寮の部屋はベッドが2つ、机が2つ置いてあり、綺麗で、2週間に1回ベッドメイキングをしてくれます。テレビもついているので、アニメを見て中国語の勉強もできます。各フロアに共有のキッチン、冷蔵庫、洗濯機が置いてあります。洗濯を干す場所もあるので、使いやすいです。洗濯は10回で40元です。

 

 寮の1階にロビーがあり、留学生のみんながそこに集まって勉強をしたり、お話しをしています。ロビーにはwi-fiもあるので、たくさんの人が集まり交流の輪が広がります。留学生寮の入り口には常に警備の人が立っていて、挨拶をしたり、お話をしたり、警備の人とも仲良くなれます。留学生寮の先生たちは生徒の顔を覚えてくれているので、困ったときに助けてくれたり、分からないことがあれば優しく教えてくれます。とてものびのびして生活できる寮です。

 テストも終わり、遊びに出掛けることが最近の楽しみです。クラスメイトや仲の良い友達は続々と自分たちの国へ帰って行ってしまいました。私は日本に帰る直前ですが、友達と北京に行ってきました。滞在時間は二、三時間でしたが、案外楽しめました。天安門も見ることができました。すごく楽しかったです。


 北京は天津と違い、バスの初乗りが少し高くさすが都会だなと思いました。今度行く機会があれば、ちゃんといろんなところを回りたいなとも思いました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち(中国)天津外国語大学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは(タイ)コンケン大学です。

次のカテゴリは(中国)華東師範大学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12