(中国)北京言語大学の最近のブログ記事

 五月初旬のお休みに友達に誘われて、日中韓で行う植林のボランティアのため二回目のモンゴルに行ってきました。もちろん砂漠に行って植林しようというものだったのですが、この前砂漠に行ってもう行きたくないと思っていたので少し迷いましたが、こういう機会はめったにないし日本人はすべて無料だったので行ってきました。


美帆微信图片_20170609180837.jpg

 この前行ったときはそれなりに寒かったのですが、もうこの時期は暑く大変でした。特に砂漠だと日影が無いので直射日光で辛かったです。ずっと砂漠を歩いて場所に着いたら、穴を掘って木を植えてという作業を一日中繰り返しクタクタになりましたが、オプションとして観光があったり、モンゴルのおいしいものをたくさん食べれたりしたので、楽しかったです。また、韓国人や中国人と友達になるこおができ、良い経験にもなったし思い出も増えてよかったです。


美帆微信图片_20170609180841.jpg

 五月の終わりにある四連休では、父が出張のついでに北京に来てくれたので一緒にご飯を食べました。久しぶりに会い、元気そうな姿を見ることができて良かったです。


 五月三十日には端午節があり、ちまきを食べました。日本の端午節は男の子の日ですが、中国では男女関係なく「こどもの日」という感じで、他にも別の意味があるようです。日本も中国も韓国も端午節がありますが、それぞれ祝う対象も意味もお祝いの仕方も違い、この三カ国は似ているけど違って本当に面白いなと思います。気が付けば留学も残り一か月半となりました。本当に帰りたくありません。気を引き締めて最後まで頑張ろうと改めて思いました。


美帆微信图片_20170609180806.jpg

 やっとテストが終わり、追試になるか心配でしたが、無事全て合格することが出来て安心しました。 でも、成人式に出ることが出来なかったことが、少し残念でした。 


 冬休みが結構長く、私は日本に一時帰国しないことにして、中国での滞在を楽しむことにしました。まずテストが終わってすぐ、ずっと行きたかった故宮と天安門に行ってきました。やはり人が多く、"The中国"という感じがしました。私は中国の文化や雰囲気が好きなので、この2箇所を訪れることができ、とても感動しました。こういった場所を訪れると、"中国の歴史を知りたい!学びたい!!"と思わされますが、歴史の長さと難しさから心が折れてしまいます...。 


高橋美帆014.jpg

高橋美帆011.jpg

 また、日本語を学んでいる中国人と約10日間、一緒に勉強するという合宿にも参加してきました。この合宿に参加することにより、中国には日本のことが大好きで、日本語を本気で学びたいと思ってくれている人がとても多いことが分かって、すごく感動しました。10人で一つの部屋やお風呂を共有するので、最初の頃は色々大変で今すぐ帰りたいと思いました。でも、9人のルームメイトをはじめ、どの中国人も優しくて可愛くてフレンドリーで、最後の日には別れが寂しすぎて泣きました。この合宿で、中国語以外に学んだ事がとても多く、参加して良かったです。


高橋美帆012.jpg

高橋美帆013.jpg

 旅行では、以前から訪れてみたいと思っていた、山東省にも行ってきました。山東省と言えば青島が思い浮かびますが、今回は世界遺産の泰山をメインにし、泰安を観光しました。また、孔子さんで有名な曲阜にも行ってきました。泰山は中国人が一度は登りたいと思う山で、行ってみるとたくさんの中国人が居ましたが、この山に登る外国人はとても少なく、たくさんの人に話しかけられました。登ると決意して少し登ってみたものの、かなりきつくて中間地点に行くまでに心が折れ、中間地点から出ているロープウェイに切り替えようと思いました。しかし、ここまで来たのに負けたくないと思い、結局自力で登り切ることにしました。道中が苦しかった分、登りきった時は達成感を味わうことができました。次の機会には青島に行ってみたいと思います。 


 冬休みの最後には上海に行き、念願の上海ディズニーに行くのですごく楽しみです!中国に来てからの半年間、色々なところに行ったり、多くの中国人と関わる中で、中国人の人柄や優しさにたくさん触れ、もともと大好きな中国がより大好きになりました。正直なところ、私の中国語の能力はまだまだ低いですが、私なりに努力して頑張っていきたいです。

 留学してから二ヵ月が経ち、まだ慣れないこともありますが、とても楽しく生活しています。

 10月は、国慶節に天津に遊びに行ったり、週末は中国人の友達と、映画を見に行ったり、北京動物園に行ったり、北京ダックを食べたりして、ツアーで古水北鎮・司馬台長城などにも行き、あっという間に一ヵ月が過ぎていきました。

 北京動物園は、学生証を出すことで日本円で160円くらいで入れました。古水北鎮・司馬台長城は世界遺産の申請をしている所で、どこかヨーロッパの雰囲気を感じさせられました。暗くなってから、お店や長城がライトアップされていて、とても綺麗でいい経験になりました。

 ルームメイトとは、日に日に中国語で会話する時間が増え、2人で夜遅くまで色々な話をしていて、とても楽しいです。

 授業は、初めの頃よりも少し難しくなってきて、毎日覚えなければいけない単語や文法があります。しかし、授業の雰囲気に慣れてしまい、予習・復習の手を抜いてしまうことがあるので、気を引き締めなければと思っています。

 中級中国語の''聴いて話す''授業では、三人一組で、四つのテーマの中から一つを選んで、そのテーマに合わせて三人で文章を考えて会話をする、という中間テストのようなものがあったのですが、授業で使われた文法を必ず五つ使って、一人2分~3分は話し、全体で約6~9分間の会話にしなくてはならないという条件があり、私ともう一人の日本人の友達とトルコ人の友達と、カフェに毎日行って話し合って練習を重ねました。

 日本人の友達とは、トルコ人の友達が日本語が分らないので、基本的に日本語は使わないと決めて、三人で「今しゃべるの早かったからゆっくりしゃべろう」「次は下書きを見ないようにしよう」「感情を込めて!!」など、''ここはもっとこうした方がいい''と、お互いアドバイスをしながら練習をしました。

 そのおかげで当日は、とても緊張して少し早口になってしまいましたが、先生から、時間配分もよく、聞きやすかったと言っていただいて、とても嬉しかったです。最初はみんな意見を出すことができなかったけれど、話し合っていくうちに親しくなった今では、とても仲良くなりました。

 中級中国語の授業では、討論や自分の意見などを言う機会が多くなってきており、もともと積極的に話すタイプじゃないので苦戦していますが、発言ができた時はとても楽しいです。最近一気に寒くなってきたので、風邪をひかないよう体調に気をつけて頑張りたいと思います。

中村那由美103.jpg
中村那由美101.jpg
中村那由美105.jpg
中村那由美104.jpg
中村那由美106.jpg


留学生活もだいたい半分を過ぎました。お正月におせち料理を食べました。というのも去年のお正月も中国に滞在していて2年連続おせちが食べられないのはなんだかしっくりこなかったので…日本料理店で買うこともできますが、学生という身分でそんな高価なものは買えず、簡単ではあるけれど自分で作りました。 k1.JPGインターネットで調査し、いざ買い物!しかし肉の売り方が日本のようにパックされてないので、どれがどこの部位でどれを買えばいいのかわからず・・・そしてどう切ればいいのかもわからずで結局お肉は悲惨な姿になってしまいました。が、それさえ見なければ立派なお雑煮。お雑煮と、だし巻きときんとん。 たった3品でしたが、お正月気分を味わうことができました。中国のお正月は旧暦なので、日本のようなお正月はまだ先です。

1月2日にまた大雪が降りました。今回の大雪もすごかったです。

↓なんだかおいしそう。

 k1-2.JPG大雪なのにちゃんと交通は機能していて、バスも地下鉄も、すべて走っていたので、すごい!と感じました。

 

 

 

 

 

 

1学期も終わりにさしかかりました。学期ごとにあるイベント・・・そう、テストです。大方自分の納得いく成績が残せましたが、口(スピーキング)のテストだけがどうしても自分の言いたいことがはっきりいえなかったことだけが心残りです。もともと自己主張が苦手だからなのか…でも今回のテストを通して自分にとって何が足りないのか、苦手なのか、というところを発見できてよかったです。

 

テストが終わって2日後に仲良しのクラスメートを見送りに行きました。

k1-3.JPG

来学期も一緒に勉強できたらよかったのに…彼女にいろんなおいしい店を紹介してもらったり、わからないところも親切に教えてもらったりしてとっても親切な子でした。彼女は自分自身やりたいことが見つかったようで今は違う大学に再入学するため試験勉強を頑張っているそうです。

 

 

1月中旬、ルームメイトとその友達と一緒にハルピンへ旅行に行きました。

ハルピンは―30度のとっても寒い地方なので、その寒さに耐えることができるように3人ともすごい防寒対策でした。私は上下合わせて12枚着て行きました。

もうダルマ状態。2人も足だけで10枚ものホッカイロを貼っていました。

ハルピン到着

k1-4.JPGまさか、まつげが凍るなんて思っていませんでした。

馬に乗って太陽島の雪まつりへ・・・ちなみにここは松花江という河川の上です。朝なので、馬も眠そう・・・

k1-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

太陽島到着 ルームメイト↓どれも中国ならではの巨大な雪の彫刻がたくさん。


k1-6.JPG

k1-7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜に、氷祭りへ k1-8.JPG

  

k1-9.JPG

3人で記念写真! 

k1-10.JPG2人も帰国してしまうそうなので、残念です・・・

でもルームメイトは来学期違う北京市内の大学で勉強するそうなのでまた機会があったら会っておしゃべりしたいです!

1月はなにかといろいろイベントがありました!2月はお正月です。爆竹がいろんなところで鳴ってにぎやかな春節になりそうです。

 k12.JPG  

少し遅れましたが12月分の報告をします。12月は韓国人の友達と済南へ旅行に行きました。出発する前にルームメイトがおかしをくれました。

 k12-1.JPG

 

切符を買う時と寝台列車に乗った時で、到着時間が違い結局朝5時ごろ済南に到着。暗い中ホテルへ向かい休憩。一休みしたところで街をめぐることにしました。
済南では市内各所に泉がわき出ていて川もすべてエメラルド色をしていてとってもきれいな街でした。市民の人たちは川からのわき水を汲んでいたので、私たちもペットボトルにわけてもらいました。一口飲んだのですが、とても飲める水ではなかったです…(幸いにもお腹は壊しませんでしたが)きっと市民のひとたちは煮沸してから飲むのでしょう。

 k12-2.JPG

 

 

k12-3.JPG他にも、大きな大仏を見に行ったり、リフトに乗って山の上から済南の景色を眺めたりしました。が、このリフト・・・スキー用のリフトの上かなり高いところにあるため下を見ることができませんでした。景色はきれいでしたが、あのリフトにはもう乗りたくないです。歩き疲れてくたくたになったので次の日電車で帰るまでずっとホテルで寝ていました。本当は黄河を見ることができたらよかったのですが、自分たちの体力不足で・・・あえなく断念。でもよい旅になりました。

 

k12-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月下旬にテスト前 最後のクラス会を開きました。久しぶりに牛肉の焼き肉を食べてとっても懐かしく思いました。日本人の友達の誕生日ということで、サプライズケーキもありました。ケーキのクリームをほっぺたにつけるのが韓国人の習慣らしいのですが、

k12-5.JPG

 

 

 

 

 

tomodachi.JPG

 

 

 

この通り、パイ投げ状態に・・・

 

これもまたいい思い出になっていると思います。
そんな感じの12月でした。クリスマスもおおみそかも中国は重要じゃないので、ももちろん授業もあったし、淡々と過ぎて行きました。

今年の中国のお正月は2月14日
その時は日本以上に賑やかみたいなので楽しみです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち(中国)北京言語大学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは(フィリピン)フィリピン大学です。

次のカテゴリは(米国)アラスカ大学フェアバンクス校です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12