オルガンアワー・名古屋の最近のブログ記事

詩編歌

 次回のオルガンアワーのテーマはずばり"詩編歌(しへんか)"です。
聖書の中の詩編にメロディーをつけた曲、それが詩編歌です。
詩編はもともと祈りの詩を音楽にあわせていた歌です。聖書をよく見ると小さい文字で「指揮者によって」「賛歌」などの表記があります。でもキリスト教では詩編を歌う習慣が途絶えていました。ですが特に宗教改革以降詩編を歌にのせることが盛んになってきました。そんなわけですから今度テーマにする詩編歌は当初の形とは違ったリニューアル版詩編歌のようなかんじですね。元々が歌詞だったのでそのまま歌にしやすいという特性があったのかもしれません。ルターの宗教改革から500年の今年、ルターの作った詩編歌などの紹介をしながらのオルガンアワーを予定しています。
ぜひお越しください。

日 時  2017年9月25日(月)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
テーマ  詩編歌

友なるイエス特集

 週明け月曜日はオルガンアワーです。
讃美歌やキリスト教曲などを中心としたオルガンの調べに耳を傾ける時間です。
今年度から冒頭にキリスト教センター職員・伝道師の柳川真太朗氏によるショートメッセージが入り、より充実したプログラムになっています。
もちろん一般の方もご参加いただけます。入場無料、入退場は曲の途中でも自由となっておりますので、どうぞお越しください。

さて、そんなオルガンアワー、秋学期初のプログラムテーマは"友なるイエス特集"です。
イエスを「主」、「救い主」、「王」、と表現することが多いですが、イエス・キリストは私たちに支配者のように接するのではなく友だちのようにいてくださる、そして友だちと呼ばせてくださる、そんな歌詞の讃美歌を特集いたします。題して"友なるイエス特集"です。
お楽しみに!

オルガンアワー詳細
日 時  2017年9月18日(月)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
テーマ  友なるイエス特集

平和

 春学期最後のオルガンアワーのテーマは平和です。
讃美歌の中で平和を歌ったものが多くあります。そんな讃美歌や讃美歌のメロディーをもとにした曲を予定しています。

日時 2017年7月24日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル
聖書 ローマの信徒への手紙9章24~26節

ショートメッセージもお楽しみに。

月曜日はお休みです。

 さていつも金曜日はオルガンアワーのご案内をしておりますが、ここ数年は開講日になっていた海の日ですが、2017年はカレンダー通りにお休みです。
ということで7月17日(月)はオルガンアワーもあわせてお休みさせていただきます。

春学期最後のオルガンアワーは7月24日(月)となります。


主の祈り 後編

オルガンアワーは先週にひき続き主の祈りの歌バージョン、「天にいます父よ」特集をおおくりいたします。
なんせイエス・キリストが示した祈りの見本ですから、重要な讃美歌かつ季節を問わない=出番が多い=編曲の作品数も多くなる、という図式がなりたつわけです。
というわけで1回ではご紹介しきれなかった「天にいます父よ」をお聴きください。

オルガンアワーの詳細

日時 2017年7月10日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル
なお、今回のみ冒頭のショートメッセージはお休みさせていただきます。

エンドレスリピート!?

 次回のオルガンアワーはエンドレス・・・というわけではありませんが、「天にいます父よ」という讃美歌1曲にしぼって、色々な編曲を特集いたします。
ということで基になっているメロディーは同じですからある意味でエンドレスなオルガンアワーです。

さて、この「天にいます父よ」は"主の祈り"として大切に受け継がれているイエス・キリストが弟子に教えた祈りが歌詞になっています。マルティン・ルターが"主の祈り"を教えるために讃美歌として歌詞をととのえたものです。宗教改革500周年の今年、ぜひ聴きたい讃美歌の一つです。

オルガンアワー詳細
日時 2017年7月3日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

ショートメッセージもお楽しみに

ペンテコステから三位一体まで

週明けのオルガンアワーではペンテコステからオルガンアワーまでの曲を特集いたします。
これらの曲を特集するのは今だけ、ぜひお越しください。

日時 2017年6月26日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル
ショートメッセージもお楽しみに。

三位一体特集

 三位一体は神とその子どもイエス・キリストと聖霊の三つがあって一つの神だということをあらわしている言葉です。
ペンテコステの次の日曜日がこの三位一体の日とされています。6月11日が2017年の三位一体主日、ということで、今度のオルガンアワーでは三位一体にまつわる曲を予定しております。

オルガンアワーの詳細
日時 2017年6月19日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル
お待ちしています。

こどもの日・花の日

いよいよ(?)6月第2日曜日がやってきます。
毎年6月第2日曜日はこどもの日・花の日という行事が教会で行われます。
アメリカのメソジスト教会で始まった行事で、花を飾り、礼拝のなかでこども祝福式が行われ、こどもたちが礼拝後にお世話になっている人に花を届けて感謝をするといった行事です。日本だと6月は春の花が終わって梅雨でムシムシとしたきせつというイメージですが、アメリカなどでは6月が花盛りの美しい季節というわけで、6月になったと思います。

次回のオルガンアワーはこどもの日・花の日にちなんだ曲を予定しております。

オルガンアワー詳細
日時:6月12日(月)12:40~13:10
場所:名古屋キャンパスチャペル

どうぞお越しください。

ペンテコステ特集

 いよいよペンテコステをむかえます。ペンテコステについてはをご覧ください。
チャペルの飾りもイースターからペンテコステに模様替えしますよ。ブログのデザインも変更するのでお楽しみに。準備しているところを目撃した学生さんは「あかっ!!!」と言っておりました。


オルガンアワーももちろんペンテコステの特集です。
ペンテコステってけっきょく何?説明読んでもわからないなーという方も、オルガンアワーのショートメッセージを聴けばすっきりするかもしれません。1週間限定の短いペンテコステの季節、お楽しみに!

オルガンアワー詳細
日時 2017年6月4日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

アジアの讃美歌

 アジア祈祷日は毎年、アジア各国・地域の教会で実施されています。アジア祈祷日は、ペンテコステの1週間前の日曜日に行われています。
具体的にどんなことをする日かというと、アジア・キリスト教協議会が、今年は「〇〇について祈りましょう」とテーマや礼拝の式文を提示し、普段はそれぞれバラバラの礼拝をしているアジアのキリスト教会がその日は全体でテーマを共有し連帯を深める日です。

今年のペンテコステは6月4日(日)ということで、今年のアジア祈祷日は5月28日(日)になります。
オルガンアワーではアジア祈祷日にちなんで、アジアの讃美歌を特集いたします。
フィリピン、韓国などキリスト教がメジャーな国だけでなく、中国、インド、パキスタンなど他にもさまざまなアジアの讃美歌があります。
ショートメッセージもお楽しみに。

日時 2017年5月29日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

天に昇る

 来週の木曜日、5月25日はイースターから40日目、イエス・キリストが天に昇ったことを記念する日です。
ということでオルガンアワーではイエスの昇天をテーマにプログラムを予定しています。
イースターのように何度も特集しない曲ですからお聴き逃しなく!

オルガンアワー詳細
日時 2017年5月29日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル
冒頭のショートメッセージもお楽しみに!

イースターなオルガンアワー

 4月17日のオルガンアワーからながながとイースターのプログラムをくんできましたが、次回が今シーズン最後のイースター特集になります。
中世から現代まで、世界中の、イースターの出来事を歌うもの、イースターの喜びを歌うもの、色々な曲を予定しています。
ぜひこのラストチャンスにお越しください。

日時 2017年5月15日12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

冒頭のショートメッセージもお楽しみに。

ハレルヤ!

 5月最初のオルガンアワーではイースターの讃美歌を特集いたします。
イースターってなにかという復習からすると、イエス・キリストが私たちの罪のため十字架で処刑され、死んでから復活したことを祝う日です。
このイースターのことを歌った讃美歌がたくさんあります。
歌詞の中に「ハレルヤ」といって「万歳」という意味の言葉が多用されている時期でもあります。
イエスは死に勝った、ハレルヤ!というどちらかというとハイテンションな曲(ハイテンポで長調)もあるかと思えば、そもそもイエスが復活するためにはその前に十字架の死があったからで、なんで死んだかといえば私たちが罪を犯したからで、その事実を噛みしめて罪を赦される喜びを味わおうというような雰囲気のゆったりとした短調の曲もあるといった同じイースターの喜びを全く違う曲調で表現しているシーズンです。
ぜひ比べてみてください。

オルガンアワー詳細
日時 2017年5月1日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

どなたでもご参加いただけます。
入場無料、入退場自由です。

ゆがんだ真珠の音楽

 週明け月曜日のオルガンアワーではバロック時代のレントからイースターの曲を予定しています。
バロックは「ゆがんだ真珠」とか「いびつな真珠」という意味です。歴史を縄文時代、弥生時代というふうに区分するのと同じように、芸術も年代と音楽的な特徴によって区分されています。

バロック時代は17~18世紀のなか頃の期間です。バロック時代の中心的な作曲家といえばJ.S.バッハですが、バロック時代はプロテスタントのオルガン曲が盛んにつくられ、J.S.バッハ作品以外にも素晴らしい作品をたくさん残しています。

日時 2017年4月24日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

キリスト教センター主事によるショートメッセージもあります。お楽しみに。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオルガンアワー・名古屋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカレッジアワーです。

次のカテゴリはチャペルアワー・瀬戸です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12