オルガンアワー・名古屋の最近のブログ記事

平和週間

 7月16日(月)から20日(金)までの5日間、名古屋学院大学では、「平和」をテーマとしたチャペル行事を開催します。過去の度重なる戦争の影響や、様々な差別や偏見などによって、「平和に生きる」という当たり前の権利が失われている状況が、世界に、そしてこの日本にもあります。過去を反省し、現状を見つめ、平和な未来を共に築いていくために、ぜひご参加下さい。
※参加費無料。学外の方もお越しいただけます。

ということで、オルガンアワーも平和をテーマに開催いたします。
ショートメッセージでは『讃美歌21』369番「われら主にある」をとりあげます。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年7月12日(月)12:40~13:10
場 所 <しろとり>チャペル
テーマ 平和

ちなみに春学期最後のオルガンアワーとなります。ぜひお越しください。

そしてCBCラジオ「キリストへの時間」では7月15日(日)朝6:30~6:45 葛井 義憲 氏(名誉教授)が登場されます。お楽しみに。

自然

 次回のオルガンアワーでは自然をテーマにした讃美歌を特集します。
そして『讃美歌21』の118番「天は神の栄光を物語り」という讃美歌をショートメッセージでとりあげます。これが、なかなか今までとりあげてこなかったタイプの特徴的な讃美歌です。朗唱部と答唱(とうしょう)と呼ばれる部分の二つでなりたっていて、この朗唱部というのは・・・・さて、どんな曲かぜひ参加して体験してください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年7月16日(月)12:40~13:10
場 所 <しろとり>チャペル
テーマ 自然


平和を求めて

 キリスト教センターでは7月の第三週を平和ウィークとして平和について学び考える一週間になるように予定しています。詳しくはまた後日お知らせします。
ということで、次週のオルガンアワーでは7月の讃美歌『讃美歌21』の561番、「平和を求めて」をショートメッセージでとりあげます。
プログラムもそれにあわせて平和をテーマにした讃美歌やその変奏曲を予定しています。
ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年7月2日(月)12:40~13:10
場 所 <しろとり>チャペル
テーマ 平和を求めて


神の名特集

 ちょっと前なら「神の名は」とかいって「君の名は」にかけていたのでしょうけどもう古いな・・・。
さて、キリスト教の暦では神の名、神の支配がテーマの季節があります。次回のオルガンアワーではこの季節の讃美歌をテーマにおおくりいたします。
ショートメッセージでは『讃美歌21』の360番「人の目には」をとりあげます。
オルガンアワーでははじめて取り上げるテーマになります。お楽しみに!

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年6月25日(月)12:40~13:10
場 所 <しろとり>チャペル
テーマ 神の名特集


信仰をうたった曲

 週明けのオルガンアワーでは信仰をうたった曲を予定しています。ショートメッセージでは『讃美歌21』の394番「信仰うけつぎ」をとりあげます。ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年6月18日(月)12:40~13:10
場 所 <しろとり>チャペル
テーマ 信仰をうたった曲


花とこども

キリスト教では暦のほかに、行事があります。今度の日曜日が花の日・こどもの日という行事の日にあたります。
これは150年ほど前、アメリカのメソジスト教会が6月第2日曜日を「こどもの日」としたことに由来しています。アメリカでは6月が一年中で一番花が咲く季節だそうです。教会へそれぞれ家から花を持ち寄って礼拝堂を飾り、礼拝後、その花をこどもたちが持って病院を訪問したり、交番や消防署や色々な施設を訪問するという行事です。こどもたちが自分たちで何か人のためになることをしたり、人に感謝の気持ちを表す教育的な行事としてできました。
ということで、週明けのオルガンアワーでは花とこどもをテーマにプログラムを予定しています。ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年6月11日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ 花とこども

 

聖なるかな

 毎月の最初のオルガンアワー&朝の礼拝のメッセージではその月の讃美歌をとりあげるんですが、6月は『讃美歌21』の83番「聖なるかな」になります。
名曲讃美歌集をつくるならはずせない1曲といってもいい、古き良き讃美歌といった雰囲気の曲です。
オルガン曲のプログラムテーマはペンテコステと三位一体の曲です。
ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年6月4日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ ペンテコステと三位一体の曲

3つで1つ

 火曜日のブログに書きましたが、キリスト教では今度の日曜日が三位一体主日という日で、そこから緑色の季節になります。
聖霊降臨節または三位一体節といいますが、今年だと12月1日(土)まで続く長い季節です。キリスト教の暦はたった1週間のもあれば半年も続く季節もあり面白いですね。
ということで、週明けのオルガンアワーではこの三位一体主日の讃美歌や関連する曲を予定しています。ショートメッセージでは『讃美歌21』の354番「天の神、祈ります」をとりあげます。ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年5月28日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ 三位一体


ペンテコステ

 明後日はペンテコステというクリスマス、イースターとならぶキリスト教の三大祭りの一つをむかえます。
日本語では"聖霊降臨祭"と書きます。読んで字のごとく、聖霊が降ったことを記念する日です。
どんな出来事があったかというと、イエスが十字架で死を遂げ、復活し、天へ昇った後、イエスの弟子たちがみんなで家に閉じこもっていました。弟子たちが祈っていると、天から炎の舌のような聖霊がおりてきました。すると、それまで閉じこもっていた弟子たちが街へ出て行って力強く伝道を開始しました。
これがペンテコステ(聖霊降臨祭)のおおまかな出来事です。
伝道を開始した=教会の誕生日 として大切にされています。

週明けのオルガンアワーではこのペンテコステを特集します。
ショートメッセージでは『讃美歌21』の342番「神の霊よ、今くだり」をとりあげます。
ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年5月21日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ ペンテコステ


天に昇る特集???

 昨日はイエス・キリストの昇天を記念する日でした。
ということで、週明けのオルガンアワーのテーマはもちろんイエス・キリストの昇天特集です。昇天をうたった讃美歌やその編曲をおおくりします。
ショートメッセージでは『讃美歌21』の337番「たたえよ、この日」をとりあげます。
ぜひお越しください。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年5月日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ イエス・キリストの昇天特集

しめはJ.S.バッハ!

 GW明けのオルガンアワーのご案内です。
J.S.バッハのレント、イースター曲特集と題しておおくりします。
レントとイースターの曲をテーマとりあげるのも今年度は次回で最後になりました。最後はJ.S.バッハの曲をメインにお届けします。ショートメッセージでは5月のチャペルアワーで使う讃美歌、『讃美歌21』の520番「真実に清く生きたい」をとりあげます。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年5月7日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ J.S.バッハのレント、イースター曲特集

ではみなさん充実したGWをお過ごしください!

いろいろとりまぜて

 次回オルガンアワーのテーマはイースターの曲ということで、前回はドイツしばりのプログラムでしたが、今回はいろいろな国と時代の曲をプログラムに予定しています。
私見ですが、日本はシンプル、ドイツはシンプルでかっちり、フランスは装飾的でつかみどころのないかんじ、アメリカはわかりやすく派手!みたいなイメージがあります。(あくまで私見でそういった曲ばかりではありません)ぜひ聴き比べにお越しください。
ショートメッセージでとりあげる讃美歌は『讃美歌21』の330番「神の霊が」です。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年4月30日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ イースターの曲

ドイツのレント&イースターの曲

 週明けのオルガンアワーのテーマは「ドイツのレントとイースターの曲」です。
なんでドイツかというと、プロテスタントのオルガン音楽はやはりプロテスタントの地域じゃないと発展しようがないわけで、そうなるとやはりプロテスタント発祥の地、ドイツルター派由来の曲が多くなるんです。豊富なラインナップをほこるドイツの曲をお届けします。
そして、しろとりチャペルの電子オルガンはドイツ様式のオルガンです(作ったのはイタリアの会社ですが・・・ややこしい!)。
ということでオルガンの特性をいかしたプログラムをご用意いたしました。ぜひお越しください。
ショートメッセージでとりあげる讃美歌は『讃美歌21』の311番「血しおしたたる」です。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年4月23日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ ドイツのレントとイースターの曲

レントの曲

 前回はイースターの曲をお届けしたオルガンアワーでした。次回はなんと時間を巻き戻してレント、イエス・キリストの十字架の受難をおもって過ごす季節の曲を特集いたします。
復活の喜ばしいかんじから一転、苦しみと罪、イエスの死の場面の曲ですから、ずいぶん雰囲気はかわります。
といってもただ暗―いだけの曲というわけではなく・・・どういったらよいのか・・・言葉にできないので、実際に聴いてください。
ショートメッセージでは『讃美歌21』の306番「あなたもそこにいたのか」をとりあげます。泣ける讃美歌という評判の一曲です。

<オルガンアワー詳細>
日 時 2018年4月16日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ レントの曲

イースターの曲

 しろとりチャペルでは授業期間の毎週月曜日の12:40~13:10にオルガンアワーといって、ショートメッセージとオルガンの音楽による時間を設けています。
毎回テーマにそったプログラムを用意してお待ちしています。
次回は、4月1日に迎えたキリスト教の三大祭の一つ、イースターの曲を特集します。
クリスマスソングはイメージがあってもイースターはどうですか・・・?クリスマスにはクリスマスの讃美歌があるように、イースターにはイースターの讃美歌があるんですよ。
ショートメッセージでは4月の讃美歌としてチャペルアワーなどで歌う『讃美歌21』の493番「いつくしみ深い」を取り上げます。
ぜひお越しください。

オルガンアワー詳細
日 時 2018年4月9日(月)12:40~13:10
場 所 しろとりチャペル
テーマ イースターの曲

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオルガンアワー・名古屋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカレッジアワーです。

次のカテゴリはチャペルアワー・瀬戸です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12