12使徒 その7 2人目の紹介はアンデレ

 イエス・キリストに声をかけられ、ペトロの兄弟アンデレも同様に弟子としてイエスについていきました。
ですがたくさんの印象的なエピソードの多いペトロとちがい、イエスに会いたいと言ってきた人をイエスに紹介するなどの地味な出番がちょっとあるだけのアンデレです。

ペトロの紹介の時に、二人が漁をしている時に声をかけられて弟子になったと書きましたが、それはマタイによる福音書などの記述で、実はヨハネによる福音書では、ペトロとアンデレはもともと洗礼者ヨハネの弟子で、ヨハネがイエスのことを「神の子羊」と呼んだことがきっかけでイエスについていくようになったと書かれています。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年8月10日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12使徒 その6 ペトロにちなんだ名前」です。

次のブログ記事は「12使徒 その8 アンデレの見分け方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12