台風男

大粒の雨が降ったり、強い風が、突然吹いたりして、台風が接近しているようですね。

「ぼくは、台風男です!」

これはきょうチャペルアワーにお話に来てくださった先生の最初のご挨拶でした。昨年のチャペルアワーにお越しくださったときもちょうど台風接近中で、風、雨が強くなりはじめたころだったからです。
台風男。なんだかすごい言葉のひびきですね。
今日は、その台風男の先生からチャペルアワーで「自分の種を播く」というお話を聴きました。播いた種が、大きくなって、やっと収穫という時期に台風でやられると農家の人は困ってしまいます。今年も台風シーズンがやってきますが、日本や世界で被害が出ませんように祈りたいですね。

台風男。
そんな言葉をきょう初めて耳にして、自分の言葉や行動が、人に当たってしまって迷惑をかけていないだろうか、台風男になっていないだろうかと、ふと思いました。

トナリの上司(仮名)より

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年5月12日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分の種を播く」です。

次のブログ記事は「入り口の花」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12