水のはなし

昨日の名古屋は大雨でした。

 

聖書の世界、イスラエルの大半は年間の雨量が少ない乾燥した気候です。

まとまった雨が降ると岩地のため、土にしみこむこともなく、木の根が水を蓄えることもなく、すぐに鉄砲水になり、ガリラヤ湖と死海にむけってむかっていくそうです。

ただ、常に水不足と隣り合わせのため、その鉄砲水がなければ・・・という水に対して日本とは違った思いがあります。

そんなことを思い巡らせながらこの秋、聖書を読んでみてはいかがでしょうか?

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年9月 5日 15:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クロスワードその2 解答編」です。

次のブログ記事は「はからめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12