モンスターカレンダー

« 2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

タグ「院生インタビュー」が付けられているもの

院生さんの紹介

 

こんにちは。サテライト大澤です。

先日、スクーリングが終了しました。

 

その中で、このブログでも院生さんの声を紹介したいなと思ってた今日この頃。

院生さんにご協力いただいて、インタビューをさせていただきました。

 

この院生さん、

別件でリクルートさんが主催する「大学&大学院net」の在学生紹介で、インタビューをお願いしていましたが、

そのインタビューの終了後、お疲れの中(無理やりでごめんなさい)大澤のインタビューにもご協力いただきました。

(ちなみにスクーリング初日である8月11日にインタビューを行いました。)

 

【英語学専攻1年生 佐竹さん】

大   澤) 暑い中お越しいただいてありがとうございます。今日はどちらからお見えになったんですか?

佐竹さん) 本当に暑いですね。

       私は新潟から昨日名古屋に来ました。新潟は30℃をちょっと超えるくらいなので、名古屋に来てびっくりです。

       (当日名古屋は37℃ありました)

大   澤) 気温差がものすごいですね(笑)

       新潟からだと、名古屋はあまりご縁がない土地柄かもしれませんね。

佐竹さん) そうですね。名古屋は今までに1度しか来たことがありません。

       国内でもあまり遠出はしませんので、いい気分転換で、外国に来たような気分になれますね(笑)

大   澤) 確かにそうかもしれませんね。

       このように、夏の期間にスクーリングを行っていますが、不便はありませんか?

佐竹さん) 学校の教員ではありませんが、英語を教えています。そういった仕事の都合と夫の理解とでなんとかやっていますよ。

       ちなみに以前、南米に留学し、その経験を活かして仕事をしています。

大   澤) 南米に留学されていたんですね!

       ~~以降しばらく南米トークでしたので、割愛します。

大   澤) スクーリングの初日を終え、感想はいかがですか?

佐竹さん) 一言でいえば楽しかったです!

       確かに1日みっちりと勉強して大変でしたけど、非常に良い経験でした。

       また、先生方もいい意味で英語オタクなんですが、そういった方に普段接する機会がないので、とても刺激的でしたね。

大   澤) そう言っていただけるとこちらも嬉しいですね。

       ほかの院生さんとも出会える良い機会かと思いますが、いろいろとお話しされましたか?

佐竹さん) (開講式時の)ウェルカムパーティーの際にゼミ生と少しお話したんですけど、その時は緊張してあまりしゃべれなくて。

       でも今日は、同じゼミ生の方とも少しお話ができました。明日は懇親会がありますので、その時にまたゼミ生の方や、

         ほかの方ともお話がしてみたいですね。

大   澤) このスクーリングでは非常に充実されているようですね。

       では、普段の研究について何かお困りのことはありませんか?

佐竹さん) 今は特にありませんね。

       勉強に詰まりそうな時も、S.C.の方から絶妙なタイミングでメールが来たりしていますし、いろいとありがたいです。

大   澤) 非常に充実した研究生活をおくられているようで何よりです。

       では最後に今後の目標を教えてください。

佐竹さん) 今後の目標とは話が少しずれるかもしれませんが、「南米移住」です。

          南米の方は、まだまだ満足に勉強のできる機会はないんですね。

       南米に留学した際に、自分は勉強できる幸せを感じることができました。その恩返しにでもなればと思い、

       南米に移住して、勉強がしたくてもできない方に勉強を教えられるようになれればと考えています。

大   澤) 素晴らしい目標ですね。

       今日は遅い時間までありがとうございました。この後はどのように過ごされますか?

佐竹さん) そうですね、せっかく名古屋に来たので、何か名物でも食べてみます(笑)

       あと、この図書館でもう少し勉強していきます!

 

 

自分の生き方を深く考えさせられるような時間でした。

 本当に、これからも頑張っていってほしいです!!

 

 

インタビュー終了時に写真をパチリと

5.JPG 

笑顔でインタビューにお答えいただいて、本当に感謝です。

 

ちなみに、

10.JPG

ちなみにリクルートさんのインタビューの様子です。

 

長時間時間を割いていただき、ありがとうございました。 

1

タグ

カテゴリ